折田 正弥 ORITA Masaya

ID:9000006795149

東京工業大学学術国際情報センター|アステラス製薬株式会社研究本部化学研究所 Global Scientific Information and Computing Center, Tokyo Institute of Technology | Chemistry Research Labs, Drug Discovery Research, Astellas Pharma Inc (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • Protein-ligand interaction energy analysis between anti-trypanosome drug candidate and target protein using fragment molecular orbital  [in Japanese]

    Ryunosuke Yoshino , Nobuaki Yasuo , Yohsuke Hagiwara , Kazuki Ohno , Masaya Orita , Masayuki Inoue , Shigeharu Harada , Teruki Honma , Daniel KenInaoka , Kiyoshi Kita , Masakazu Sekijima

    トリパノソーマの寄生が原因であるシャーガス病は,顧みられない熱帯病の一つとして知られている.我々は,トリパノソーマに対する有効な治療薬の開発のため,核酸の構成に重要なピリミジンを合成するジヒドロオロト酸脱水素酵素を標的とした阻害剤の研究を行い,X 線構造解析によってこれらの阻害剤と標的蛋白質の複合体構造を明かにした.しかしながら,阻害機構を解明するためには阻害剤と蛋白質間の詳細な相互作用エネルギー …

    IPSJ SIG Notes 2013-MPS-96(5), 1-7, 2013-12-04

    IPSJ 

  • Protein-ligand interaction energy analysis between anti-trypanosome drug candidate and target protein using fragment molecular orbital  [in Japanese]

    Ryunosuke Yoshino , Nobuaki Yasuo , Yohsuke Hagiwara , Kazuki Ohno , Masaya Orita , Masayuki Inoue , Shigeharu Harada , Teruki Honma , Daniel KenInaoka , Kiyoshi Kita , Masakazu Sekijima

    トリパノソーマの寄生が原因であるシャーガス病は,顧みられない熱帯病の一つとして知られている.我々は,トリパノソーマに対する有効な治療薬の開発のため,核酸の構成に重要なピリミジンを合成するジヒドロオロト酸脱水素酵素を標的とした阻害剤の研究を行い,X 線構造解析によってこれらの阻害剤と標的蛋白質の複合体構造を明かにした.しかしながら,阻害機構を解明するためには阻害剤と蛋白質間の詳細な相互作用エネルギー …

    IPSJ SIG technical reports 2013-BIO-36(5), 1-7, 2013-12-04

  • Current Status of in Silico Drug Discovery for Neglected Tropical Diseases  [in Japanese]

    ISHIDA Takashi , AKIYAMA Yutaka , SEKIJIMA Masakazu , OHNO Kazuki , ORITA Masaya

    立命館経営学 52(2・3), 267-282, 2013-11

    IR 

  • Design of compound libraries for use in drug discovery  [in Japanese]

    折田 正弥 , 大野 一樹 , 新美 達也

    Protein, nucleic acid and enzyme 54(12), 1542-1550, 2009-09

  • Binding Free Energy Calculation between Proteins by Large-Scale Computer  [in Japanese]

    IKEDA Junichi , OHNO Kazuki , AKIOKA Sayaka , ORITA Masaya , MURAOKA Youichi , NOGUCHI Tamotsu , SEKIJIMA Masakazu

    結合自由エネルギー情報は、タンパク質間の相互作用を知る上で非常に重要である。本研究では、汎用的なPCクラスタを用いて、タンパク質間の結合自由エネルギー値を求めるシステムを紹介する。このシステムは、結合自由エネルギーを求める際にShirtsのアルゴリズム、Jarzynskiの等式を用いて、大規模分子動力学シミュレーションを行い、計算結果が定量比較可能にした。

    IPSJ SIG Notes 70, 21-25, 2008-07-14

    References (8)

Page Top