白鳥 則郎

Articles:  1-6 of 6

  • Vegann : エージェント指向情報システムのためのプラットフォーム  [in Japanese]

    河辺 岳人 , 小野 良司 , 白鳥 則郎

    分散問題解決システムの要素としてのエージェントが近年注目されており,その実現のためにさまざまな処理系が提案されている.しかし,いざ実際にエージェントを作ってみたいとなったとき,プログラマは使用するエージェント処理系やその言語について学習する必要があり,この負担の大きさは無視できない.また,従来の処理系ではエージェントの動作アルゴリズムや,分散したエージェントの名前空間,計算機プロセスとしての運用に …

    全国大会講演論文集 第52回(ネットワーク), 95-96, 1996-03-06

    IPSJ 

  • A support system for implementation of LOTOS specification  [in Japanese]

    小野 良司 , 程 子学 , 白鳥 則郎

    筆者らは,LOTOSを用いて記述されたシステムを効率良くインプリメントすることを目的として,LOTOS仕様の自動実装法に基づき,LOTOS-to-Cトランスレータを開発・実装している。このトランスレータによって出力されたプログラムを,実際に分散ネットワーク環境上でマルチランデブの分散アルゴリズム(MRDA)に基づいて動作させる場合には,さまざまな問題が生じる。本稿では,LOTOSマルチランデブ実装 …

    全国大会講演論文集 第46回(ネットワーク), 279-280, 1993-03-01

    IPSJ 

  • A Protocol Synthesis Method Using Component Based on LOTOS  [in Japanese]

    程 子学 , 白鳥 則郎

    LOTOSとEstelleはISOで開発された仕様記述言語であり、OSIプロトコルなどの仕様記述に広く使われている。Estelleは有限状態機械(FSM)に基づいたものである。一方、LOTOSは、プロセス代数に基づき、多重同期通信のメカニズムを待つため、より高い抽象度のプロトコル仕様が記述できる言語として注目を浴び期待されている。FSMモデルをベースにしたプロトコル仕様の合成法については従来よりい …

    全国大会講演論文集 第46回(ネットワーク), 275-276, 1993-03-01

    IPSJ 

  • A Support Environment for Specification of Communication System Based on Natural Language  [in Japanese]

    塙田 和夫 , 谷垣 宏一 , 白鳥 則郎

    これまで自然言語について、さまざまなアプローチが試みられてきた。これは自然言語で表現された仕様に内在する曖昧性、不完全性をユーザとの質疑応答により解消するものである。この様な場合、システムがユーザの意図を読み取り、仕様を記述していくのが理想である。本稿は、当研究室において開発された通信システムの仕様記述環境HSCに対して、柔軟な自然言語処理を行うインターフェース部を付加する事で、よりユーザフレンド …

    全国大会講演論文集 第46回(ネットワーク), 261-262, 1993-03-01

    IPSJ 

  • A Education Support System for Specification of a Communication System  [in Japanese]

    王 家〓 , 程 子学 , 白鳥 則郎

    情報通信ネットワークと、FDTの例として仕様記述言語LOTOSの概要を教え、仕様記述の演習を支援するCAIシステムを構成する。学習者の理解度を把握しそれに応じて適切なアドバイスを提示するために、学習者の解答のLOTOS仕様とCBR中に用意した仕様(正解)を効果的に比較するための手法を与える。具体的には、正解と解答を比較するための効果的な類似度を提案し、これを用いて、誤り箇所を指摘するアルゴリズムを …

    全国大会講演論文集 第46回(ネットワーク), 253-254, 1993-03-01

    IPSJ 

  • A tutoring support system for communication systems and its Specification Description  [in Japanese]

    王家 〓 , 岩間 直純 , 白鳥 則郎

    本稿では、筆者らが行っている情報通信ネットワークに関する学生実験を考察の対象としている。従来、この学生実験の指導はすべて教師が行っていたが、ここでは、CAIの手法に基づいて教師の負担を大幅に軽減する支援システムの構成について検証している。

    全国大会講演論文集 第44回(ネットワーク), 197-198, 1992-02-24

    IPSJ 

Page Top