後藤 隆泰 GOTO TAKAYASU

ID:9000015703082

朝日大学歯学部歯科理工学講座 Department of Dental Materials and Technology, School of Dentistry, Asahi University (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • <ORIGINAL ARTICLE>Application of the Dimensionless Load-Load Point Displacement Curve to Analyze the Non-Linear Fracture Parameters of Dental Resin

    GOTO TAKAYASU , PAKU KENJI , ADACHI MASANORI , KAMEMIZU HIDEO , WAKAMATSU NOBUKAZU , IIJIMA MAYUMI , KIM S. -H. , DOI YUTAKA

    破壊は亀裂先端において塑性変形を伴うものであるから,本質的には非線形現象である.本研究では歯科用レジンの非線形破壊の解析方法を確立する目的で,義歯床用加熱重合レジンに無次元荷重一変位汎曲線(P〜u曲線)の適用を試みた.その結果,非線形破壊エネルギーパラメータ(亀裂成長抵抗値Rc,非線形エネルギー破壊靱性値Gc,塑性エネルギー散逸値φ_<nl>)の定量化が可能なことが明らかになり,義歯床 …

    The journal of Gifu Dental Society 29(3), 180-185, 2003-02-20

    Cited by (1)

  • <ORIGINAL ARTICLE>Influences of Strain Rate and Water on Fracture Toughness of Heat Cured Denture Base Acrylic Resin

    PAKU KENJI , GOTO TAKAYASU , ADACHI MASANORI , KAMEMIZU HIDEO , WAKAMATSU NOBUKAZU , IIJIMA MAYUMI , DOI YUTAKA

    義歯床の割れは臨床上大きな問題であるにもかかわらず,その原因は現在でも明らかになっていない.亀裂の発生と最も関連性が深い性質は破壊靱性値(K_<IC>)であるが,条件によって値が全く異なるという問題がある.そこで,本研究では義歯床用加熱重合アクリルレジンについて,三点曲げによる予亀裂導入破壊試験法を用いて,K_<IC>に及ぼす歪み速度と水による影響を検討し,正確なKの決定を …

    The journal of Gifu Dental Society 29(3), 173-179, 2003-02-20

    Cited by (1)

Page Top