重西 桂子 Omonishi Keiko

ID:9000006326412

岡山県立大学保健福祉学部看護学科 (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • The point of the midwifery diagnosis and skills of the community midwife practitioner: a case study  [in Japanese]

    OMONISHI KEIKO , OKAZAKI YUKA , YOSHINAGA SHIGEMI

    本研究は、後輩助産師へ助産診断と技術の伝承をするために、開業助産師の熟練したわざや技能に含まれる助産行為を言語化することで助産診断・技術のポイントを明らかにすることを目的とした。開業助産師1名にインタビューを行い、印象が深く記憶にとどまっている事例について語ることを求めた。分析はOrlando,I.J.(1972)の「看護過程記録」を参考に「助産師が産婦・家族に関して知覚したこと」「助産師が知覚し …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 15, 65-72, 2008

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Psychological and social factors concerning mothers' participation in childcare classes  [in Japanese]

    Yoshinaga Shigemi , Sakano Junko , Omonishi Keiko , Utsunomiya Haruko , Oyama Tomoko , Imamura Tomoko , Tange Mayumi , Hamada Mayumi

    Bulletin of Ehime Prefectural University of Health Sciences 5(1), 33-38, 2008

    IR  Ichushi Web 

  • Research on the midwifery skills of the community midwife practitioner: a case study  [in Japanese]

    OMONISHI KEIKO , YOSHINAGA SHIGEMI , OKAZAKI YUKA , MITSUOKA MICHIKO

    本研究は、後輩助産師へ助産診断と技術の伝承をするために、開業助産師の熟練したわざや技能に含まれる助産行為を言語化することで助産診断・技術のポイントを明らかにすることを目的とした。質的記述的研究デザインを用い、開業助産師1名にインタビューを行い、40年間の実践経験のなかで印象が深く記憶にとどまっている事例について語ることを求めた。分析はOrlando(1972)の「看護過程記録」を参考に「助産師が産 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 14, 73-79, 2007

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • O-082 地域開業助産師の助産技術(Group15 分娩I,一般口演)  [in Japanese]

    岡崎 愉加 , 重西 桂子 , 吉永 茂美 , 光岡 美智子

    Maternal health 47(3), 144, 2006-09

    Ichushi Web 

  • The safety of the hot water bottle in relation to temperature changes of water  [in Japanese]

    OKUYAMA MAYUMI , KAKEHASHI CHIKAKO , SHINPO TAKAKO , OMONISHI KEIKO , MURAKAMI IKUMI

    臨床や家庭で多く使用されている3種類の湯たんぽ(ゴム製、プラスチック製、金属製湯たんぽ)について、湯温の違いによる湯たんぽの表面温度の経時的変化から安全性の検討を行った。その結果、ゴム製湯たんぽは、ネルカバーを掛けた場合には湯温50℃で、パスタオルで3層に巻いた場合には湯温55℃で安全性が確認された。蓋付きのプラスチック製湯たんぽは、湯温60℃で安全であると思われたが、80℃の湯温では低温熱傷を起 …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 13, 57-65, 2006

    Ichushi Web 

  • The process of student nurses leaning from labor and delivery settings  [in Japanese]

    OMONISHI KEIKO , OKAZAKI YUKA

    本研究の目的は、分娩立ち会い実習における学生の体験の意味を明らかにし、指導のあり方を検討することである。母性看護学実習において分娩立ち会い実習を行った学生19名を対象にレポートの内容を質的に分析した。学生が感じたことについて自由記載したレポートから、学生の感情に焦点をあて体験をプロセスとしてまとめ、段階を構成した。その結果、学生が援助者として産婦にとってどういう存在であるか問い、意味づけるプロセス …

    Bulletin of Faculty of Health and Welfare Science,Okayama Prefectural University 13, 47-56, 2006

    IR  DOI  Ichushi Web 

Page Top