佐藤 征二郎 SATO Seijiro

ID:9000006946000

立川綜合病院外科 Department of Surgery, Tachikawa General Hospital (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • A CASE OF RUPTURE OF SPLENIC ARTERIAL ANEURYSM IN A PATIENT WITH BEHCET'S SYNDROME  [in Japanese]

    SATO Seijiro , HIRUKAWA Hiroshi , TADA Tetsuya

    Behçet病での動脈瘤形成,動脈閉塞,静脈血栓閉塞といった血管病変を示す血管Behçetの頻度は20%程度と言われている.Behçet病に合併した動脈瘤は胸腹部大動脈などの報告は多いが,内臓動脈である脾動脈例は極めて稀であり報告する.<BR>症例は33歳,男性.不全型Behçet病と診断されプレドニゾロン10mg/日内服中であっ …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 70(1), 209-212, 2009-01-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (11) Cited by (1)

  • 1 ヘルニア腫瘍で発見された進行胃癌の1例(第263回新潟外科集談会)  [in Japanese]

    小川 勇一 , 蛭川 浩史 , 田所 央 , 佐藤 征二郎 , 多田 哲也

    Niigata medical journal 121(12), 696-696, 2007-12

    IR  Ichushi Web 

  • 15 Bechet病患者に発症した脾動脈瘤破裂の1例(第263回新潟外科集談会)  [in Japanese]

    佐藤 征二郎 , 蛭川 浩史 , 小川 勇一 , 多田 哲也

    Niigata medical journal 121(12), 700-700, 2007-12

    IR  Ichushi Web 

  • A case of laparoscopic splenectomy for splenic hamartoma  [in Japanese]

    HIRUKAWA Hiroshi , SATO Seijirou , TADA Tetsuya

    症例は51歳男性.健診で肝機能障害を指摘され精査の腹部超音波検査で脾腫瘍を認めた。全身精査で他臓器に悪性疾患を指摘し得ず,原発性脾腫瘍が疑われ,腹腔鏡下脾臓摘出術を施行した.切除標本の組織学的検索では,脾の類洞様血管の増生が見られ,赤脾髄型脾過誤腫と診断された.術後に原因不明の発熱が見られたが,自然に軽快し第13病日に退院した.脾過誤腫は稀な疾患で本邦では現在まで約60例が報告されているのみである …

    Niigata medical journal 121(9), 522-527, 2007-09

    IR  Ichushi Web 

Page Top