岡本 清尚 OKAMOTO Kiyohisa

Articles:  1-20 of 46

  • 1 / 3
  • 膀胱癌に合併した内分泌細胞癌混在癌と腺癌の同時性多発胃癌の1例  [in Japanese]

    足立 尊仁 , 白子 隆志 , 佐野 文 , 井川 愛子 , 八幡 和憲 , 加納 寛悠 , 原 あゆみ , 洞口 岳 , 桐山 俊弥 , 白子 順子 , 奥野 充 , 岡本 清尚

    症例は74歳、男性。膀胱癌精査中に、上部消化管内視鏡検査で、胃噴門部大彎に3型腫瘍と前庭部前壁に0-Ⅱa型腫瘍を認めた。CEA、AFP、CA19-9は正常であった。多発胃癌の診断で、脾合併胃全摘術、D2郭清を施行した。病理組織学的検査所見で、3型腫瘍は潰瘍周囲の粘膜には管状腺癌や乳頭状腺癌を認め、垂直方向浸潤部には髄様充実性の低分化腺癌を認めた。固有筋層を中心に、CD56、synaptophysi …

    高山赤十字病院紀要 (42), 3-6, 2019-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • Usefulness of contrast-enhanced endoscopic ultrasonography to detect of malignant findings of intraductal papillary-mucinous carcinoma in the pancreatic tail: A case report  [in Japanese]

    奥野 充 , 白子 順子 , 田口 大輔 , 高田 淳 , 今井 奨 , 足立 尊仁 , 白子 隆志 , 岡本 清尚 , 棚橋 忍

    60歳女性。卵巣嚢腫経過観察中、膵尾部に嚢胞性病変を指摘した。造影CT、MRIでは嚢胞性病変と主膵管との交通は描出せず、隔壁の肥厚を認めたが嚢胞内結節は指摘しなかった。造影EUSにて造影効果のある嚢胞内結節を認め、MCNまたはhigh-risk stigmataを伴うIPMNが考えられ膵尾部切除術を施行した。最終的に病理所見よりIPMCと診断した。診断困難な嚢胞性病変の悪性所見の評価に造影EUSが …

    高山赤十字病院紀要 = Japanese Red Cross Takayama Hospital (41), 35-41, 2018-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • 画像診断にて診断が困難であった肝硬化性血管腫の一切除例  [in Japanese]

    桐山 俊弥 , 浮田 雅人 , 田口 大輔 , 手塚 隆一 , 高田 淳 , 今井 奨 , 白子 順子 , 棚橋 忍 , 川尻 真菜 , 足立 尊仁 , 八幡 和憲 , 岡本 清尚 , 齊藤 聡子

    症例は61歳の女性。鉄欠乏性貧血および脂質異常症にて近医受診中であった。61歳時に血液検査にてγ‐GTPの高値を指摘されたため、腹部超音波検査を施行した。その際に肝右葉に低エコー領域があり、造影CTにて肝S7に腫瘤性病変を認めたため当院紹介となった。腹部造影CT検査、Gd-EOB-DTPA造影MRI検査、腹部造影超音波検査等を施行するも、血流が豊富で線維化に富む病変であることが示唆されるのみであり …

    高山赤十字病院紀要 = Japanese Red Cross Takayama Hospital (41), 30-34, 2018-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • 当院におけるレンズペーパーを用いたセルブロック作製法とその有用性について  [in Japanese]

    舟橋 信司 , 平塚 友香莉 , 中村 淳博 , 岡本 清尚

    細胞診の目的は悪性細胞の検出だけでなく、組織型の推定や原発巣の推定を行うことにある。また、化学療法に感受性の高い癌や、分子標的薬療法が期待できる癌や悪性リンパ腫などを見落とさない事が重要である。セルブロック法は、細胞診検体標本作製後に残った細胞を収集し、組織学的に観察する方法のことである。セルブロック法の利点は、液状ではなく、固形材料であるため取扱いが容易、連続切片の作製が可能、半永久的保存が可能 …

    高山赤十字病院紀要 (38), 3-6, 2015-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • A Case of Gastric Cancer with Gastritis Custica Profunda  [in Japanese]

    佐野 文 , 白子 隆志 , 井川 愛子 , 岡本 哲也 , 沖 一匡 , 藤山 芳樹 , 田尻下 敏弘 , 徳丸 剛久 , 岡本 清尚

    症例は78歳、男性。主訴は腹部膨満感。悪性リンパ腫寛解後で、当院通院中であった。腹部膨満感、胃の不快感あり近医で上部内視鏡検査施行されたところ胃癌を指摘され当院内科紹介となった。胃体上部小彎に3cm大の病変をみとめ、生検にて低分化型腺癌であった。Gastric ca.(M、Less、IIc like advance、3×3cm、T2(MP)、N0、M0、P0、H0)Stage IBの診断にて外科に …

    高山赤十字病院紀要 (37), 3-6, 2013-12-01

    IR  Ichushi Web 

  • A CASE OF ADENOCARCINOMA ARISING FROM THE ECTOPIC PANCREAS IN THE STOMACH CONCURRENTLY OCCURRED WITH GASTRIC CANCER  [in Japanese]

    TAKEMOTO Kenji , YOKOO Naoki , WAGATA Takashi , SHIGETA Takanobu , OKAMOTO Kiyohisa

    症例は71歳,女性.近医で胃体下部前壁のIIc型早期胃癌を指摘され,当科受診となった.当院での上部消化管内視鏡検査でも胃体下部前壁に上記病変を認めるものの,幽門輪および十二指腸粘膜に異常は認めなかった.血液検査では,CA19-9値が132.4U/mlと高値を示した.早期胃癌の診断にて,幽門側胃切除術を施行した.術中所見では,胃体前壁に胃癌病変を認めるとともに,幽門前庭部に腫瘤性病変を認めたが,膵実 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 70(5), 1357-1361, 2009-05-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (18) Cited by (1)

  • A Case of Prostatic Ductal Carcinoma spread to the Rectal Submucosa with an Atypical Clinical Course  [in Japanese]

    TAKUWA Haruko , TAKEMOTO Kenji , YOKOO Naoki , YASUDA Katsutaro , KITAMURA Koji , SHIGETA Takanobu , YUNOKI Kazuma , ENYA Masamichi , YAMADA Shinichiro , OKAMOTO Kiyonao

    症例は72歳の男性で,主訴は下血であった.平成9年10月に前立腺癌に対し,ホルモン療法,精巣摘除術,放射線療法,対症的局所切除術が施行された.平成17年12月,直腸狭窄を伴う腫瘤を認め,超音波内視鏡下穿刺吸引生検にて前立腺癌リンパ節再発と診断された.腸管通過障害に対し,双孔式S状結腸人工肛門を造設したが,直腸腫瘍部からの出血が持続するため,平成18年8月,Hartmann手術を施行した.摘出標本の …

    The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 42(3), 322-327, 2009-03-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12) Cited by (3)

  • A Case of Human Chorionic Gonadotropin Producing Gastric Cancer  [in Japanese]

    Nagata Hiromitsu , Yokoo Naoki , Kitakado Yasuhito , Ryo Junmay , Yoshida Takahiro , Kitamura Koji , Shiota Tetsuya , Okamoto Kiyohisa

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 38(11), 1716-1721, 2005-11-01

    Ichushi Web  References (13) Cited by (1)

  • A CASE OF PRIMARY GASTRIC SMALL CELL CARCINOMA PRESENTED A SPECIFIC MORPHOLOGY  [in Japanese]

    NAGATA Hiromitsu , YOKOO Naoki , KITAKADO Yasuhito , YOSHIDA Takahiro , KITAMURA Koji , OKAMOTO Kiyohisa

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 66(7), 1624-1628, 2005-07-25

    Ichushi Web  References (11) Cited by (4)

  • A CASE OF QUADRUPLE SYNCHRONOUS COLORECTAL CANCER WITH DIFFERENT HISTOLOGICAL TYPES  [in Japanese]

    SHIOTA Tetsuya , YOKOO Naoki , YOSHIDA Takahiro , NAGATA Hiromitsu , OKAMOTO Kiyohisa

    症例は82歳の男性で,平成14年9月,近医での超音波検査にて腹部腫瘤影を認めたため当院受診した.大腸内視鏡検査では, (1) 横行結腸中央やや口側 (2) 横行結腸中央部 (3) S状結腸の計3箇所に腫瘍を認めた. (1) の腫瘍による狭窄のため,右半結腸の術前評価は困難であった.各部の腫瘍生検では,それぞれ (1) 粘液癌 (2) 低分化腺癌 (3) 中分化腺癌を認めた.以上より同時性大腸3多発 …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 66(2), 442-447, 2005-02-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15) Cited by (2)

  • A Case of Long-Term Surviving Pancreatic Somatostatinoma with Multiple Liver Metastases by Effective Treatment followed Regional Resection  [in Japanese]

    Kitamura Koji , Yokoo Naoki , Kitakado Yasuhito , Azuma Hisaya , Yoshida Takagiro , Nagata Hiromitu , Shiota Tetuya , Okamoto Kiyotaka

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 38(1), 92-97, 2005-01-01

    Ichushi Web  References (17) Cited by (1)

  • A Case of Sigmoid Colon Cancer Associated with Periproctal Abscess  [in Japanese]

    Hamasu Shinya , Yokoo Naoki , Kimoto Michio , Shiroko Takashi , Adachi Takahito , Yoshida Takahiro , Tanaka Yoshihiro , Nagata Hiromitsu , Kitamura Kouji , Okamoto Kiyohisa

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 37(10), 1674-1679, 2004-10-01

    Ichushi Web  References (13) Cited by (2)

  • PPB-3-093 原発巣切除後補助療法により長期生存を得ている多発肝転移を伴うソマトスタチノーマの1例(膵症例2)  [in Japanese]

    北村 好史 , 横尾 直樹 , 木元 道雄 , 白子 隆志 , 富田 隆浩 , 田中 善宏 , 濱洲 晋哉 , 長田 博光 , 塩田 哲也 , 岡本 清尚

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 37(7), 1334, 2004-07-01

    Ichushi Web 

  • 8. 骨盤内膿瘍形成を契機に発見された直腸癌の2例(第196回岐阜外科集談会)  [in Japanese]

    田中 善宏 , 横尾 直樹 , 木本 道雄 , 白子 隆志 , 足立 尊仁 , 吉田 隆浩 , 浦 克明 , 濱洲 晋也 , 長田 博光 , 北村 好司 , 岡本 清尚 , シロコ タカシ , SHIROKO Takashi

    岐阜大学医学部紀要 = Acta scholae medicinalis universitatis in Gifu 51(3), 233-233, 2003-09-30

    IR 

  • 8.骨盤内膿瘍形成を契機に発見された直腸癌の2例(第196回岐阜外科集談会)  [in Japanese]

    田中 善宏 , 横尾 直樹 , 木本 道雄 , 白子 隆志 , 足立 尊仁 , 吉田 隆浩 , 浦 克明 , 濱洲 晋也 , 長田 博光 , 北村 好司 , 岡本 清尚

    Acta scholae medicinalis universitatis in Gifu 51(3), 233, 2003-09-30

    Ichushi Web 

  • 4.腹腔内出血を契機に発見された膵巨細胞癌の1例(第191回岐阜外科集談会)  [in Japanese]

    田中 善宏 , 横尾 直樹 , 北角 泰人 , 白子 隆志 , 田中 千弘 , 吉田 隆浩 , 浦 克明 , 濱洲 晋也 , 吉岡 幹博 , 長田 博光 , 細江 敦典 , 市川 伸也 , 岡本 清尚

    Acta scholae medicinalis universitatis in Gifu 51(3), 228, 2003-09-30

    Ichushi Web 

  • A Case of Anaplastic Ductal Carcinoma of the Pancreas (Giant Cell Type) with Intraabdominal Hemorrhage  [in Japanese]

    TANAKA Yoshihiro , YOKOO Naoki , KITAKADO Yasuhito , SHIROKO Takashi , TANAKA Chihiro , URA Katsuaki , HAMASU Shinya , NAGATA Hiromitsu , OKAMOTO Kiyohisa

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 36(3), 219-223, 2003-03-01

    Ichushi Web  References (36) Cited by (4)

  • Three Cases of Cancer in the Reconstructed Gastric Tube after Radical Resection for Esophageal Cancer, Resected by Different Surgical Procedure  [in Japanese]

    HAMASU Shinya , YOKOO Naoki , KITAKADO Yasuhito , ADACHI Takahito , YOSHIDA Takahiro , URA Katsuaki , TANAKA Yoshihiro , NAGATA Hiromitsu , OKAMOTO Kiyohisa

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 36(3), 186-191, 2003-03-01

    Ichushi Web  References (12) Cited by (4)

  • FIVE CASES OF APPENDICEAL DIVERTICULOSIS PRESENTED WITH APPENDICITIS  [in Japanese]

    HAMASU Shinya , YOKOO Naoki , KIMOTO Michio , SHIROKO Takashi , URA Katsuaki , OKAMOTO Kiyotaka

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 64(1), 120-125, 2003-01-25

    Ichushi Web  References (11) Cited by (4)

  • 353 穿針吸引細胞診が診断に有用であった膿胸後リンパ腫の一例(第41回日本臨床細胞学会秋期大会)  [in Japanese]

    中村 淳博 , 舟橋 信司 , 岡本 清尚 , 岩田 仁

    The Journal of the Japanese Society of Clinical Cytology 41(Suppl.2), 559, 2002-09-22

    Ichushi Web 

  • 1 / 3
Page Top