近藤 道治 KONDO Michiharu

Articles:  1-20 of 36

  • 1 / 2
  • 針葉樹人工林の低コスト更新技術の開発  [in Japanese]

    大矢 信次郎 , 近藤 道治 , 清水 香代 , 小山 泰弘 , 小林 直樹 , 西岡 泰久

    造林作業の効率化・省力化を図り,従来に比べて低コストで更新を行う技術を開発することを目的として,県内各地に試験地を設定し調査を行った。大岡県有林においてカラマツの大苗,コンテナ苗,普通苗を比較植栽した結果,活着率に差はなく,普通苗の5成長期後の樹高に大苗は3年,コンテナ苗は4年で達し,成長の優位性が認められた。また,坪刈りによる下刈り省力化を検討した結果,3苗種とも成長の抑制が認められ,低コスト化 …

    長野県林業総合センター研究報告 (32), 17-28, 2018-03

    JASI 

  • Dyramics of Chamaecyparis obtusa seedlings in its overcrowding artificial stand after thinning  [in Japanese]

    大矢 信次郎 , 近藤 道治 , 小山 泰弘

    中部森林研究 = Chubu forestry research (61), 75-78, 2013-05

  • 針広混交林の育成に向けた下層広葉樹の育成管理技術  [in Japanese]

    小山 泰弘 , 近藤 道治 , 岡田 充弘 , 大矢 信次郎

    針葉樹人工林の中でも下層に広葉樹が混交している事例が多いカラマツ人工林を対象として,針葉樹林から針広混交林へ誘導するための手法を検討するため,上木の伐採方法や下木の管理方法が異なる林分を対象として事例収集を行った。下層に高木性広葉樹が認められるカラマツ林で,林床を整理して点状の強度間伐や列状間伐を行ったところ,萌芽により広葉樹が更新したが,帯状伐採後に林床整理を繰り返すと灌木や草本の繁茂で高木性広 …

    長野県林業総合センター研究報告 (27), 25-44, 2013-01

    JASI 

  • Reports on the symposium of JFES  [in Japanese]

    SAITO Masashi , UEKI Tatsuhito , KONDO Michiharu , AKAMATSU Haruto , MATSUZAWA Yoshiaki , TODA Kenichiro

    森林利用学会誌 = Journal of the Japan Forest Engineering Society 28(4), 277-283, 2013

  • Development of a thinning system with a small wheel mounted harvester and forwarder : Productivities of ordinary and line thinnings  [in Japanese]

    NAKAZAWA Masahiko , TAKANO Tsuyoshi , YOSHIDA Chikashi , SASAKI Tatsuya , UEMURA Takumi , SUZUKI Hidenori , JINKAWA Masaki , KONDO Michiharu , OYA Shinjiro , TODA Kenichiro

    This study aimed to establish a CTL (Cut to Length) system in gentle terrain in Japan. Accordingly, ordinary and line thinning operations were analyzed using a small harvester and forwarder newly intr …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 28(3), 187-192, 2013

    J-STAGE  JASI  References (9)

  • カツラマルカイガラムシによる広葉樹被害に関する研究  [in Japanese]

    岡田 充弘 , 近藤 道治 , 小山 泰弘 , 山内 仁人

    カツラマルカイガラムシによる被害は,県北部の森林を中心に拡大するとともに,飛び地的な被害や緑化木,広葉樹苗木などへの被害がみられた。森林での被害は,激害化後には強力な天敵である寄生蜂(Pteroptrix sp.)などの影響で終息傾向になっていた。本被害を受けたナラ類は,水分通道に障害がでるため,ナラ枯れ被害が助長される場合があった。アセタミプリド2%液剤50倍液樹幹注入処理は,カツラマルの殺虫効 …

    長野県林業総合センター研究報告 (26), 1-16, 2012-01

    JASI 

  • Damage of understoried trees by clear-cutting of overstoried trees in multi-storied stand : using a harvester with long-reach arm  [in Japanese]

    KONDO Michiharu , OYA Shinjiro , MITSUISHI Kazuhiko

    著者らは,下木損傷を軽減する作業方法として(a)山側の最大傾斜方向に伐採すること,(b)列状に伐採すること,が重要であることを明らかにした。今回,著者らは複層林の上木伐採に伴う下木損傷を軽減するための新たな作業方法として,高密度に路網開設するとともに,ロングリーチハーベスタ(キャタピラージャパン製テレスコピックアームハーベスタ312D) を利用した作業について調査を青木村において実施した。高密度に …

    Journal of the Japan Forest Engineering Society 26(2), 117-121, 2011-04-30

    JASI  References (5)

  • カシノナガキクイムシ等広葉樹類の昆虫被害防除技術に関する研究  [in Japanese]

    岡田 充弘 , 山内 仁人 , 近藤 道治 , 小山 泰弘

    長野県におけるナラ枯れ被害は,平成22年3月現在13市町村まで拡大した。被害は,急激に近接地で拡大していくとともに,その移動方向は被害区域から東方向への拡大速度が速かった。本県のカシノナガキクイムシ発生期間は,6月中下旬から10月まであり,標高などの温度条件で発生開始時期が前後した。調査した被害林分では,成立していたナラ類立木の7~8割が枯損するとともに,下層植生の条件によっては,高木性樹種による …

    長野県林業総合センター研究報告 (25), 17-27, 2011-01

    JASI 

  • 信州式搬出法の生産性に関する研究  [in Japanese]

    宮崎 隆幸 , 白石 立 , 近藤 道治 , 橋爪 丈夫 , 今井 信

    ジグザグ滑車を利用したハイリード方式(信州式搬出法)による間伐作業を対象に長野市と松本市の2か所の林分で労働生産性と残存木損傷調査を実施した。木寄集材作業による労働生産性は,長野試験地では6.27m3/人・日,松本試験地では10.08m3/人・日であった。松本調査地の作業システム全体の労働生産性は7.71m3/人・日で,架線系作業システムとしては高い結果であった。また,残存木損傷率は,長野試験地で …

    長野県林業総合センター研究報告 (25), 9-16, 2011-01

    JASI 

  • ツキノワグマによる樹幹剥皮被害防除対策の検討  [in Japanese]

    近藤 道治 , 岡田 充弘

    県内のツキノワグマによる剥皮被害は近年増加傾向にあり,2008年には上伊那,下伊那や木曽地方を中心に県内27市町村で被害が確認された。被害樹種はヒノキが圧倒的に多く,スギ,カラマツ,サワラ,ドイツトウヒなどで認められた。ツキノワグマによる剥皮被害木は,ヒノキでは10~15年経過すると材内部に変色・腐朽が発生し,剥皮被害最上端から上方へ0.2~1.1m広がっていた。また,ドイツトウでは被害から9年経 …

    長野県林業総合センター研究報告 (24), 25-34, 2010-01

    JASI 

  • 強度の上層間伐実施林分における気象害発生状況  [in Japanese]

    大矢 信次郎 , 近藤 道治

    中部森林技術交流発表集 2010年度, 129-133, 2010

  • An example of thinning by hight lead type hauling system using a mono cable pulley (Method of Shinshu type hauling)(<SPECIAL ISSUE>Challenge to systematized forestry)  [in Japanese]

    KONDO Michiharu , SHIRAISI Ryu , HASHIZUME Takeo , MIYAZAKI Takayuki

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 25(1), 23-28, 2010

    J-STAGE  References (4)

  • 複層林の上木伐採にともなう下木損傷と下木損傷軽減について  [in Japanese]

    近藤 道治

    森林利用学会誌 24(2), 72-75, 2009-08-15

  • ナラ類集団枯死被害防止技術と評価法の開発  [in Japanese]

    岡田 充弘 , 山内 仁人 , 加賀谷 悦子 , 近藤 道治

    合成フェロモン製剤によるカシノナガキクイムシ捕獲試験で,透明トラップが既存の人工トラップに比べ捕獲効率が高かった。樹幹注入によるナラ枯損予防試験で,ベノミルの樹幹注入処理の枯損予防効果が認められた。飯山市,信濃町で殺菌剤樹幹注入処理木と合成フェロモンを組み合わせた「おとり木トラップ」による捕獲試験を実施し,合成フェロモン設置位置周辺の樹幹注入処理木へのカシノナガキクイムシの大量穿孔が確認できた。

    長野県林業総合センター研究報告 (23), 27-36, 2009-03

    JASI 

  • 森林管理総合情報整備提供のための間伐支援ソフト用データ収集  [in Japanese]

    白石 立 , 今井 信 , 宮崎 隆幸 , 青柳 智司 , 近藤 道治

    間伐の促進と,森林資源をエネルギーとして有効活用するために,(1)森林資源量調査,(2)素材と林地残材の生産調査,(3)タワーヤーダを利用したハイリード方式による伐出システム(信州型搬出法)の生産性調査(4)残存木損傷調査を実施した。(1)森林資源量調査を18年生のカラマツ林で実施した。ha当たりのバイオマス量(乾重量)は素材部68%,生き枝と葉が21%枯れ枝が11%だった。(2)素材と林地残材の …

    長野県林業総合センター研究報告 (23), 1-13, 2009-03

    JASI 

  • The present status of studies about the multi-storied stand  [in Japanese]

    KONDO Michiharu , IMAI Makoto

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 24(2), 41-52, 2009

    J-STAGE  References (104)

  • Examination of methods for reducing damage to lower-story trees accompanying upper-story thinning in a multi-storied stand : The effects of felling upper-story trees uphill and pruning upper-story trees prior to thinning  [in Japanese]

    KONDO Michiharu , IMAI Makoto , MIYAZAKI Takayuki , OKA Masaru , SASAKI Tatsuya

    To identify a cutting method that reduces damage from upper-story thinning to lower-story trees, we studied a multi-storied stand of karamatsu (Larix leptolepis) and hinoki (Chamaecyparis obtusa). Fir …

    Journal of The Japan Forest Engineering Society 24(1), 3-10, 2009

    J-STAGE  References (11) Cited by (2)

  • Developing death prevention method of Japanese oak trees attacked by Platypus quercivorus  [in Japanese]

    OKADA Mitsuhiro , SAITO Shoichi , KINUURA Haruo , NOZAKI Ai , YAMANOUCHI Masato , KOYAMA Yasuhiro , KONDO Mitiharu , KOBAYASHI Masahide , Mitsuhiro Okada , Shoichi Saito , Haruo Kinuura , Ai Nozaki , Masato Yamanouchi , Yasuhiro Koyama , Mitiharu Kondo , Masahide Kobayashi , 長野県林業総合センター , 山形県森林研究研修センター , 森林総合研究所関西支所 , 京都府林業試験場 , 長野県林業総合センター , 長野県林業総合センター , 長野県林業総合センター , 京都府立大学大学院農学研究科 , Nagano Prefecture Forestry Research Center , Yamagata Prefectural Forest Research and Instruction Center , Kansai Research Center Forestry and Forest Products Research Institute , Kyoto Prefectural Forestry Experimental Station , Nagano Prefecture Forestry Research Center , Nagano Prefecture Forestry Research Center , Nagano Prefecture Forestry Research Center , Graduate School of Agriculture Kyoto Prefectural University

    樹木医学研究 = Journal of tree health 12(3), 129-130, 2008-07-30

    IR  References (3) Cited by (1)

  • Report on the symposium of the field meeting of JFES  [in Japanese]

    KONDO Michiharu

    Journal of the Japan Forest Engineering Society 23(1), 27-31, 2008-04-15

  • 1 / 2
Page Top