村岡 一志 MURAOKA Kazushi

ID:9000006347784

東京工業大学 Tokyo Institute of Technology (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Spatial Removal Processes to Improve EM-based Iterative Reception for MIMO-OFDM Mobile Communications  [in Japanese]

    MURAOKA Kazushi , FUKAWA Kazuhiko , SUZUKI Hiroshi , SUYAMA Satoshi

    MIMO-OFDM移動通信が高速フェージング条件下でも良好な伝送特性を維持できるよう,EMアルゴリズムに基づいてチャネル推定と信号検出を交互に行う逐次受信処理が検討されている.本報告では,この逐次受信処理をさらに改善するため,ファクターグラフ上でのメッセージ・パッシングアルゴリズムを考察することで,空間リムーバル処理を行う信号検出を提案する.空間リムーバル処理では,各受信アンテナのチャネル推定を行 …

    Technical report of IEICE. RCS 113(93), 103-108, 2013-06-20

  • Iterative MAP Reception Scheme Employing Channel Estimation Based on Factor Graph for OFDM Mobile Communications  [in Japanese]

    MURAOKA Kazushi , FUKAWA Kazuhiko , SUZUKI Hiroshi , SUYAMA Satoshi

    本報告では,OFDM移動通信が高速フェージング条件下でも良好な伝送特性を維持できるよう,フェージング変動に対して優れた追従特性を有するチャネル推定法を導出し,これを用いた逐次MAP受信を提案する.従来,チャネル推定の追従性能を高めるため,カルマンフィルタでチャネル推定を行い,インパルス応答の時間微分を含む微分モデルを生成過程として用いる方法が検討されてきた.このチャネル推定は,EMアルゴリズムに基 …

    Technical report of IEICE. RCS 111(289), 245-250, 2011-11-09

    References (9)

  • Channel Estimation Method Using Differential Model of Fading Fluctuation for EM Algorithm Applied to Mobile OFDM MAP Detection  [in Japanese]

    MURAOKA Kazushi , SUZUKI Hiroshi , FUKAWA Kazuhiko , SUYAMA Satoshi

    MAP検出の演算量を実現可能なレベルに低減できるアルゴリズムとして,EMアルゴリズムが検討されている.この移動通信への適用法として,(i)送信信号を隠れ変数とし,伝送路のMAP規範チャネル推定を逐次的に行う方法と,(ii)インパルス応答を隠れ変数とし,受信信号からMAP信号検出を逐次的に行う方法があるが,本報告では両者を比較し,前者に基づくOFDM移動通信用MAP受信について検討する.EMアルゴリ …

    IEICE technical report 106(478), 43-48, 2007-01-17

    References (8)

  • Channel Estimation Method Using Differential Model of Fading Fluctuation for EM Algorithm Applied to Mobile OFDM MAP Detection  [in Japanese]

    MURAOKA Kazushi , SUZUKI Hiroshi , FUKAWA Kazuhiko , SUYAMA Satoshi

    MAP検出の演算量を実現可能なレベルに低減できるアルゴリズムとして,EMアルゴリズムが検討されている.この移動通信への適用法として,(i)送信信号を隠れ変数とし,伝送路のMAP規範チャネル推定を逐次的に行う方法と,(ii)インパルス応答を隠れ変数とし,受信信号からMAP信号検出を逐次的に行う方法があるが,本報告では両者を比較し,前者に基づくOFDM移動通信用MAP受信について検討する.EMアルゴリ …

    IEICE technical report 106(475), 43-48, 2007-01-17

    References (8)

Page Top