藤原 隆次 FUJIWARA Takaji

ID:9000016264982

SRATECH Lab株式会社 SRATECH Lab Inc. (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • A study on an evaluation method for software testing skill level and reliability based on two-stage testing by two teams  [in Japanese]

    HATA Naomichi , KIMURA Mitsuhiro , FUJIWARA Takaji , INOUE Tomoki

    本研究は,先行研究からの拡張として,2チームによる2段階ソフトウェアテストを経たソフトウェアの信頼性と,テスト作業者のスキルレベルの評価法について,実測データに基づく分析例を交えて考察する.具体的には,2段階からなるテストそれぞれにおけるテスト作業者のスキルレベルを定量化するパラメータを追加したモデルを提案し,それらの推定法について述べる.このスキルレベルの推定法は,先行研究[1],[2]で述べた …

    IEICE technical report. Reliability 113(44), 1-5, 2013-05-17

  • 1-F-2 2段階テストに基づくソフトウェア信頼性評価法について : 静的モデルと動的モデルの併用(特別セッション 信頼性の先端的評価手法(1))  [in Japanese]

    KIMURA Mitsuhiro , FUJIWARA Takaji

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集 2012, 94-95, 2012-09-12

  • A Study on Two-Stage Software Test by Two Teams  [in Japanese]

    KIMURA Mitsuhiro , FUJIWARA Takaji

    本研究では,通常,あまり実施されない形式のソフトウェアテストを実際に行った経験から,当該ソフトウェアの信頼性,ここではテスト終了後に残存しているフォールト数の見積もりを行う方法について考察する.具体的には,我々はまず,ソフトウェア開発の最終工程であるテストにおいて,1つのソフトウェアを2つの機能群に分けて,テストケースを作成し,それぞれを2つのチームによってテストおよびデバッグを行った.そのテスト …

    IEICE technical report. Reliability 111(304), 1-5, 2011-11-18

  • A Study on Two-Stage Software Test by Two Teams  [in Japanese]

    KIMURA Mitsuhiro , FUJIWARA Takaji

    電子情報通信学会技術研究報告. R, 信頼性 111(304), 1-5, 2011-11-11

    References (6)

  • A Bootstrap Software Reliability Assessment Method in the Final Stage of Software Testing Process  [in Japanese]

    FUJIWARA Takaji , KIMURA Mitsuhiro

    ソフトウェア開発の最終工程であるテスト段階において,テスト対象であるソフトウェア内に残存するフォールト数を推定するための数理的手法がこれまでに数多く開発されている.これらのうち,著者らが過去に提案したブートストラップ手法を適用したソフトウェア信頼性評価手法は,分析されるデータセットの性質によってはそのまま適用できない弱点をもっている.そこで本研究では,これを克服する簡単な計算方法を提案した上で,実 …

    IEICE technical report 110(298), 15-20, 2010-11-12

    References (7)

  • Practical Application and Its Problem of Safety/Reliability Theory for Software(Recent Theories and Applications of Reliability and Safety)  [in Japanese]

    FUJIWARA Takaji

    本稿では,様々なシステム開発における安全性および信頼性に関わる評価技法の実務での適用例とその問題点を紹介する.特に,開発規模の異なるシステム開発や,開発製品の特性に応じて適用される開発プロセスの違い,あるいは安全性・信頼性の評価・分析・検証アプローチの違いによって生じる問題点についても紹介する.

    The Journal of Reliability Engineering Association of Japan 32(1), 10-17, 2010

    J-STAGE  References (12)

  • A Standardization Trend of an In-vehicle Software Development Process  [in Japanese]

    ESTEVEZ Juan Manuel , FUJIWARA Takaji

    自動車技術 = Journal of Society of Automotive Engineers of Japan 62(10), 73-78, 2008-10-01

    References (5)

Page Top