岡野 昇三 OKANO Shozo

ID:9000017493906

北里大学動物病院小動物臨床学講座 Departments of Small Animal Medicine, School of Veterinary Medicine and Animal Sciences, Kitasato University (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-12 of 12

  • A Case of Gastrinoma in a Shih-Tzu Dog

    FUKUSHIMA Ushio , SATO Miyuki , OKANO Shozo , ARAMAKI Yoshitaka , ITO Hiroshi , YOSHIOKA Kazuki , OYAMADA Toshifumi , UECHI Masami

    頻発する嘔吐と重度の削痩を主訴に5歳,雄のシーズー犬が来院した.制吐剤と粘膜保護剤,抗生剤で治療を行った結果,10日後には治療に反応しなくなった.臨床徴候,血液検査,X線造影,内視鏡,試験開腹等の検査により十二指腸や膵臓の腫瘍が疑われたため,膵臓の腫脹部を採材し,免疫組織学的検索を行った.結論として,臨床徴候,免疫組織学的所見,血中ガストリン値の上昇から本疾患をガストリノーマと確定診断した.

    Journal of Veterinary Medical Science 66(3), 311-313, 2004-03-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (16)

  • 門脈体循環シャントの5症例における超音波学的シャント血管の観察  [in Japanese]

    福島 潮 , 岡野 昇三 , 吉田 真由美 , 上地 正実

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 33, 158, 2002-06-10

    Ichushi Web 

  • Relationship of the Blood Endotoxin Concentration and Prognosis in Dogs with Pyometra

    OKANO Shozo , TAGAWA Masahiro , TAKASE Katsuaki

    子宮蓄膿症犬(45頭)および健康犬(17頭)の血中エンドトキシン濃度を測定した.健康犬の血中エンドトキシン濃度は3.4±2.8pg/mlであるのに対し, 予後良好犬(41頭)は9.5±11.3pg/ml, 予後不良犬(4頭)は74.2±18.3pg/mlと有意に(p<0.01)高値を示した.また, 予後不良犬は予後良好犬に比較して有意に(p<0.01)高値を示した.さらに, 血中エンド …

    The Journal of veterinary medical science 60(11), 1265-1267, 1998-11-25

    Ichushi Web  References (15) Cited by (1)

  • Effect of Platelet Activating Factor Antagonist(TCV-309)on Lung Injury in Dogs with Experimentally Endotoxin-Induced Shock

    OKANO Shozo , TAGAWA Masahiro , URAKAWA Norimoto

    新しく開発された血小板活性化因子(PAF)拮抗薬TCV-309のエンドトキシンショック時の肺wet/dry比および肺表面活性に対する効果を中心にPAF拮抗薬CV-3988と比較検討した. TCV-309( 1 mg/kg)またはCV-3988 (10 mg/kg)投与は, エンドトキシン(3mg/kg)投与による肺wed/dry比の上昇を有意(P<0.01)に低下させ, またエンドトキシン投 …

    The Journal of veterinary medical science 57(4), 751-753, 1995-08-15

    Ichushi Web  References (18)

  • Effect of TCV-309, a Novel Platelet Activating Factor Antagonist, on Hemodynamics in Dogs with Endotoxin-Induced Shock

    OKANO Shozo , TAGAWA Masahiro , URAKAWA Norimoto

    PAF桔抗新薬TCV-309のエンドトキシンショックに対する治療効果を血行動態を中心に検討した. 供試動物は, 全身麻酔, 人工呼吸下のビーグル犬10頭を使用した. イヌにエンドトキシン(3 mg/kg)を静脈内に投与し, 投与終了直後に治療群(n=5)にはTCV-309 (1 mg/kg) , 対照群(n=5)には生理食塩水をそれぞれ静脈内に投与した. エンドトキシン投与後360分まで経時的に心 …

    The Journal of veterinary medical science 57(2), 385-387, 1995-04-15

    Ichushi Web  References (20) Cited by (1)

  • Effect of Platelet Activation Factor Antagonist (CV-3988) on 6-keto-PGF_1α and Thromboxane B_2 in Dogs with Experimental Endotoxin-Induced Shock

    OKANO Shozo , TAGAWA Masahiro , NRAKAWA Norimoto

    PAF桔抗薬であるCV-3988のエンドトキシンショックに対する治療効果について循環動態, 血中 6-keto-PGF_<1α> および Thromboxane B_2濃度を検討した. 供試動物は, ペントバルビタール全身麻酔下のビーグル犬10頭を治療群(n=5)および対照群(n=5)に群分けし用いた. 実験は, 両群にエンドトキシン(Lipopolysaccharide, 3mg/k …

    The Journal of veterinary medical science 57(1), 81-85, 1995-02-15

    Ichushi Web  References (29) Cited by (2)

  • A Therapeutic Effect of Ulinastatin on Endotoxin-Induced Shock in Dogs : Comparison with Methylprednisolone  [in Japanese]

    OKANO S. , TAGAWA Masahiro , URAKAWA Norimoto , OGAWA Ryo

    17頭の全身麻酔下のイヌを用いエンドトキシンショックに対するウリナスタチン(25,000U/kg, i.v.)およびメチルプレドニゾロン(30mg/kg, i.v.)の治療効果を循環動態, アラキドン酸カスケード関連物質および肺表面活性について比較検討した. その結果, 検討項目の変化に対する両薬剤の効果は, ほぼ類似する傾向にあったが, 循環動態の改善とアラキドン酸カスケード関連物質(6-ket …

    The Journal of veterinary medical science 56(4), p645-649, 1994-08

    Ichushi Web  Cited by (2)

  • Effect of change in body position on cardiopulmonary function and plasma cortisol in cattle  [in Japanese]

    TAGAWA M. , OKANO Shozo , SAKO Toshinori , ORIMA Hiromitsu , STEFFEY Eugene P.

    牛を無麻酔下で横臥または仰臥保定した場合の循環器系および呼吸器系に対する影響ならびにストレスの指標である血漿コルチゾール値の変化を調べるために, 立位-右側横臥位-仰臥位-石側横臥位-立位の順に体位変換を行った. 体位変換にともなって血漿コルチゾール値は漸次上昇し, 仰臥保定の時点で対照値の3倍以上にまで有意(P<0.001)に上昇した. 動脈血の酸素分圧(PaO_2)および酸素飽和度(O_ …

    The Journal of veterinary medical science 56(1), p131-134, 1994-02

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • Effect of Dibutyryl Cyclic AMP on Hemodynamics and Chemical Mediators in Dogs with Experimentally-Induced Endotoxic Shock  [in Japanese]

    OKANO S. , TAGAWA Masahiro , URAKAWA Norimoto , OGAWA Ryo

    Dibutyryl cyclic AMP(DBcAMP)のエンドトキシンショックに対する治療効果について検討した. 全身麻酔下で実験的に作出したエンドトキシンショック犬11頭をDBcAMP群5頭およびcontrol群6頭に群分けし用いた. DBcAMP群には, エンドトキシン(3mg/kg)投与前にDBcAMP(10mg/kg)を一回静脈内投与し, さらにエンドトキシン投与後180分にわたってDB …

    The Journal of veterinary medical science 55(6), p1001-1004, 1993-12

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • Changes in Reticuloendothelial Function in Dogs with Endotoxin-Induced Shock  [in Japanese]

    OKANO Shozo , TAGAWA Masahiro , HARA Yasushi , EJIMA Hiroyasu , MOTOYOSHI Shigekatsu , URAKAWA Norimoto , FURUKAWA Kiyonori , ONDA Masahiko , OGAWA Ryo

    7頭の健康なビーグル犬に対し, ペントバルビタールナトリウム全身麻酔下で致死量のエンドトキシン(3mg/kg)を静脈内投与し, エンドトキシンショックモデルを作製し, その網内系機能に対する影響について検討した. 血中エンドトキシン濃度は, 投与直後から急激に高い値を示したが, エンドトキシン投与後360分値においてもいぜん高値(1,051pg/ml)を示した. 網内系貪食能の指標であるlipid …

    The Journal of veterinary medical science 55(4), p607-611, 1993-08

    Ichushi Web 

  • Evaluation of extravascular thermal volume in the lung in dogs with endotoxin-induced shock by double indicator dilution method using heat and sodium ions.  [in Japanese]

    TAGAWA M. , OKANO Shozo , HARA Yasushi , EJIMA Hiroyasu , MOTOYOSHI Shigekatsu , URAKAWA Norimoto , FURUKAWA Kiyonori , ONDA Masahiko , OGAWA Ryo

    熱とナトリウムによる二重指示薬希釈法を原理とした肺血管外水分量測定装置の循環動態を変化させた場合の精度について評価を行い, さらにエンドトキシンショック時の肺血管外水分量の経時的変化についてイヌを用いて検討した, イソプロテレノールまたはプロプラノロールを投与して循環動態に変化を加えた場合においても測定値には影響が認められず, この測定法の精度が高いことが確認できた. また, エンドトキシンショッ …

    The Journal of veterinary medical science 55(1), p87-91, 1993-02

    Ichushi Web  Cited by (4)

  • Prophylactic effect of milbemycin oxime against Dirofilaria immitis infection in dogs: Optimum dose and administration time

    TAGAWA M. , OKANO Shozo , HAYASHI Yoshihiro , KUSANO Kenichi

    42頭のDirofilaria immitis-freeのビーグル犬に100隻ずつのD. immitisの感染幼虫を接種してミルベマイシンオキシムの予防効果について調べた. ミルベマイシンオキシム0.05mg/kgから1.0mg/kgを感染後1ヵ月目に, また0.25mg/kgを感染後1から90日の間に投与したところ, 0.25mg/kg以上のミルベマイシンオキシムを感染後15日から60日の間に投 …

    J. Vet. Med. Sci. 55, 693-694, 1993

    Ichushi Web  Cited by (1)

Page Top