木村 秀 SHICHIJYO Koichi

Articles:  1-20 of 23

  • 1 / 2
  • 思春期におけるスポーツ貧血の検討  [in Japanese]

    佐々木 亜由美 , 渡辺 力 , 田中 真理 , 松本 苑美 , 藤野 修司 , 谷口 多嘉子 , 七條 光市 , 高橋 昭良 , 中津 忠則 , 富本 尚子 , 石本 浩一

    小児科診療 83(6), 816-821, 2020-06

  • An intervention for food allergies in children by eliminating eggs, milk, and wheat  [in Japanese]

    七條 光市

    徳島赤十字病院医学雑誌 24(1), 1-6, 2019-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • 徳島赤十字病院における小児救急医療体制の現状  [in Japanese]

    中津 忠則 , 近藤 朝美 , 阿部 容子 , 七條 光市 , 谷口 多嘉子 , 高橋 昭良 , 渡邉 力 , Tadanori NAKATSU

    日赤医学 = The Japanese Red Cross Medical Journal 66(1), 215, 2014-09-01

    IR  Ichushi Web 

  • A case of posterior reversible encephalopathy syndrome complicated by Epstein-Barr virus-hemophagocytic lymphohistiocytosis  [in Japanese]

    久保田 真理 , 生越 剛司 , 渡邉 力 , 富本 亜由美 , 近藤 梨恵子 , 谷口 多嘉子 , 七條 光市 , 高橋 昭良 , 中津 忠則 , 山下 理子 , 木村 聡

    徳島赤十字病院医学雑誌 19(1), 99-102, 2014-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • An analysis of child abuse cases in our hospital and the child abuse prevention system  [in Japanese]

    富本 亜由美 , 久保田 真理 , 近藤 梨恵子 , 谷口 多嘉子 , 七條 光市 , 高橋 昭良 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 木内 智也 , 新野 清人 , 三宅 一

    徳島赤十字病院医学雑誌 19(1), 26-30, 2014-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Analysis of neonates as outpatients and then were hospitalized  [in Japanese]

    七條 光市 , 久保田 真理 , 富本 亜由美 , 近藤 梨恵子 , 谷口 多嘉子 , 高橋 昭良 , 生越 剛司 , 渡邉 力 , 中津 忠則

    徳島赤十字病院医学雑誌 19(1), 7-12, 2014-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Cooperation between pediatricians and clinical psychologists in treating preschool children for mental health problems  [in Japanese]

    高芝 朋子 , 藤河 周作 , 元木 靖代 , 久保田 真理 , 富本 亜由美 , 近藤 梨恵子 , 谷口 多嘉子 , 七條 光市 , 高橋 昭良 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 久保 信子

    徳島赤十字病院医学雑誌 19(1), 1-6, 2014-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • 当院小児科におけるマイコプラズマ肺炎入院症例の検討  [in Japanese]

    七條 光市 , 久保田 真理 , 富本 亜由美 , 近藤 梨恵子 , 谷口 多嘉子 , 高橋 昭良 , 生越 剛司 , 渡邉 力 , 中津 忠則

    2011年1月から2012年8月までに当院小児科に入院したマイコプラズマ肺炎45例について検討した.うち44例が入院時に発熱を認めた.酸素投与を要した重症肺炎は11例(24%)であった.全体の約4分の3が8歳未満のミノサイクリンを使用しづらい年齢の児であった.大部分の症例は入院後ミノサイクリンやステロイド投与により速やかに状態改善した.マイコプラズマ肺炎の治療には,マイコプラズマの病態を理解するこ …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 18(1), 6-9, 2013-03-25

    IR 

  • Analysis of Undiagnosed Pediatric Hematologic and Oncologic Diseases in our Emergency Room(ER)  [in Japanese]

    富本 亜由美 , 渡邉 力 , 久保田 真理 , 近藤 梨恵子 , 谷口 多嘉子 , 七條 光市 , 高橋 昭良 , 生越 剛司 , 中津 忠則

    当院は2002年4月から小児科医24時間在の救急外来を開設し,2007年4月からは血液腫瘍疾患の治療も開始した基幹病院である.この10年間(2002~2011年)のER 時間外患者数は年平均13,100名(7,800~20,181名)で,ER 初診の腫瘍性血液疾患8例(急性リンパ性白血病5例,急性骨髄性白血病2例,慢性活動性EB ウイ7ス感染症1例),非腫瘍性血液疾患26例(特発性血小板減少症11 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 18(1), 1-5, 2013-03-25

    IR 

  • Periodic Fever with Aphthous Stomatitis, Pharyngitis and Cervical Adenitis (PFAPA) Syndrome, an Autoinflammatory Disease Treated with Tonsillectomy  [in Japanese]

    NAKANO Seiichi , SHIZUKU Haruhiko , AKIZUKI Hironori , IWASAKI Hidetaka , SHICHIJOU Koichi , OGOSE Takeshi , WATANABE Tsutomu , NAKATSU Tadanori , TAKEDA Noriaki

    We report a case of PFAPA (Periodic fever with aphthous stomatitis, pharyngitis and cervical adenitis). A 5-year-old boy admitted for idiopathic fever 12 times within 8-months. Fever of >38°C o …

    Practica Oto-Rhino-Laryngologica 104(5), 347-352, 2011-05-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15) Cited by (2)

  • A case of acute encephalopathy with febrile convulsive status epilepticus  [in Japanese]

    高橋 昭良 , 近藤 梨恵子 , 七條 光市 , 梅本 多嘉子 , 杉本 真弓 , 松下 正民 , 生越 剛司 , 東田 栄子 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 吉田 哲也

    症例は2歳9ヵ月の女児.有熱性けいれん重積で発症し,一過性回復期を経て6病日にけいれん群発を認めるという二相性の臨床経過を呈した.MRI でも特徴的なbright tree appearanceを認め,けいれん重積型急性脳症と診断した.7病日よりエダラボンやビタミンB6の投与にて加療したが,知能面で重度の後遺症を認めた.サイトカイン解析では髄液IL-6のみが上昇しており,本脳症に適合する所見と考え …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 16(1), 58-63, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • A case of shaken baby syndrome  [in Japanese]

    梅本 多嘉子 , 七條 光市 , 杉本 真弓 , 東田 栄子 , 川人 雅美 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 吉田 哲也 , 岡 博文 , 三宅 一 , 佐藤 浩一

    乳幼児揺さぶられ症候群とは,乳幼児の頭部を暴力的に揺さぶる事によって生じる外傷であり,虐待の中でも最も重篤な結果をもたらす疾患の1つとされる.症例は4カ月,男児.母親に激しく揺さぶられた後に意識障害を認め,当院へ救急搬送された.受診時頭部CTにて大脳鎌に硬膜下出血を少量認め,数時間後には急性脳腫脹を呈し,また両側に眼底出血を認めた.虐待が疑われ,入院時より児童相談所へ通報し,急性脳腫張に対しマンニ …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 16(1), 45-49, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Analysis of Pandemic Influenza A(H1N1)2009 at Our Hospital  [in Japanese]

    七條 光市 , 近藤 梨恵子 , 梅本 多嘉子 , 杉本 真弓 , 松下 正民 , 高橋 昭良 , 東田 栄子 , 生越 剛司 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 吉田 哲也

    2009年10月から2010年4月までの当院小児科におけるパンデミックインフルエンザA(H1N1)2009入院症例を検討した.11月から12月にかけて流行のピークがあり,入院総数は114例(男61例,女53例)であった.年齢は5~7歳で特に多かった.入院理由としては呼吸障害が最も多く,発熱後早期に呼吸困難となる症例が目立った.ICU入院を要したのは2例であり,いずれも肺炎であった.酸素投与を要した …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 16(1), 5-11, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Cooperation between Pediatricians and Clinical Psychologists at the Psychosomatic Outpatient Unit of Our Hospital :Analysis of 133 Cases Treated over Two Years  [in Japanese]

    高芝 朋子 , 藤河 周作 , 近藤 梨恵子 , 七條 光市 , 梅本 多嘉子 , 杉本 真弓 , 東田 栄子 , 生越 剛司 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 吉田 哲也

    当院小児科心身症外来では,医師が保護者を,臨床心理士が子どもを担当し,別室での親子並行面接を標準的な治療形態としている.H19年4月1日からH21年3月31日に当院小児科心身症外来を受診した患者133例(未就学児5例,小学生65例,中学生52例,高校生以上11例)を対象とし,診断,転帰をまとめて検討した.診断は,身体表現性障害と適応障害で約6割を占めていた.転帰は,全体の約半数が,治療回数10回未 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 15(1), 9-12, 2010-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • 時間外診療における選定療養徴収の小児救急医療への影響  [in Japanese]

    吉田 哲也 , 中津 忠則 , 渡邉 力 [他] , 川人 雅美 , 杉本 真弓 , 七條 光市 , 梅本 多嘉子 , 東田 栄子

    The Journal of the Japan Pediatric Society 114(1), 91-94, 2010-01-01

    Ichushi Web  References (5) Cited by (2)

  • Short-chain L-3-hydroxyacyl-CoA Dehydrogenase Deficiency Diagnosed by Genetic Analysis  [in Japanese]

    SHICHIJO Koichi , UMEMOTO Takako , SUGIMOTO Mayumi , MATSUURA Sato , TODA Eiko , WATANABE Tutomu , NAKATSU Tadanori , YOSHIDA Tetsuya , NAITO Etsuo , SHIGEMATSU Yosuke , HIRAOKA Masahiro

    The Journal of the Japan Pediatric Society 113(11), 1705-1710, 2009-11-01

    Ichushi Web  References (9)

  • Tuberculide Eruption after Bacille Calmette-Guerin (BCG) Vaccination in 5-month-old Boy  [in Japanese]

    UMEMOTO Takako , SHICHIJYO Koichi , INOUE Nami , SUGIMOTO Mayumi , MATSUURA Sato , TODA Yoshihiro , WATANABE Tsutomu , NAKATSU Tadanori , YOSHIDA Tetsuya

    The Journal of the Japan Pediatric Society 113(5), 834-837, 2009-05-01

    Ichushi Web  References (10)

  • Analysis of RS Virus-Infected Cases at Our Hospital  [in Japanese]

    杉本 真弓 , 梅本 多嘉子 , 七條 光市 , 東田 栄子 , 川人 雅美 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 吉田 哲也

    RSウイルス感染症のため,当院小児科にて入院加療を行った症例について検討を行った.罹患時期は冬季が中心であったが,夏季の入院例も複数認めた.年齢は12ヵ月未満の乳児が約3分の2を占めた.臨床症状は,低月齢ほど発熱を認めた症例が少なく,咳や喘鳴,哺乳力低下が中心であった.月齢が上がると,呼吸器症状に加え高熱持続が中心であった.血液検査では月齢による差異を認めなかったが,各月齢群でCRP上昇例が存在し …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 14(1), 23-28, 2009-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Analysis of 10Cases of Bacterial Meningitis Encountered at Our Hospital over the Past Five Year Period  [in Japanese]

    梅本 多嘉子 , 七條 光市 , 杉本 真弓 , 東田 栄子 , 川人 雅美 , 渡邉 力 , 中津 忠則 , 吉田 哲也

    細菌性髄膜炎は,小児における最重症感染症の1つである.2004年から2008年の過去5年間に当科にて加療した細菌性髄膜炎10症例について,後方視的に検討した.発症年齢は2カ月から7歳,起炎菌はインフルエンザ桿菌が9名(BLNAR3名)と大半を占め,B 群連鎖球菌(GBS)が1名であった.死亡例はなく,2例に後遺症を認めている.BLNAR は最近の3例であり,1例は抗菌剤の選択に苦慮した.小児細菌性 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 14(1), 17-22, 2009-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • A case of somatization disorder in a junior high school boy  [in Japanese]

    中津 忠則 , 梅本 多喜子 , 七條 光市 [他]

    Japanese journal of pediatrics 61(6), 1191-1195, 2008-06

    Ichushi Web 

  • 1 / 2
Page Top