古川 千幸 Furukawa Chiyuki

ID:9000006344565

徳島赤十字病院呼吸器科:徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子制御内科学分野 Division of Respiratory Medicine, Tokushima Red Cross Hospital:The Department of Internal Medicine and Molecular Therapeutics, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Squamous Cell Carcinoma of the Lung in a 17-year-old Boy  [in Japanese]

    HANIBUCHI Masaki , FURUKAWA Chiyuki , SHINOHARA Tsutomu

    <b>背景</b>.20歳未満の若年者肺癌は極めて稀である.<b>症例</b>.17歳,男性.左側頭部腫瘤の精査目的にて当科紹介となった.胸部CTでは左肺門部の巨大な腫瘤を,骨シンチでは左頭蓋骨を含む多発骨転移を認めた.気管支鏡下の観察では左主気管支主幹部が閉塞しており,同部の生検ではpulmonary blastomaが疑われた.cisplatin …

    Haigan 47(4), 337-341, 2007-08-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (11)

  • A Case of Secondary Pulmonary Cryptococcosis Accompanied with Systemic Lupus Erythematosus  [in Japanese]

    Furukawa Chiyuki , Hanibuchi Masaki

    症例.47歳,男性.全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus: SLE)およびループス腎炎のためPrednisolone (PSL),Mizoribineにて加療されていた.自覚症状はないものの胸部X線にて多発結節影を指摘され精査・加療目的にて当科紹介となった.血液検査所見には有意な所見を認めなかったが,気管支肺胞洗浄液のクリプトコッカス抗原が陽性であり,経 …

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 29(6), 342-346, 2007

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10)

  • A Case of Pulmonary Epithelioid Hemangioendothelioma  [in Japanese]

    FURUKAWA Chiyuki , HANIBUCHI Masaki , SHINOHARA Tsutomu , ISHIKURA Hisashi , KIMURA Suguru

    <b>背景</b>.Pulmonary Epithelioid Hemangioendothelioma(PEH)は本邦での報告症例数が40例程度の稀な腫瘍である.検診にて発見されたPEHの1例を経験したので報告する.<b>症例</b>.19歳,女性.学校検診にて胸部異常影を指摘され当院に紹介された.胸部X線および胸部CTで比較的境界明瞭な小結節影を …

    Haigan 46(7), 811-815, 2006-12-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14)

  • Clinical Study of 5 Cases of Type 2 Diabetes Mellitus Complicated by Sleep Apnea Syndrome Detected during Educational Hospitalization  [in Japanese]

    新谷 保実 , 宮城 順子 , 守家 慈子 , 竹内 恭子 , 宮 恵子 , 古川 千幸 , 篠原 勉 , 近藤 治男 , 長田 淳一

    2002年12月~2003年11月の間の糖尿病教育入院で睡眠時無呼吸症候群(SAS)の合併が認められた5症例の臨床像について検討した.5例とも男性で,年齢46±4歳(Mean±SD),BMI35.3±4.9kg/m2と肥満があり,糖尿病発症は38±6歳と若年であった.4例に高血圧,全例に高脂血症,脂肪肝が合併していた.糖代謝関連検査では,HbA1C8.8±2.1%,FPG146±38mg/dl,I …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 10(1), 10-15, 2005-03-01

    IR  Ichushi Web 

Page Top