Ishimoto Mishio

Articles:  1-1 of 1

  • Construction d'un sismographe accelerometrique pour la composante verticale

    Ishimoto Mishio

    上下成分の變位地震計は製作上,觀測上大なる困難を伴ふが,加速度地震計は其の困難が比較的少ない.此れは周期が小であつて安定であるからである.構造は第一圖,及び第二圖に示してある.重錘の質量は15kg.振子の周期は0.08秒,幾何倍率は215である.感度試験は次の四種類の方法によつて行はれた.

    東京帝國大學地震研究所彙報 = Bulletin of the Earthquake Research Institute, Tokyo Imperial University 11(4), 717-723, 1933-12-31

    IR 

Page Top