田中 良紀 TANAKA Yoshinori

ID:9000006380480

株式会社富士通研究所ネットワークシステム研究所 Network System Laboratories, Fujitsu Laboratories LTD. (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • B-5-18 Latency Reduction Scheme for Uplink Synchronisation via Random Access in LTE-Advanced  [in Japanese]

    Ohta Yoshiaki , Tanaka Yoshinori , Kawasaki Yoshihiro , Tajima Yoshiharu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2011年_通信(1), 404, 2011-02-28

  • B-5-10 Selection Scheme of Measurement Cell Set for Downlink CoMP Transmission  [in Japanese]

    Tanaka Yoshinori , Kawasaki Yoshihiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2010年_通信(1), 442, 2010-03-02

  • Transmit Power Control Algorithm Using Cooperative Game Theory in Uplink Multi-Cell MIMO Systems  [in Japanese]

    ANAN Kaori , TANAKA Yoshinori , SASASE Iwao

    本論文では,上りリンクマルチセルMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)システムにおいて,従来方式とほぼ同等の受信SINR(Signal to Interference and Noise ratio)特性を獲得しつつ総送信電力を低減するため,協力型ゲーム理論を用いた電力制御アルゴリズムを提案する.提案方式では,アルゴリズムの各繰り返しにおいて,各基地局が最大の干渉 …

    IEICE technical report 109(440), 269-274, 2010-02-24

    References (7)

  • BP-1-2 Standardization Status on IMT-Advanced in 3GPP  [in Japanese]

    Fukuda Eisuke , Tanaka Yoshinori , Nakamura Takaharu

    現在3GPP(3rd Generation Partnership Project)ではIMT-Advancedの要求条件を満たす無線伝送技術としてLTE-Advancedの標準化が進められている。本稿では,ITU-R(International Telecommunication Union-Radiocommunication)での標準化スケジュールを踏まえ,LTE-Advaucedの最小要求 …

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2009年_通信(1), "SS-26"-"SS-27", 2009-09-01

  • BS-4-3 Downlink Control Channel Multiplexing in Evolved UTRA  [in Japanese]

    Tanaka Yoshinori , Kawasaki Yoshihiro

    Proceedings of the Society Conference of IEICE 2008年_通信(1), "S-35"-"S-36", 2008-09-02

  • Evaluation of Packet-Forwarding Scheme on TCP-Transmission Performance in Intra-Evolved UTRAN Handover  [in Japanese]

    OHTA Yoshiaki , TAJIMA Yoshiharu , TANAKA Yoshinori

    Evolved UTRANにおけるハンドオーバでは,パケットロスを減少させるため,移動元基地局に残留する移動局宛のパケットは移動先基地局に転送(フォワーディング)するという方式が適用可能である.フォワーディングが実行されると,移動先基地局では,フォワーディングされるパケットが上位局から流入するパケットに飛び越されることにより,移動局では,パケットの到着順序が反転しTCPのスループットが劣化する可能 …

    IEICE technical report 106(578), 303-308, 2007-03-01

    References (8)

Page Top