Wang Shuwei

Articles:  1-2 of 2

  • Revelation on contemporary Chinese books collected by Akutagawa  [in Japanese]

    Wang Shuwei

    日本近代文学館発行の『芥川龍之介文庫目録』を見ると、和漢書四六五点一八二二冊のうち、五十七点の漢籍は、一九一二(民国元)年から一九二六(民国十五)年の間に出版されたものである。これらの近代中国書を分類してみると、詩に関する蔵書は十六点の七十六冊があり、近代書の約四分の一を占めていることが分かる。小説・物語集に関する蔵書は、十六点の一五八冊もあって、その数が『芥川龍之介文庫目録』にある近代蔵書の中で …

    Studies on humanities and social sciences of Chiba University (18), 1-12, 2009-03

    IR 

  • Akutagawryunosuke and Chinese painting: from the perspective of Nanga  [in Japanese]

    Wang Shuwei

    南画は中国山水画二大流派の一つである。中国の詩人たちが画に詩を書くことは古代からの習慣であった。故に、漢詩は昔から画と一体化してきたものである。漢詩に強い関心を示す芥川も、同様な関心を南画に向けている。その原因を探ると、彼の育った環境と深い関係があると言わざるを得ない。子供の頃から、昔の絵などと親しんできたため、芥川の南画に対する興味と、南画を鑑賞する力が確実に育てられたと思われる。では、南画への …

    Studies on humanities and social sciences of Chiba University (17), 1-10, 2008-09

    IR 

Page Top