野村 秀一 NOMURA Syuichi

Articles:  1-5 of 5

  • Antibacterial Activities of Organic acids and Amygdalin related compounds in pickled Japanese apricot (Umeboshi)  [in Japanese]

    岩崎 啓子 , 野村 秀一 , Keiko IWASAKI , Shuichi NOMURA

    梅干しの抗菌作用に関与する成分を明らかにするために、塩分20%の梅干しの有機酸とアミグダリン関連物質(クエン酸、リンゴ酸、酢酸、アミグダリン、ベンズアルデヒド、ベンジルアルコール)の含有量をもとにし、黄色ブドウ球菌と大腸菌に対する抗菌作用をペーパーディスク拡散法及び短時間殺菌法で検討した。その結果、含有量が多かったクエン酸が強い抗菌作用を示し、抗菌作用の主体はクエン …

    長崎国際大学論叢 = Nagasaki International University review 16, 147-158, 2016

    IR 

  • Bacterial Contamination of Commercial Sliced Raw Fish  [in Japanese]

    肥田 崇 , 岩﨑 啓子 , 野村 秀一 , Takashi HIDA , Keiko IWASAKI , Shuichi NOMURA

    市販されている刺身の細菌汚染状況を明らかにするために、鮮魚店とスーパーマーケットの店舗別に、食品衛生検査指針に従って、一般細菌、低温細菌、大腸菌、大腸菌群、腸球菌属、黄色ブドウ球菌、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)、ビブリオ属の生菌数を測定し、比較検討した。一般細菌と低温細菌、大腸菌群、黄色ブドウ球菌、腸球菌属の生菌数において、季節、気温による変動はなかった。また、大腸菌 …

    長崎国際大学論叢 (14), 205-214, 2014

    IR 

  • Simultaneous determination of organic acids, amygdalin, and benzoic acid related compounds in pickled Japanese apricot (Umeboshi) by high performance liquid chromatography  [in Japanese]

    Iwasaki Keiko , Deguchi Yuya , Nagaoka-Hamano Megumi , Nagaoka Hiroaki , Nomura Shuichi

    A high performance liquid chromatographic method for the simultaneous determination of malic acid, acetic acid, citric acid, amygdalin, benzyl alcohol, benzaldehyde, and benzoic acid in pickled Japane …

    Japanese Journal of Food Chemistry and Safety 17(1), 65-68, 2010

    J-STAGE  References (8)

  • A Study of the Effect of the Health Consciousness and Eating-Habits on Blood Biochemical Levels in Undergraduates  [in Japanese]

    KURODA Ikuyo , MANABE Sachinobu , TAKAHASHI Fumie , MIZUE Fumika , OKAMOTO Miki , KAWACHI Miki , MAEDA Emiko , FUNAMORI Misato , ISOBE Nanae , KANEKO Ichiro , NISHIDA Eri , KUMAI Madoka , TAKIMOTO Keiko , MASUYA Yukiko , YAMAMOTO Takashi , IWAHORI Nobuharu , NAGAOKA Hiroaki , KOBAYASHI Hidemitsu , SAKAKIBARA Ryuzo , NOMURA Shuichi , TAKEMOTO Tai-ichiro

    長崎国際大学健康管理学部健康栄養学科に所属する学生を対象に平成17年度に実施した「健康栄養プロジェクト」の結果のうち、学生(男子43名、女子285名)の食生活意識、身体状況および血液生化学検査(総コレステロール、トリアシルグリセロール、ヘモグロビン A1c、血清鉄)の関係について検討を加えた。その結果、欠食頻度が高い者ほど疲労愁訴を有する割合が高くなる傾向があった。また、欠食回数及び食生活意識と血 …

    Nagasaki International University review 6, 215-228, 2006

    IR  Cited by (1)

  • Relationship between Actual Status of Diet and Bone Density on Student of Nagasaki International University  [in Japanese]

    KANEKO Ichiro , FUNAMORI Misato , KURODA Ikuyo , MAEDA Emiko , KAWACHI Miki , OKAMOTO Miki , ISOBE Nanae , KUMAI Madoka , TAKIMOTO Keiko , NISHIDA Eri , MASUYA Yukiko , MIZUE Fumika , TAKAHASHI Fumie , IWAHORI Nobuharu , KOBAYASHI Hidemitsu , SAKAKIBARA Ryuzo , NAGAOKA Hiroaki , NOMURA Syuichi , YAMAMOTO Takashi , TAKEMOTO Tai-ichiro , MANABE Sachinobu

    日本人はカルシウムの摂取量が慢性的に不足していることから、骨粗鬆症、骨軟化症、さらにくる病などの骨関連疾患が大きな問題となっている。一方で、その予防には食生活が重要性な要因であると認識されている。そこで今回、大学生の生活状況を調査するため、骨形成に関与する栄養素に注目し、長崎国際大学健康管理学部健康栄養学科で実施されている「健康栄養調査プロジェクト」の結果を解析した。男子学生のカルシウム(Ca)摂 …

    Nagasaki International University review 6, 209-214, 2006

    IR 

Page Top