濱辺 謙二 Kenji HAMABE

ID:9000006391849

金沢工業大学 基礎教育部 (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • 基本的な実験手法の学習に注目した工学基礎実験 : 第3報 : 様々な実験用機材の操作方法を調査する課題  [in Japanese]

    北庄司 信之 , 千徳 英一 , 上田 秀雄 , 亀井 衛一 , 三木 修武 , 濱辺 謙二 , 吉川 文恵

    社団法人日本設計工学会研究発表講演会講演論文集 2008(1), 79-80, 2008-05-23

    References (6)

  • Developing an website for instructors operated by instructors themselves in problem-finding and problem-solving oriented engineering experiment courses  [in Japanese]

    Nobuyuki KITASHOJI , Eiichi SENTOKU , Eiichi KAMEI , Osamu MIKI , Hideo UEDA , Tetsuro HIRAI , Setsuo IWATA , Kenji HAMABE , Satoru IMAI , Fumie YOSHIKAWA

    金沢工業大学の工学基礎実験科目群(工学基礎実験I、II、III)は問題発見・解決型の実験の授業であり、学生は自分達で自由に実験テーマを発案し、実験を実施する。教員は、学生が発案した様々な実験テーマに対して、適切に指導することを求められる。しかし、様々な分野に幅広く精通し、初めから全ての実験テーマに対して完壁な指導ができる教員はまれである。そこで、教員が継続的に勉強して自分の指導能力を向上していける …

    KIT progress 14, 113-123, 2008-03-01

  • Faculty development Activities at Practical Engineering Education Program  [in Japanese]

    Hideo UEDA , Masakatu MATSUISHI , Eiichi SENTOKU , Tetsuro HIRAI , Taketo YAMAKAWA , Eiichi KAMEI , Shigeo MATSUMOTO , Setsuo IWATA , Kenji HAMABE , Nobuyuki KITASHOJI , Tomohisa NAKAE , Kazuya TAKEMATA , Tetsuro FURUKAWA , Osamu MIKI , Sumio NAKAMURA , Satoru IMAI , Daisuke TAKAGO , Fumie YOSHIKAW

    FD活動は組織の活動能力を向上させるためには有効な手段である。昨年度のFD活動のまとめとして、池の平セミナーハウスでFD研修会を開催した。研修会の第一部では、工学設計(I、II)、工学基礎実験(I、II、III),工学基礎ドローイングの各科目についての1年間のFD活動の取り組みの成果の討議と改善計画の策定を行った。第2部では「学生にとってよい授業とは」のテーマの下で忌樺の無い議論を行った。本報告で …

    KIT progress 14, 97-111, 2008-03-01

  • Introduction of problem-finding and problem-solving oriented engineering experiment courses  [in Japanese]

    Nobuyuki KITASHOJI , Eiichi SENTOKU , Tetsuro HIRAI , Satoru IMAI , Tomohisa NAKAE , Eiichi KAMEI , Osamu MIKI , Hideo UEDA , Setsuo IWATA , Kenji HAMABE , Fumie YOSHIKAWA

    金沢工業大学の工学基礎実験科目群(工学基礎実験I、II、III)は問題発見・解決型の実験の授業であり、学生が自分達で考えた実験を実施して成果を得るという体験を通して、オープンエンディッドな問題の取り組み方について理解を深めることができるようになっている。本報では、本科目群の授業の基本方針と概要、学生が行った実験の例、および、オープンエンディッドな問題を解決するための取り組み方を身に付けることを意識 …

    KIT progress 13, 113-123, 2007

    Cited by (1)

Page Top