猿田 基 SARUTA Motoi

ID:9000006582701

帯広畜産大学昆虫学研究室 Laboratory of Entomology, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine (1986年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Effects of different temporal foods in early nymphal stage on later growth of Palomena angulosa MOTSCHULSKY(Hemiptera:Pentatomidae)  [in Japanese]

    HORI K. , SARUTA Motoi

    対照区(インゲンマメを幼虫期間中与えられた区)におけるエゾアオカメムシ幼虫の死亡率は62%であった。ヤナギの葉を与えた幼虫の死亡率が最も高く,その大部分が2齢時期に生じた。2齢期に庶糖,ヤナギの葉,赤クロバーやアルファルファを食した幼虫の2齢期における生育は,対照区に比較して有意に遅かった。しかしその後の生育は対照幼虫より速くなった。ナタネ摂食幼虫の生育は対照区とあまり変らなかった。2齢期における …

    Research bulletin of Obihiro University series 1 15(1), p59-63, 1986-11

    Cited by (1)

Page Top