猿田 基 SARUTA Motoi

ID:9000006582701

帯広畜産大学昆虫学研究室 Laboratory of Entomology, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine (1986年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • エゾアオカメムシの後期生育に及ぼす幼虫初期に与えられた色々な仮食物の影響〔英文〕

    堀 浩二 , 猿田

    対照区(インゲンマメを幼虫期間中与えられた区)におけるエゾアオカメムシ幼虫の死亡率は62%であった。ヤナギの葉を与えた幼虫の死亡率が最も高く,その大部分が2齢時期に生じた。2齢期に庶糖,ヤナギの葉,赤クロバーやアルファルファを食した幼虫の2齢期における生育は,対照区に比較して有意に遅かった。しかしその後の生育は対照幼虫より速くなった。ナタネ摂食幼虫の生育は対照区とあまり変らなかった。2齢期における …

    帯広畜産大学学術研究報告 第1部 15(1), p59-63, 1986-11

    被引用文献1件

ページトップへ