湊 省 MINATO Akira

ID:9000006190778

徳島赤十字病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Tokushima Red Cross Hospital (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • Home-based Rehabilitation after Anterior Cruciate Ligament Reconstruction  [in Japanese]

    TAKEDA Yoshitsugu , MINATO Akira , NARUSE Akira , OGAWA Takayuki , HIGASHIDA Takeshi , CHIKENJI Takako

    本研究の目的は,前十字靭帯再建術後のリハビリテーションを自主訓練として行った場合,通院にて理学療法士の指導の下に行った場合と同様の結果が得られるか否かを前向きに検討することである.対象は当院にて薄筋腱・半腱様筋腱を使用して前十字靭帯再建術を行い,術後1年以上経過観察が行えた38例である.このうち自主訓練を行った群が17例(男性11例,女性6例,平均年齢28.4歳),通院リハビリテーション群が21例 …

    The Japanese journal of rehabilitation medicine 43(10), 668-674, 2006-10-18

    Ichushi Web  References (17) Cited by (1)

  • Three cases report of malignant lymphoma presenting with spinal body and epidural involvement  [in Japanese]

    FUJII Koji , 湊 省 , 成瀬 章 , 武田 芳嗣 , 小川 貴之 , 佐藤 亮祐

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(4), 765-766, 2006-07-01

    Ichushi Web  References (2) Cited by (2)

  • MRI high-signal intensity in the medial menisci of young patients with a complete-type lateral discoid meniscus  [in Japanese]

    TAKEDA Yoshitsugu , FUJII Kohji , OGAWA Takayuki , NARUSE Akira , MINATO Akira

    関節鏡 = ARTHROSCOPY Society magazine guidance & Contribution rules 30(1), 1-5, 2005-07-15

    Ichushi Web  References (16)

  • Home versus Supervised Rehabilitation following Anterior Cruciate Ligament Reconstruction  [in Japanese]

    TAKEDA Yoshitsugu , 藤井 幸治 , 佐藤 亮祐 , 小川 貴之 , 成瀬 章 , 湊 省

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌 = Japanese journal of orthopaedic sports medicine 25(1), 162, 2005-06-01

    Ichushi Web 

  • Clinical Assessment of Common Tests for Superior Labral Lesions in the Throwing Athletes  [in Japanese]

    武田 芳嗣 , 湊 省 , 成瀬 章 , 前田 徹 , 藤井 幸治 , 椎野 滋

    投球障害肩に対して関節鏡視下手術を行った32名を対象に,上方関節唇損傷に対する徒手テストの診断の有用性を検討した.全例男性で,年齢は16~44歳,平均24.2歳,競技レベルは高校野球13名,社会人野球13名,草野球6名であった.関節鏡視にて上方関節唇損傷は24肩に認めた.徒手テストのうち敏感度,特異度ともに80%を越えたものはなく,90°外転位外旋テストが敏感度,特異度ともに約70%で単独のテスト …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 9(1), 6-11, 2004-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Acromioclavicular Reconstruction Augmented with Polydioxanonsulphate Sutures  [in Japanese]

    武田 芳嗣 , 湊 省 , 成瀬 章 , 高橋 昌美 , 新野 浩史 , 椎野 滋

    当科では2001年10月より肩鎖関節脱臼に対して吸収性縫合糸(PDS1I)を補強材料として用いたCadenat変法を行っている。本法では、従来のスクリューなどの金属材料を用いた方法に比べ抜去の必要性が無く、烏口突起の骨折や感染の危険性がうかないなどの利点がある。現在まで4例に本法を行い、X線ではl例に術後亜脱臼を生じていたが、他の3例は術後の整復位が保たれていた。臨床症状は全例でexcellent …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 8(1), 20-25, 2003-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Operative management of posterior displaced chronic medial clavicular physeal separation ; a case report  [in Japanese]

    高橋 光彦 , 浦岡 秀行 , 湊 省 [他]

    整形外科 = Orthopedic surgery 53(7), 793-795, 2002-07

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • Treatment of Distal Radius Fracture -by the Use of External Skeletal Fixation -  [in Japanese]

    新野 浩史 , 湊 省 , 成瀬 章 , 樋口 幸夫 , 高橋 昌美

    橈骨逮位端骨折は外来診療において遭遇する頻度の高い骨折の一つである。社会の変化に伴い、高齢者の本骨折は増加傾向にある。骨折の治療はギプス固定が主であったが、ギプス固定中に骨折の転位が起こり、変形治癒が残存した。そのため廃痛が出現し、日常生活に支障をきたすことが多かった。しかし高齢者であることからこれまでは許容されてきた感があった。今回ギプスでは控復位の保持ができない症例に対し、我々は創外固定を使用 …

    小松島赤十字病院医学雑誌 = Komatushima Red Cross Hospital Medical Journal 6(1), 48-52, 2001-03-01

    IR 

  • Bipolar Femoral Head Prosthesis for Osteoarthritis of the Hip  [in Japanese]

    高橋 昌美 , 湊 省 , 成瀬 章 , 樋口 幸夫 , 新野 浩史 , 森 舜二

    小松島赤十字病院医学雑誌 5(1), 17-24, 2000-03-01

    IR 

  • Surgical Treatment of Proxymal Humeral Fracture with Shoulder Hemiarthroplasty  [in Japanese]

    遠藤 健次 , 湊 省 , 成瀬 章 , 樋口 幸夫 , 高橋 昌美

    小松島赤十字病院医学雑誌 4(1), 102-105, 1999-03-01

    IR 

  • Total Knee Replacement for Osteoarthritis of The Knee  [in Japanese]

    高橋 昌美 , 湊 省 , 成瀬 章 , 樋口 幸夫 , 遠藤 健次 , 栗若 良臣

    小松島赤十字病院医学雑誌 4(1), 92-101, 1999-03-01

    IR 

  • Four Cases of Simple Obesity Associated with Slipped Capital Femoral Epiphysis  [in Japanese]

    中津 忠則 , 藤井 義幸 , 岡田 要 , 吉田 哲也 , 遠藤 健次 , 樋口 幸夫 , 成瀬 章 , 湊 省 , 森 舜二

    小松島赤十字病院医学雑誌 4(1), 75-79, 1999-03-01

    IR 

  • Spinal Instrumentation Surgery for Spinal Degenerative Disease and Spinal Injurγ  [in Japanese]

    遠藤 健次 , 湊 省 , 成瀬 章 , 樋口 幸夫 , 高橋 昌美

    小松島赤十字病院医学雑誌 3(1), 105-111, 1998-03-01

    IR 

  • Supracondylar Fracture of the Humerus  [in Japanese]

    高橋 昌美 , 湊 省 , 成瀬 章 , 樋口 幸夫 , 遠藤 健次 , 松森 茂

    小松島赤十字病院医学雑誌 3(1), 80-87, 1998-03-01

    IR 

  • Traumatic Vascular Injury in the Extremities  [in Japanese]

    高橋 昌美 , 松森 茂 , 湊 省 , 成瀬 章 , 樋口 幸夫 , 片岡 善彦 , 坂東 正章 , 福村 好晃

    小松島赤十字病院医学雑誌 2(1), 93-103, 1997-03-01

    IR 

  • Follow-up Study of Femoral NeclくFractures  [in Japanese]

    高橋 昌美 , 松森 茂 , 湊 省 , 成瀬 章 , 樋口 幸夫 , 森 舜二

    最近急増している大腿骨頚部骨折患者の多くは65才以上の高齢者である。高齢者に対する治療目標は、いかに早く安全に入院前の状態に戻すかということである。そのためには患者の状態の十分な把握及び対応がまず最初に行なわなければならない。次に総合的に手術可能と判断された患者には早期手術、さらに早期リハビリテーションと進める。入院期間中、とくに手術前後には種々な合併症が発症する可能性がある。中でも精神障害が最も …

    小松島赤十字病院医学雑誌 = Komatushima Red Cross Hospital Medical Journal 1(1), 38-45, 1996-03-01

    IR 

  • Delayed Hypoxia after Femoral Neck Prosthetic Replacement  [in Japanese]

    郷 律子 , 森 啓一 , 阿部 正 , 湊 省 , 森 舜次 , 成瀬 章 , 樋口 幸夫 , 高橋 昌美

    人工骨頭置換術患者16名において周術期の動脈血血液ガスの変化を測定した。手術は硬膜外麻酔で行い、ルームエア自発呼吸下での血液ガスを、術前から術後2日目にかけて8回測定した。また、Pa02に対する骨セメン卜の関与について調べるため、骨セメントを使用した群(セメント群n= 8)としなかった群(セメントレス群n=8)に患者を分けてデータを比較した。その結果、両群とも術後数時間後からPa02が低下し始め、 …

    小松島赤十字病院医学雑誌 = Komatushima Red Cross Hospital Medical Journal 1(1), 1-4, 1996-03-01

    IR 

Page Top