海野 正樹 UNNO Masaki

ID:9000006954688

静岡大学大学院工学研究科 Dept. of Systems Eng., Graduate School of Eng., Shizuoka Univ. (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-14 of 14

  • Fast Electromagnetic Field Simulation by GPGPU-based Massively Parallel ADE-FDTD Method  [in Japanese]

    INOUE Yuta , UNNO Masaki , AONO Shuichi , ASAI Hideki

    近年の回路の高密度実装,高速伝送により,パワー/シグナル・インテグリティ(PI/SI)の問題が発生しており,回路設計時の解析の重要性が増している.回路の解析には,主に電磁界シミュレータと回路シミュレータが用いられているが,いずれの場合も解析結果を得るためには膨大な計算時間を必要とする.そのため,高速かつ高精度に解析できるシミュレーション技術が強く求められている.近年,高速な電磁界解析手法の一つとし …

    IEICE technical report. Nonlinear problems 111(243), 31-36, 2011-10-13

    References (12)

  • Fast Electromagnetic Field Simulation by GPGPU-based Massively Parallel ADE-FDTD Method  [in Japanese]

    INOUE Yuta , UNNO Masaki , AONO Shuichi , ASAI Hideki

    近年の回路の高密度実装,高速伝送により,パワー/シグナル・インテグリティ(PI/SI)の問題が発生しており,回路設計時の解析の重要性が増している.回路の解析には,主に電磁界シミュレータと回路シミュレータが用いられているが,いずれの場合も解析結果を得るためには膨大な計算時間を必要とする.そのため,高速かつ高精度に解析できるシミュレーション技術が強く求められている.近年,高速な電磁界解析手法の一つとし …

    IEICE technical report. Circuits and systems 111(242), 31-36, 2011-10-13

    References (12) Cited by (1)

  • Effective Electromagnetic Simulation Techniques of Angled Interconnection Pattern by Using Hybrid Implicit-Explicit (HIE)-FDTD and Conformal FDTD (CFDTD) Methods  [in Japanese]

    MURAOKA Hideaki , UNNO Masaki , AONO Syuichi , ASAI Hideki

    電気学会研究会資料. EMC, 電磁環境研究会 2011(7), 31-36, 2011-06-24

    References (14)

  • Effective Electromagnetic Simulation Techniques of Angled Interconnection Pattern by Using Hybrid Implicit-Explicit (HIE)-FDTD and Conformal FDTD (CFDTD) Methods  [in Japanese]

    MURAOKA Hideaki , UNNO Masaki , AONO Syuichi , ASAI Hideki

    FDTD (Finite-Difference Time-Domain)法では,空間の離散化に直交格子を用いるため,複雑な構造物を精度良く離散化することが難しく,また,格子間隔が小さいほど計算コストが増大するという問題がある.そのため,プリント基板のような薄い構造物や,斜め配線のような直交格子からずれる解析対象を効率的に解析することが困難である.本稿では,HIE (Hybrid Implicit- …

    IEICE technical report 111(99), 31-36, 2011-06-17

    References (14)

  • Electromagnetic Field Simulation Based on Bi-Directional SI-FDTD Method and its Estimation  [in Japanese]

    AONO Shuichi , UNNO Masaki , ASAI Hideki

    電気学会研究会資料. EMC, 電磁環境研究会 2010(39), 57-62, 2010-12-10

    References (15)

  • Electromagnetic Field Simulation Based on Bi-Directional SI-FDTD Method and its Estimation  [in Japanese]

    AONO Shuichi , UNNO Masaki , ASAI Hideki

    高密度基板におけるシグナル/パワー・インテグリティや不要電磁放射の解析手法として,時間領域有限要素差分(FDTD: Finite-Difference Time Domain)法が広く用いられている.しかし,FDTD法は取り得るタイムステップサイズがCFL条件により制限され,微細構造,大規模問題の解析には膨大な計算時間が必要となる.本研究では,CFL条件の制約を緩和できる電磁界解析手法として,Al …

    IEICE technical report 110(332), 57-62, 2010-12-03

    References (15)

  • High-speed Electromagnetic Simulation Based on 3-D HIE-FDTD Method by Using GPU  [in Japanese]

    UNNO Masaki , ASAI Hideki

    本稿では,電磁界解析手法の一つであるHIE (Hybrid Implicit-Explicit)-FDTD (Finite Difference Time Domain)法の高速化について述べる.この方法は,計算領域を薄いセルを用いてモデル化する必要がある場合に有効な解析手段である.我々は,この解析手法を三次元回路解析に適用するために,集中定数素子や導体を含んだ定式化及び,精度検証を行い,その有効 …

    IEICE technical report 110(284), 77-82, 2010-11-11

    References (14)

  • High-speed Electromagnetic Simulation Based on 3-D HIE-FDTD Method by Using GPU  [in Japanese]

    UNNO Masaki , ASAI Hideki

    本稿では,電磁界解析手法の一つであるHIE(Hybrid Implicit-Explicit)-FDTD(Finite Difference Time Domain)法の高速化について述べる.この手法は,計算領域を薄いセルを用いてモデル化する必要がある場合に有効な解析手段である.我々は,この解析手法を三次元回路解析に適用するために,集中定数素子や導体を含んだ定式化及び,精度検証を行い,その有効性を …

    IEICE technical report 110(283), 77-82, 2010-11-11

    References (14)

  • 3D HIE-FDTD Method for the Network Including Lumped Elements and Its Estimation  [in Japanese]

    UNNO Masaki , ASAI Hideki

    高密度パッケージやプリント基板のシグナル/パワー・インテグリティの解析には,時間領域有限差分(FDTD: Finite-Difference Time-Domain)法がよく使われている.しかし,FDTD法は過渡解析に使用される時間刻み幅が,CFL条件により制限されるため,解析対象の構造によっては解析に膨大な時間を必要とする.そこで,この条件を緩和するためのアルゴリズムとしてHIE(Hybrid …

    IEICE technical report 110(236), 31-36, 2010-10-14

    References (12) Cited by (4)

  • 3D HIE-FDTD Method for the Network Including Lumped Elements and Its Estimation  [in Japanese]

    UNNO Masaki , ASAI Hideki

    高密度パッケージやプリント基板のシグナル/パワー・インテグリティの解析には,時間領域有限差分(FDTD:Finite-Difference Time-Domain)法がよく使われている.しかし,FDTD法は過渡解析に使用される時間刻み幅が,CFL条件により制限されるため,解析対象の構造によっては解析に膨大な時間を必要とする.そこで,この条件を緩和するためのアルゴリズムとしてHIE(Hybrid I …

    IEICE technical report 110(237), 31-36, 2010-10-14

    References (12)

  • A New FDTD Algorithm Based on Alternating-Direction Explicit (ADE) Method  [in Japanese]

    AONO Shuichi , UNNO Masaki , ASAI Hideki

    集積回路やPCBの高密度化実装に伴い,高速信号に対するシグナル/パワー・インテグリティや不要電磁放射問題が生じ,それらの解析を行う新しいシミュレータの開発が重要な課題の1つになっている.本研究では,電磁界解析手法として交互方向陽解法を用いた新しいFDTD法を提案する.交互方向陽解法は陽的な差分法の一種で,拡散方程式の解法などに広く用いられている.この差分法をFDTD法に適用することで,CFL条件の …

    IEICE technical report 109(300), 19-24, 2009-11-20

    References (11)

  • A New FDTD Algorithm Based on Alternating-Direction Explicit (ADE) Method  [in Japanese]

    AONO Shuichi , UNNO Masaki , ASAI Hideki

    集積回路やPCBの高密度化実装に伴い,高速信号に対するシグナル/パワー・インテグリティや不要電磁放射問題が生じ,それらの解析を行う新しいシミュレータの開発が重要な課題の1つになっている.本研究では,電磁界解析手法として交互方向陽解法を用いた新しいFDTD法を提案する.交互方向陽解法は陽的な差分法の一種で,拡散方程式の解法などに広く用いられている.この差分法をFDTD法に適用することで,CFL条件の …

    IEICE technical report 109(301), 19-24, 2009-11-09

    References (11)

  • GPGPU-FDTD法に基づく電磁界解析と性能評価  [in Japanese]

    UNNO Masaki , INOUE Yuta , ASAI Hideki

    高密度パッケージやプリント基板のシグナル/パワー・インテグリティの解析には,時間領域有限要素差分(FDTD:Finite-Diffrence Time-Domain)法がよく使われている.大規模問題にFDTD法を適用するために,様々な高速化手法が考案されてきた.本稿では,画像処理装置(GPU:Graphics Processing Unit)をシミュレーションのアクセラレータとする超並列電磁界シミ …

    IEICE technical report 109(185), 13-17, 2009-08-28

    References (12) Cited by (4)

  • Circuit and Electromagnetic Hybrid Simulation Technique Based on Waveform Relaxation Method  [in Japanese]

    UNNO Masaki , ASAI Hideki

    本報告では,回路・電磁界の混成シミュレーションを行うための一手法について提案する.本手法では,解析対象を回路シミュレーションを行うべき領域と電磁界シミュレーションを行うべき領域へ分割して考えるために,波形緩和法を用いる.回路シミュレーション領域の解析には汎用回路シミュレータであるHSPICEを用い,電磁界シミュレーション領域にはFDTD(Finite Difference Time Domain) …

    IEICE technical report 109(30), 19-23, 2009-05-08

    References (5)

Page Top