志関 雅幸 SHISEKI Masayuki

Articles:  1-20 of 36

  • 1 / 2
  • 症例から学ぶ血栓症Q&A 慢性難治性DICの診断と治療のポイントとは?  [in Japanese]

    志関 雅幸 , 田中 淳司

    Thrombosis medicine 6(1), 80-83, 2016-03

    Ichushi Web 

  • 特発性膜性腎症(iMN)の診断17年後にびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)を発症した1例  [in Japanese]

    内池 広菜 , 佐藤 尚代 , 森山 能仁 , 板橋 美津世 , 内田 啓子 , 土谷 健 , 志関 雅幸 , 田中 淳司 , 新田 孝作

    第353回東京女子医科大学学会例会 平成28年2月27日(土) 東京女子医科大学総合外来センター5階 大会議室

    東京女子医科大学雑誌 86(1), 20-20, 2016-02-25

    IR  Ichushi Web 

  • Chronic Myeloid Leukemia  [in Japanese]

    Shiseki Masayuki

    慢性骨髄性白血病は造血幹細胞のクローン性増殖を本態とする造血器腫瘍である。90%以上の症例で特異的染色体異常である9番染色体と22番染色体間の相互転座の結果生ずる異常染色体(フィラデルフィア染色体)が存在する。この染色体異常の結果生ずるBCR-ABL融合遺伝子の産物はチロシンキナーゼであり、慢性骨髄性白血病の病態に深く関与する。慢性骨髄性白血病は、慢性期の初期は無症状であるが進行するに従い徐々に症 …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(3), 151-159, 2013-06

    IR  Ichushi Web 

  • A Case of Pneumatosis Cystoides Intestinalis Accompanied with Acute Lymphoblastic Leukemia : A Case Report and Review of the Literature  [in Japanese]

    Shinozaki Hiroko , Okamura Takamitsu , Tajima Tsuyoshi , Ishiyama Midori , Yoshinaga Kentaro , Shiseki Masayuki , Mori Naoki , Teramura Masanao , Motoji Toshiko

    急性リンパ性白血病に対する化学療法中に腸管嚢胞様気腫症(PCI)を合併した症例を経験したので、成人血液疾患に合併するPCIについて文献的考察を加えて報告した。症例は16歳男性。急性リンパ性白血病と診断され、化学療法により完全寛解を得たが、地固め療法中に腹痛と下痢を認め、腹部単純X線と腹部CTによりPCIと診断された。絶食、輸液、酸素吸入などの保存的治療によって改善した。当科において最初のPCI症例 …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E638-642, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Thrombocytopenia Was Improved by Chemotherapy for Diffuse Large B-cell Lymphoma Attended with Monoclonal Gammopathy and Immune Thrombocytopenia  [in Japanese]

    Watanabe Aya , Imai Yoichi , Shimura Hanae , Tanaka Norina , Mitsuhashi Kenjiro , Kazama Hiroshi , Shiseki Masayuki , Mori Naoki , Teramura Masanao , Motoji Toshiko

    症例は76歳、男性。発熱と血小板減少を認め、他院で免疫性血小板減少症(immune thrombocytopenia:ITP )と診断され、当科紹介された。当科初診時、血小板数 2.2万 /μl、右腋窩リンパ節腫脹、胸部レントゲン写真で右胸水を認め、PET/CT検査でFDG集積を伴う腹部腫瘤と多発リンパ節腫大を認めた。また末梢血中に形質細胞様異型リンパ球を認め、免疫電気泳動でM蛋白血症(IgA-λ …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E633-637, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Regression of Rectal Mucosa-associated Lymphoid Tissue (MALT) Lymphoma after Helicobacter pylori Eradication

    Ding Ye , Yoshinaga Kentaro , Maruyama Masataka , Imai Yoichi , Shiseki Masayuki , Mori Naoki , Masuda Akihiro , Teramura Masanao , Motoji Toshiko

    直腸原発の粘膜関連濾胞辺縁帯(MALT)リンパ腫は稀であり、胃原発と異なりいまだ治療法も定まっていない。今回、我々はHelicobacter pylori (H.pylori)除菌治療のみによって完全寛解に至った症例を経験したので報告する。症例は62歳男性、下血、便秘にて受診し、下部内視鏡(CF)検査にて直腸Rbに浅いびらんを伴う粘膜下腫瘍を認めた。生検病理にて中型リンパ球の増殖が粘膜固有層に認め …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E628-632, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Central Neurogenic Hyperventilation in Primary Central Nervous System Lymphoma  [in Japanese]

    Yasunami Takeshi , Yoshinaga Kentaro , Kazama Hiroshi , Shiseki Masayuki , Mori Naoki , Teramura Masanao , Motoji Toshiko

    68歳 男性。失調性歩行が出現し他院で脳腫瘍を指摘され当院を受診した。脳MRにて右側の小脳脚、小脳半球、橋、中脳、視床下部、視床に病変を認め開頭生検術にて非ホジキンリンパ腫(diffuse large B-cell type)と診断され、メトトレキサート大量療法を含む化学療法を開始された。Day 2から過換気(呼吸数28〜32回/分)が出現し動脈血液ガス分析ではpH 7.564, PaCO2 11 …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E622-627, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • A Case Report of a Successful Treatment of Refractory Ascites by Peritoneovenous Shunt in Primary Myelofibrosis  [in Japanese]

    Ishiyama Midori , Teramura Masanao , Okamura Takamitsu , Shimura Hanae , Kodama Shoko , Tanaka Norina , Mitsuhashi Kenjiro , Kazama Hiroshi , Yoshinaga Kentaro , Imai Yoichi , Shiseki Masayuki , Mori Naoki , Motoji Toshiko

    症例は39歳男性。2002年12月より発熱及び全身倦怠感が出現し、貧血及び血小板減少を認め、近医にて骨髄線維症と診断された。2003年1月より急激な大量腹水が出現し、腎機能障害等の全身状態の悪化を認めたため、同年2月に当科へ転院となった。大量腹水は進行性であったため、転院後に腹腔静脈シャント(Denver shunt)を作製したところ、その後腹水は急激に減少し、全身状態も著明に改善した。,骨髄線維 …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E594-598, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Retrospective Analysis of Hematopoietic Stem Cell Transplants in Tokyo Women's Medical University : A Single Center Experience  [in Japanese]

    Yoshinaga Kentaro , Enomoto Yuki , Watanabe Aya , Ding Ye , Ishimori Noriko , Shimura Hanae , Kodama Shoko , Tanaka Norina , Asano Chihiro , Mitsuhashi Kenjiro , Ishiyama Midori , Kondo Toshiaki , Yasunami Takeshi , Kazama Hiroshi , Okamura Takamitsu , Imai Yoichi , Shiseki Masayuki , Mori Naoki , Yamada Osamu , Teramura Masanao , Masuda Michihiko , Motoji Toshiko

    我々は1985年2011までに東京女子医大で行われた造血幹細胞移植症例全例を後方視的に解析した.全体で207症例(18例の慢性骨髄性白血病(CML)、28例の急性骨髄性白血病(AML)、30症例の急性リンパ性白血病、83例リンパ腫、30例の多発性骨髄腫を含む)に223回の移植が行われていた.同種移植では血縁ドナーが62%、非血縁骨髄が24%、非血縁臍帯血が14%であった. 第一慢性期に移植を受けた …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E585-593, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Usefulness of the Revised International Prognostic Index for Diffuse Large B-cell Lymphoma Patients Treated with Rituximab-based Chemotherapy  [in Japanese]

    Mitsuhashi Kenjiro , Shiseki Masayuki , Enomoto Yuki , Watanabe Aya , Ishimori Noriko , Ding Ye , Shimura Hanae , Kodama Shoko , Tanaka Norina , Ishiyama Midori , Kazama Hiroshi , Yoshinaga Kentaro , Imai Yoichi , Mori Naoki , Teramura Masanao , Motoji Toshiko

    Background: Diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL) is a heterogeneous disease that presents with various clinical features. The international prognostic index (IPI) was established as a simple scoring …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E569-575, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Outcome of Rituximab-combined Chemotherapy for Follicular Lymphoma : A Single-center Study  [in Japanese]

    Kazama Hiroshi , Teramura Masanao , Enomoto Yuki , Watanabe Aya , Ishimori Noriko , Ding Ye , Shimura Hanae , Kodama Shoko , Tanaka Norina , Mitsuhashi Kenjiro , Ishiyama Midori , Yoshinaga Kentaro , Imai Yoichi , Shiseki Masayuki , Mori Naoki , Motoji Toshiko

    濾胞性リンパ腫は低悪性度B細胞リンパ腫として位置づけられる疾患である. 抗CD20抗体であるリツキシマブを併用した化学療法により予後は改善されたが,依然治癒が困難なリンパ腫である. 2002年1月から2012年6月までの当科でリツキシマブ併用化学療法が施行された濾胞性リンパ腫61例について後ろ向き解析を行った.年齢中央値は61才(41-85才). WHO分類によるGrade 1/2は44例で, G …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E563-568, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Retrospective Analysis of Treatment Outcomes in Patients with Adult Acute Lymphoblastic Leukemia  [in Japanese]

    Shimura Hanae , Mori Naoki , Okada Michiko , Enomoto Yuki , Watanabe Aya , Ishimori Noriko , Ding Ye , Kodama Shoko , Tanaka Norina , Mitsuhashi Kenjiro , Ishiyama Midori , Kazama Hiroshi , Yoshinaga Kentaro , Imai Yoichi , Shiseki Masayuki , Teramura Masanao , Motoji Toshiko

    2002年10月から2012年10月までの10年間に当科で診断、治療した成人急性リンパ性白血病 (Acute lymphoblastic leukemia : ALL) 35例 (B-ALL 27例、T-ALL 8例) を対象とし、臨床経過と治療成績を後方視的に解析した.追跡期間中央値は930日、年齢中央値は43歳 (16歳-90歳) で、男性16人 (45.7%)、女性19人 (54.3%) で …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E556-562, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Treatment Outcome of Adult Acute Myeloid Leukemia : A Retrospective Analysis in a Single Institution  [in Japanese]

    Tanaka Norina , Mori Naoki , Enomoto Yuki , Watanabe Aya , Ishimori Noriko , Ding Ye , Shimura Hanae , Kodama Shoko , Mitsuhashi Kenjiro , Ishiyama Midori , Kazama Hiroshi , Yoshinaga Kentaro , Imai Yoichi , Shiseki Masayuki , Yamada Osamu , Teramura Masanao , Motoji Toshiko

    [目的] 急性骨髄性白血病(acute myeloid leukemia; AML)の治療成績は近年、向上しつつあるが、依然として再発難治症例も多い。実地臨床における成人AMLの治療の現状と予後を明らかにするため、東京女子医科大学病院血液内科における最近10年間の、新規発症AML患者の臨床像と治療成績を解析した。 [方法] 2002年10 月から2012 年9月までに当院に入院した未治療AML患者 …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E548-555, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Classification and Chromosomal Studies of Acute Myeloid Leukemia in Adults : Analysis of 300 Patients over the Past 28 Years in a Single Institution of Japan  [in Japanese]

    Okada Michiko , Usami Akemi , Okajima Kaori , Miura Hiroko , Kodama Shoko , Shimura Hanae , Tanaka Norina , Mitsuhashi Kenjiro , Ishiyama Midori , Kazama Hiroshi , Yoshinaga Kentaro , Imai Yoichi , Shiseki Masayuki , Mori Naoki , Teramura Masanao , Motoji Toshiko

    28年間に亘り、染色体分析を行ってきた当科の急性骨髄性白血病(AML)300例の分析結果を報告する。症例の内訳はWHO分類で特定の遺伝子異常を有するAMLとして、t(8;21)が25例、t(15;17)が36例、inv(16)が8例、t(9;11)が2例、t(6;9)が1例あった。そしてFAB分類のRAEB-T(RAEB in transformation、骨髄芽球比率20%以上30%未満の不応性 …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E539-547, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Clinical and Biological Significance of Deletion of the Long Arm of Chromosome 20 in Myelodysplastic Syndromes  [in Japanese]

    Shiseki Masayuki

    骨髄異形成症候群(Myelodysplastic syndromes:MDS)は、無効造血による血球減少と腫瘍性の芽球の増生を伴うという二つの側面を持ち、急性白血病への移行が20-35%の症例で見られる造血幹細胞のクローン性異常に基づく疾患である。高齢者に多く、有効な治療法に乏しく治癒困難な難治性疾患であるが、疾患そのものの不均一性もあり、分子機構を含めた病態の解明は十分なされていない。MDSには …

    Journal of Tokyo Women's Medical College 83(臨増), E496-501, 2013-03

    IR  Ichushi Web 

  • Usefulness of 18^F-FDG PET/CT for detecting lesions in patients with POEMS syndrome  [in Japanese]

    TANAKA Norina , YOSHINAGA Kentaro , ASANO Chihiro , KAZAMA Hiroshi , OKAMURA Takamitsu , SHISEKI Masayuki , MORI Naoki , TERAMURA Masanao , KUSAKABE Kiyoko , SAKAI Shuji , MOTOJI Toshiko

    POEMS症候群の多くの症例は骨硬化性形質細胞腫を合併している。病変が限局域の症例は放射線療法が有用だが,広汎病変の症例では化学療法が必要となる。それ故,病変の広がりの評価は治療戦略の決定に重要である。<br>我々は,POEMS症候群の2症例において<sup>18</sup>F-FDG PET/CT検査を用いて病勢の評価を行った。1例目ではPET/CT検査により …

    Rinsho Ketsueki 53(12), 2013-2017, 2012-12-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12)

  • Long-term remission after nonmyeloablative allogeneic bone marrow transplantation in a relapsed Hodgkin lymphoma patient with CNS involvement  [in Japanese]

    SHIMURA Hanae , IMAI Yoichi , ISHIYAMA Midori , YOSHINAGA Kentaro , SHISEKI Masayuki , MORI Naoki , TERAMURA Masanao , MOTOJI Toshiko

    63歳女性。左頚部腫瘤で発症したHodgkinリンパ腫(混合細胞型,IB期)である。ABVD療法6コースにて寛解を得たのち,左頚部に再発した。局所放射線照射を行い同病変は消失したが,肺門部リンパ節に再発した。Dexa-MEAM療法2コース後,自家末梢血幹細胞移植を施行し全ての病変の消失を認めたが,2カ月後に肺門部リンパ節の腫脹,さらに意識障害と痙攣をきたし,positron emission to …

    Rinsho Ketsueki 53(12), 1991-1996, 2012-12-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15)

  • ロミプロスチムと大量ガンマグロブリン療法により脾摘が可能となった難治性特発性血小板減少性紫斑病  [in Japanese]

    三橋 健次郎 , 石山 みどり , 今井 陽一 , 志関 雅幸 , 森 直樹 , 寺村 正尚 , 瀬下 明良 , 泉二 登志子

    第41回新都市血栓止血研究会 平成24年2月24日(金) 東京女子医科大学南別館1F 大会議室

    東京女子医科大学雑誌 82(2), 106-106, 2012-04-25

    IR  Ichushi Web 

  • 急速に進行し腫瘍崩壊症候群による慢性腎臓病の急性増悪をきたした移植後リンパ増殖性疾患  [in Japanese]

    近藤 朗子 , 近藤 年昭 , 石田 英樹 , 今井 陽一 , 志関 雅幸 , 森 直樹 , 寺村 正尚 , 田邉 一成 , 泉二 登志子

    第345回東京女子医科大学学会例会 平成24年2月25日(土) 東京女子医科大学 綜合外来センター5階

    東京女子医科大学雑誌 82(1), 42-42, 2012-02-25

    IR  Ichushi Web 

  • 前立腺癌によるTrousseau症候群による難治性慢性DICに対しトロンボモジュリン継続投与が有効であった1例  [in Japanese]

    志村 華絵 , 吉永 健太郎 , 志関 雅幸 , 森 直樹 , 寺村 正尚 , 泉二 登志子

    第39回新都市血栓止血研究会 平成22年2月26日(金) 東京女子医科大学臨床講堂2

    東京女子医科大学雑誌 80(8), 241-242, 2011-08-25

    IR  Ichushi Web 

  • 1 / 2
Page Top