加藤 みち子 Kato Michiko

Articles:  1-1 of 1

  • Suzuki Shosan : Method of Buddhist Practice Based on Ki

    Kato Michiko

    鈴木正三は、江戸時代初頭に活躍したユニークな仏教者である。その前半生においては武士として関が原の戦いや大坂の陣に参戦したが、42 才の時出家し、その後二王禅という独自の修行法を説いた。正三の二王禅についてはさまざまな研究動向が存在するが、二王禅の基本構造については十分な検討がなされていない。そこで、本論文では、なぜ、いかにして正三が二王禅を考案したかということを、三つのポイントから論じた。第一は仏 …

    Jinbun (6), 103-116, 2007

    IR 

Page Top