波多野 等 HATANO Hitoshi

ID:9000006321047

千葉大学医学部第1内科学教室 1st Department of Internal Medicine, School of Medicine, Chiba University (1985年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • Druginduced Liver Injuries : Clinical and Biochemical Features of 65 Cases  [in Japanese]

    NOMURA Fumio , HATANO Hitoshi , SAITOH Masayuki , HAYASAKA Akira , TANAKA Hideo , NAKATA Hisashi , SATO Shinichi , SAITOH Masaaki , SUGITA Shujiro , TANABE Yuichi , CHIN Nobuyoshi , TERABAYASHI Hidetaka , IIDA Shinji , OHNISHI Kunihiko , OKUDA Kunio

    主として第1内科で経験した薬物性肝障害65例について臨床的に検討した。起因薬剤としてはハローセンが最も多く,サルファ剤,チオプロニン,アジマリン,ペニシリン製剤などがこれに次いだ。起因薬剤の使用開始時から肝機能異常発現までの期間をみるとハローセン例では96%が2週間以内に,非ハローセン例では73%が1カ月以内に発症していた。ハローセン肝障害例のうち2回目の麻酔に際して肝障害をきたした例の潜伏期間は …

    Chiba medical journal 61(5), 351-356, 1985-10-01

    IR  Ichushi Web 

  • 実験的肝線維症の作製  [in Japanese]

    波多野 等 , 大西 久仁彦 , 小俣 政男 , 奥田 邦雄

    Chiba medical journal 60(1), 57-58, 1984-02-01

    IR  Ichushi Web 

  • プロプラノロール負荷の門脈圧,肝血流量に及ぼす影響(第6回千葉県門脈圧亢進症研究会)  [in Japanese]

    中山 隆雅 , 斉藤 正之 , 波多野 等 , 野村 文夫 , 岩間 章介 , 大西 久仁彦 , 奥田 邦雄 , 武者 広隆 , 後藤 信昭

    Chiba medical journal 60(1), 57-57, 1984-02-01

    IR  Ichushi Web 

  • Prognosis of Liver Cirrhosis : Analyses of Various Factors that Influence Survival and Causes of Death  [in Japanese]

    NAKAJIMA Yukio , MUSHA Hirotaka , NAKAYAMA Takamasa , HATANO Hitoshi , SAITO Masayuki , HIYAMA Yoshiaki , TUCHIYA Seiji , IWAMA Shosuke , OTUKI Toshio , KOUNO Kunihiko , OHNISHI Kunihiko , OKUDA Kunio

    昭和41年1月より56年7月までの期間に千葉大学第一内科に入院し,肝硬変(LC)と診断され,その後経過観察の出来た287例の予後について検討した。診断後,3年及び5年の実測生存率は71%及び56%であった。最近の傾向として,一般肝機能検査の普及により,代償期で発見されるLCの増加が著明で,生存率も改善傾向を認めた。死因としては,上部消化管出血(29.5%),肝不全(25.3%),肝細胞癌(HCC: …

    Chiba medical journal. 59(4), p263-272, 1983-08

    IR  Ichushi Web 

  • Temporal Changes in Cases of Hepatocellular Carcinoma seen at 1st Department of Medicine, Chia University Hospital and Its Diagnosis by Clinical Investigation  [in Japanese]

    NAKAJIMA Yukio , TSUCHIYA Seiji , MISHIMA Akihiko , SAITO Masayuki , NAKAYAMA Takamasa , HATANO Hitoshi , HIYAMA Yoshiaki , OHTSUKI Toshio , NOMURA Fumio , IWAMA Shosuke , KHONO Kunihiko , OHNISHI Kunihiko , OKUDA Kunio , MUSHA Hirotaka

    第一内科及び国立千葉病院で昭和(S)46年以後の肝硬変(LC)及び肝細胞癌(HCC)の入院数を調べると着実な増加を認め,HCCは超音波検査の導入されたS52年以後の増加が著明であった。S52年以後の腫瘍の大きさの計測可能な96例のHCCで調べると,最大径5cm未満20%,5cm以上で10cm未満が26%,10cm以上が54%を占めていた。又,比較的小さい腫瘍の診断される率が年々増加していた。3年以 …

    Chiba medical journal. 59(1), p33-42, 1983-02

    IR  Ichushi Web 

Page Top