吉岡 照晃 YOSHIOKA Teruaki

ID:9000006847796

社会医療法人財団慈泉会相澤病院内科 Department of Internal Medicine, Aizawa Hospital (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • Preoperative evaluation of lobulation of the lung by peripheral vessel depiction on CT angiography  [in Japanese]

    MISAWA Kenji , NISHIDA Yasunori , NISHI Satoshi , MISHIMA Osamu , KITANO Morihisa , KITAZAWA Tsutomu , YOSHIOKA Teruaki , FURUKAWA Tomoko , ITO Atsuko , OGUCHI Kazuhiro

    通常の水平段CTでは上中葉間の分葉について評価困難なことも多い.今回,末梢血管描出による術前評価を行い,実際の手術所見と対比検討した.<br>対象は,2010年1月~12月まで当院で行った右上葉切除術15例で,術前に分葉の状態を3段階に分類し,葉間切離の有無,Endo GIA<SUP>TM</SUP>(COVIDIEN:以下E-GIA)使用の有無について評価した …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(6), 586-588, 2011-09-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (6)

  • A case of multilocular thymic cysts with thymoma that presented with mediastinitis  [in Japanese]

    MISAWA Kenji , NISHI Satoshi , MISHIMA Osamu , KITANO Morihisa , KITAZAWA Tsutomu , YOSHIOKA Teruaki

    63歳男性.2008年8月初めより左前胸部から背部にかけての胸痛および38℃台の発熱を自覚し,症状が持続するため,胸膜炎の疑いで当院紹介となった.血液検査では炎症反応の上昇がみられ,胸部CTにて前縦隔に3×8×10cm大の不均一に造影される腫瘤性病変を認めた.腫瘤周囲の周囲脂肪織濃度が上昇し,両側胸水の貯留も認めた.外来での経過観察にて胸部症状および前縦隔の炎症所見は改善されたが,前縦隔に2つの腫 …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(1), 74-78, 2011-01-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10) Cited by (2)

  • Three cases in which preoperative evaluation of pulmonary vessels was useful using Versa Web^<TM>  [in Japanese]

    MISAWA Kenji , NISHIDA Yasunori , MISHIMA Osamu , KITANO Morihisa , KITAZAWA Tsutomu , YOSHIOKA Teruaki

    当院では,肺葉切除・区域切除症例を対象として,CT angiographyを作成し術前に肺動静脈の同定,variationの有無を確認してきた.2009年1月より320列CTが導入され,以前に比べて詳細な画像をえられるようになり血管走行の確認が容易になったが,CT angiographyの作成は決まった条件により作成されるため,症例によっては手術に必要な血管の描出が不良となり,その走行の確認が困難 …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(6), 906-910, 2010-09-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9) Cited by (2)

  • Ultrasound evaluation of spontaneous pneumothorax severity  [in Japanese]

    MISAWA Kenji , NISHI Satoshi , NISHIDA Yasunori , MISHIMA Osamu , KITANO Morihisa , SHINAGAWA Yuki , KITAZAWA Tsutomu , YOSHIOKA Teruaki

    2008年10月から2009年3月までの半年間に,自然気胸と診断されKircherの式より求めた肺虚脱率が15%以上の自然気胸20症例を対象として,超音波検査による気胸の存在診断および重症度診断を行った.超音波検査で胸壁直下のlung sliding sign(LSS)の有無を確認し,胸部X線写真での肺虚脱率と比較検討を行った.超音波による観察は前胸壁から側胸壁の4点(第2肋間鎖骨中線,第4肋間前 …

    The Journal of the Japanese Association for Chest Surgery 24(1), 8-11, 2010-01-15

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10) Cited by (2)

  • P-513 S状結腸癌の術前PETにて発見されたPleomorphic carcinomaの1例(多発肺癌3,第49回日本肺癌学会総会号)  [in Japanese]

    三澤 賢治 , 北野 司久 , 北澤 勉 , 吉岡 照晃

    Japanese Journal of Lung Cancer 48(5), 618, 2008-10-05

    Ichushi Web 

Page Top