宮谷 友香

Articles:  1-6 of 6

  • One case report of Stevens-Johnson syndrome in early pregnancy  [in Japanese]

    河北 貴子 , 宮谷 友香 , 柴田 真紀 [他]

    産科と婦人科 79(6), 791-794, 2012-06

    Ichushi Web 

  • The study on method of TANKO introduced into the Division of Obstetrics and Gynecology at our hospital  [in Japanese]

    宮谷 友香 , 別宮 史朗 , 柴田 真紀 , 河北 貴子 , 名護 可容 , 猪野 博保

    単孔式腹腔鏡下手術は従来の腹腔鏡下手術と比較してより低侵襲であり,美容的にも優れているという利点から急速に普及しつつある.当院では2010年2月から単孔式腹腔鏡下手術を導入し2010年10月までに5症例を経験したので報告する.直径10cm 以下の卵巣1腫で癒着剥離などの操作を必要としないと考えられた症例や不妊症に対する腹腔内観察を対象とした.手術は臍部を2.5cm 縦切開し,SILSTM ポートを …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = The study on method of TANKO introduced into the Division of Obstetrics and Gynecology at our hospital 16(1), 149-153, 2011-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Toxicities and complications of intravenous paclitaxel and intraperitoneal carboplatin administration in ovarian cancer  [in Japanese]

    別宮 史朗 , 河北 貴子 , 谷 杏奈 , 宮谷 友香 , 名護 可容 , 猪野 博保

    当科では,卵巣・卵管癌の腹腔内播種病変が完全摘出できない症例に腹腔内リザーバーを留置し,パクリタキセル(PTX)の静脈内投与とカルボプラチン(CBDCA)の腹腔内投与のTC 併用療法を行っている.リザーバー留置の問題点と静脈内投与法との有害事象の発生頻度や重症度について比較検討した.2005年4月から2008年12月までに,卵巣癌・卵管癌症例で,静脈内投与のみを6コース以上施行した8症例(IV 群 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 15(1), 18-22, 2010-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Lymphangioma of the ovary accompanied by chylous ascites  [in Japanese]

    岩佐 武 , 谷 杏奈 , 宮谷 友香 , 別宮 史朗 , 山下 理子 , 中西 一世 , 藤井 義幸 , 猪野 博保

    日本産科婦人科學會雜誌 61(11), 2079, 2009-11-01

  • Devising Criteria for Laparoscopic Surgery for Borderline Malignant Ovarian Tumors  [in Japanese]

    岩佐 武 , 別宮 史朗 , 伊海 貴子 , 谷 杏奈 , 宮谷 友香 , 猪野 博保

    婦人科領域における腹腔鏡手術の普及はめざましく,患者からの要望も増加している.そのため当院では卵巣腫瘍に関しては,悪性が強く疑われる場合を除き腹腔鏡手術を選択している.平成17年1月から平成19年7月までの期間に腹腔鏡下手術を行った卵巣腫瘍140例のうち,術後診断で境界悪性と診断された症例が3例あり,いずれも卵巣の保存手術を希望していた.このうち2例は粘液性境界悪性で,1例は片側付属器摘出と虫垂切 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 13(1), 149-153, 2008-03-01

    IR  Ichushi Web 

  • A clinical study of laparoscopic surgery for ovarian chocolate cyst  [in Japanese]

    宮谷 友香 , 別宮 史朗 , 谷 杏奈 [他]

    Modern trends in obstetrics & gynecology 57(1), 33-36, 2008

    Ichushi Web 

Page Top