佐藤 浩一 Satoh Koichi

Articles:  1-20 of 30

  • 1 / 2
  • A study on the usefulness of metallic stents for malignant colorectal stenosis compared to that of transanal ileus tube  [in Japanese]

    中野 佑哉 , 沖津 宏 , 増田 有理 , 藏本 俊輔 , 松本 大資 , 富林 敦司 , 後藤 正和 , 浜田 陽子 , 湯浅 康弘 , 川中 妙子 , 石倉 久嗣 , 木村 秀 , 阪田 章聖 , 上田 紗代 , 辻 真一郎 , 宮本 佳彦 , 中井 陽 , 山本 英司 , 桑山 泰治 , 島田 直 , 野々木 理子 , 後藤田 康夫 , 佐藤 幸一

    徳島赤十字病院医学雑誌 19(1), 13-16, 2014-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • A Case Showing High Venous Pressure(160mmHg)in the Affected Area  [in Japanese]

    米原 恒介 , 田村 哲也 , 岡 博文 , 三宅 一 , 佐藤 浩一

    海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻(CSDAVF)が頭蓋内出血をきたすことは希であるが,発生すると大きな後遺症に直結する.今回我々は切迫脳出血の状態で紹介されたCSDAVF 症例を血管内手術で治療した.治療中に病変部で測定した静脈圧が,想像以上に非常に高値であった症例を経験したので報告する.症例は64歳の女性,右眼球充血等で血管撮影を受け,CSDAVFと診断され当科に紹介された.血管撮影上の流出路はシルビウ …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 16(1), 50-53, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • A case of shaken baby syndrome  [in Japanese]

    梅本 多嘉子 , 七條 光市 , 杉本 真弓 , 東田 栄子 , 川人 雅美 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 吉田 哲也 , 岡 博文 , 三宅 一 , 佐藤 浩一

    乳幼児揺さぶられ症候群とは,乳幼児の頭部を暴力的に揺さぶる事によって生じる外傷であり,虐待の中でも最も重篤な結果をもたらす疾患の1つとされる.症例は4カ月,男児.母親に激しく揺さぶられた後に意識障害を認め,当院へ救急搬送された.受診時頭部CTにて大脳鎌に硬膜下出血を少量認め,数時間後には急性脳腫脹を呈し,また両側に眼底出血を認めた.虐待が疑われ,入院時より児童相談所へ通報し,急性脳腫張に対しマンニ …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 16(1), 45-49, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Clinical Analysis of 21Patients with Diabetes Mellitus Admitted to the Tokushima Red Cross Hospital Critical Care Center because of Diabetic Hypoglycemic Coma  [in Japanese]

    宮 恵子 , 近藤 絵里 , 金崎 淑子 , 新谷 保実 , 宮井 優 , 中井 陽 , 別宮 浩史 , 山本 英司 , 島田 直 , 桑山 泰治 , 野々木 理子 , 後藤田 康夫 , 佐藤 幸一 , 長田 淳一 , 箕田 直治 , 當別當 庸子 , 若松 成知 , 福田 靖 , 加藤 道久 , 郷 律子 , 神山 有史

    2008年4月~2009年3月の間に,当院救命救急センターに入院した糖尿病性低血糖性昏睡21例(男10人:女11人)の臨床像を検討した.平均年齢は76.9±12.5(Mean±SD)歳,救急車要請時のJCS>100が20人,JCS30が1人であった.来院時の血糖値は28.6±9.7mg/dl,回復に要した時間は17.5±12.6時間,使用したブトウ糖は101±67.5gであった.直近の治療薬が経口 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 16(1), 21-25, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Background research in patients with intracerebral hemorrhage  [in Japanese]

    石岡 久佳 , 中内 佳奈子 , 邉見 宗一郎 , 田村 哲也 , 岡 博文 , 三宅 一 , 佐藤 浩一 , 花岡 真実

    2008年の当院脳神経外科入院患者数は855例で,脳血管障害患者は627例(脳梗塞:378例,脳内出血:127例,くも膜下出血・脳動脈瘤:113例,動静脈奇形・瘻:9例)であった.この中で,脳内出血127症例における背景調査を施行した.平均年齢は73歳(36‐98歳)で,男性77名(61%),女性50名(39%)であった.既往歴として心疾患は21%,糖尿病は20%で,本人あるいは(主要な)家人に高 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 16(1), 12-15, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Endovascular Revascularization for Progressing Ischemic Stroke  [in Japanese]

    SATOMI Junichiro , SATOH Koichi , OKA Hirofumi , MIYAKE Hajimu

    We reviewed data regarding the clinical course and treatment outcome in 8 consecutive cases (4 men, 4 women; average age, 71.3 yr) with progressing ischemic stroke at our institution. They were refrac …

    Surgery for Cerebral Stroke 37(4), 269-274, 2009-07-31

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10)

  • 部分血栓化巨大脳底動脈先端部動脈瘤の治療(Editorial Comment)  [in Japanese]

    佐藤 浩一

    Japanese Journal of Neurosurgery 18(3), 215-216, 2009

    J-STAGE 

  • Review of 121Cases of Acute Pancreatitis Admitted to Our Hospital during the Past 4Years  [in Japanese]

    一宮 理子 , 桑山 泰治 , 島田 直 , 近藤 絵里 , 原 朋子 , 後藤田 康夫 , 金崎 淑子 , 吉田 智則 , 尾崎 敬治 , 新谷 保実 , 佐藤 幸一 , 後藤 哲也 , 宮 恵子 , 長田 淳一

    急性膵炎は重症例で高い死亡率を示す疾患であり,早期に重症度判定を行い,重症例には全身管理のもと集中治療が必要である.当院では輸液,抗菌薬,蛋白分解酵素阻害剤の投与といった一般的な治療に加え,胆石症例には速やかな内視鏡治療を行い,重症例には蛋白分解酵素阻害剤・抗菌薬持続動注療法や持続的血液濾過透析(CHDF)等の特殊治療を併用している.今回,2003年4月~2007年3月に当科で入院加療を行った12 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 13(1), 5-9, 2008-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • 3次元血管撮影とkick turn method(Editorial Comment)  [in Japanese]

    佐藤 浩一

    Japanese Journal of Neurosurgery 17(5), 402, 2008

    J-STAGE 

  • Dural Arteriovenous Fistulae : Etiology, Hemodynamic Change and Stage Classification of Cavernous Sinus Dural Arteriovenous Fistulae(<SPECIAL ISSUES>Surgical Strategy for Dural AVF)  [in Japanese]

    Satoh Koichi

    欧米では硬膜動静脈瘻の発生頻度が人口10万人当たり0.16/年と報告されているが,わが国のアンケート調査(桑山ら)では0.29/年で,欧米とわが国で2倍近い開きのある数値であった.また欧米では横・S状静脈洞部硬膜動静脈瘻が最も多い発生部位とされるが,わが国では海綿静脈洞部が最も多いというアンケート結果である.硬膜動静脈瘻の発生率や好発部位などに関しては,人種間に差があることが推測される.硬膜動静脈 …

    Japanese Journal of Neurosurgery 17(5), 362-369, 2008

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15)

  • ガレン大静脈瘤に対する治療(Editorial Comment)  [in Japanese]

    佐藤 浩一

    Japanese Journal of Neurosurgery 16(8), 659, 2007

    J-STAGE 

  • Virtual Histology IVUSを用いた頸動脈プラークの評価(Editorial Comment)  [in Japanese]

    佐藤 浩一

    Japanese Journal of Neurosurgery 16(7), 576, 2007

    J-STAGE 

  • HCV Antibody Measurement During Health Checkups for Employees of Our Hospital  [in Japanese]

    増田 健二郎 , 佐藤 幸一 , 藤野 修 , 赤岩 仁美 , 清水 由美 , 東根 五月 , 武市 松子 , 原田 朱美 , 立川 敏治

    2003年度の職員健診で従来行ってきた法定検査およびHBs 抗原検査に加えて,HCV 抗体検査を行った.検査を受けた者は612名で,うち陽性者は11名(1.80%)であった.陽性者はいずれも医療職であり,医療職だけでみた頻度は2.36%(11/467)であった.医療職における頻度は従来の一般人における報告に比べ高いと思われた.今回判明した陽性者についてはALT, HCV 抗原,HCV-RNA 検査 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 10(1), 6-9, 2005-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Present condition of nutrition support team at Tokushima Red Cross Hospital  [in Japanese]

    KAYASHITA Atsuko , YAMATO Harue , KIMURA Suguru , SATO Kouichi , KATO Michihisa , SUZUE Tomoko , YONEZU Sizuyo , KINOUCHI Kazue , NAGAE Hiroaki

    静脈経腸栄養 19(4), 97-101, 2004-12-25

    Ichushi Web  References (2)

  • Hypertrophic pachymeningitis with cranial nerve palsy spreading subsequently  [in Japanese]

    MIHARA Ai , MASUDA Kenjiro , MIYAGI Junko , GOTODA Yasuo , SATO Koichi , NAGATA Junichi , MIYAKE Hajimu

    患者は65歳,女性.嗄声・嚥下障害で発症し,順次脳神経症状が上行拡大した後,意識障害を呈した. Gd造影頭部MRIで著明に肥厚した脳硬膜を認め,硬膜生検より肥厚性硬膜炎と診断した.ステロイドパルス療法により意識障害は速やかに回復し,脳神経麻痺も眼球運動から順次改善した.各種の自己抗体が陽性で,ステロイドが著効を示したことより,発症に自己免疫の関与が示唆された.

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 93(11), 2413-2415, 2004-11-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (8)

  • Guillain-Barre Syndrome and Related Diseases Treated in Our Hospital  [in Japanese]

    増田 健二郎 , 佐藤 幸一 , 後藤田 康夫 , 宮 恵子 , 藤野 修 , 後藤 哲也 , 長田 淳一 , 川井 恵子 , 原田 真 , 市原 寿江 , 黒川 千鶴 , 大島 三佳 , 山村 篤司郎 , 郷 律子 , 阪田 章聖 , 真鍋 仁志 , 長田 浩彰 , 森 紘治 , 美馬 豊 , 木村 律子

    当院におけるギラン・バレー症候群(GBS)GBS)および類縁疾患の最近6.5年間の状況について述べた。症例数は20例で、女性8 名、男性1 2名で若干男性に多かった。発症年齢は若年成人と55歳以上の比較的高齢者が多く、30~55歳の壮年には少ない。急性のもの(広義のGBS)は17例でうち3例はFisher症候群(MFS)であった。他の3例は慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)と考えられた。8割以 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 8(1), 37-43, 2003-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Duodenal Intramural Hematoma Occurring after Clipping Hemostasis and Successfully Treated by Arterial Embolization  [in Japanese]

    黒川 千鶴 , 木村 聡 , 宮 恵子 , 後藤 哲也 , 佐藤 幸一 , 長田 淳一 , 城野 良三 , 福村 好晃

    小松島赤十字病院医学雑誌 5(1), 97-100, 2000-03-01

    IR 

  • Pancreatic Adenosquamous Carcinoma :A Case Report  [in Japanese]

    前川 路子 , 市原 寿江 , 佐藤 幸一 , 木村 聡 , 後藤 哲也 , 宮 恵子 , 長田 淳一 , 藤井 義幸

    小松島赤十字病院医学雑誌 5(1), 92-96, 2000-03-01

    IR 

  • Inflammatory bowel disease in Tokushima prefecture : A report of questionnaire investigation  [in Japanese]

    國友 一史 , 関 啓 , 安藤 道夫 , 石井 敏博 , 上野 淳二 , 上原 武久 , 上原 久典 , 梅本 淳 , 浦上 慶仁 , 大塚 雅文 , 岡村 誠介 , 片岡 孝一 , 木村 成昭 , 佐藤 幸一 , 佐野 寿昭 , 春藤 譲治 , 惣中 康秀 , 寺嶋 吉保 , 三木 達 , 和田 久徳 , 田代 征記

    To investigate the number of cases and clinical features of inflammatory bowel disease, a questionnaire was sent to 1,271 hospitals or clinics in Tokushima prefecture. A total of 320 cases were collec …

    四国医学雑誌 55(2), 64-70, 1999-04-25

    IR  Ichushi Web 

  • Development of Type-C Chronic Hepatitis after Interferon Treatment :with Emphasis on Recurrence and Non-normalized Cases  [in Japanese]

    長田 淳一 , 佐藤 幸一 , 宮 恵子 , 木村 聡 , 市原 寿江

    小松島赤十字病院医学雑誌 4(1), 106-111, 1999-03-01

    IR 

  • 1 / 2
Page Top