植村 あい子 UEMURA Aiko

Articles:  1-20 of 23

  • 1 / 2
  • Consideration of Guitar Playing Support System Using Web Camera  [in Japanese]

    坂牛 和里 , 植村 あい子 , 村岡 眞伍 , 甲藤 二郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(176), 67-71, 2016-08-08

  • Consideration of Guitar Playing Support System Using Web Camera  [in Japanese]

    坂牛 和里 , 植村 あい子 , 村岡 眞伍 , 甲藤 二郎

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 40(26), 67-71, 2016-08

  • D-11-37 A Guitar Playing Support System using Web Camera Inputs  [in Japanese]

    Sakauhi Airi , Ue mura , Muraoka Shingo , Katto Jiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2016年_情報・システム(2), 37, 2016-03-01

  • A-5-18 Improvement of recognition rates using deep learning in the instruments identification of percussion  [in Japanese]

    Oishi Kotaro , Uemura Aiko , Katto Jiro

    Proceedings of the IEICE Engineering Sciences Society/NOLTA Society Conference 2016年_基礎・境界, 74, 2016-03-01

  • Performance survey of Chord recognition using Harmonic/Percussive Sound Separation as Preprocessor  [in Japanese]

    安田 龍一郎 , 大石 皓太郎 , 植村 あい子 [他]

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(349), 147-152, 2015-12-03

  • Performance survey of Chord recognition using Harmonic/Percussive Sound Separation as Preprocessor  [in Japanese]

    安田 龍一郎 , 大石 皓太郎 , 植村 あい子 [他]

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(350), 147-152, 2015-12-03

  • Performance survey of Chord recognition using Harmonic/Percussive Sound Separation as Preprocessor  [in Japanese]

    安田 龍一郎 , 大石 皓太郎 , 植村 あい子 [他]

    映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report 39(47), 147-152, 2015-12

  • A-10-17 Instrument identification of percussion expanding kinds of target instruments  [in Japanese]

    Oishi Kotaro , Uemura Aiko , Katto Jiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2015年_基礎・境界, 168, 2015-02-24

  • A-15-31 An Audio Live Version Identification System with Audio Scene Detection  [in Japanese]

    Ishikura Kazumasa , Uemura Aiko , Katto Jiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2014年_基礎・境界, 202, 2014-03-04

  • A-10-14 Effect of Training Data and Error Tendency in Music Chord Recognition  [in Japanese]

    Hagiwara Shuichi , Katto Jiro , Uemura Aiko , Ishikura Kazumasa

    Proceedings of the IEICE General Conference 2014年_基礎・境界, 155, 2014-03-04

  • A-10-13 Instrument identification of percussion including unknown instruments  [in Japanese]

    Oishi Kotaro , Katto Jiro , Uemura Aiko , Ishikura Kazumasa

    Proceedings of the IEICE General Conference 2014年_基礎・境界, 154, 2014-03-04

  • デモンストレーション: 音楽情報処理の研究紹介XII  [in Japanese]

    深山覚 , 石倉和将 , 和泉諒 , 岩井憲一 , 植村あい子 , 奥村健太 , 加庭輝明 , 河原英紀 , 小池宏幸 , 須之内元洋 , 竹川佳成 , 土屋政人 , 中村友彦 , 中村亮介 , 濱崎雅弘 , ベンジャミンエバンズ , 堀内俊治 , 松原正樹 , 三浦寛也 , 莱孝之

    本セッションでは,デモンストレーション形式で,音楽情報処理の研究を紹介する.

    IPSJ SIG Notes 2013-MUS-100(13), 1-11, 2013-08-24

    IPSJ

  • Effects of Audio Compression and Downsampling for Chroma Vector and Chord Recognition  [in Japanese]

    植村 あい子 , 石倉 和将 , 甲藤 二郎

    本研究は,音楽情報処理で使用される特徴量クロマベクトルとそれを用いた和音認識について,楽曲の周波数特性の変化の影響を調査する.ダウンサンプリングや圧縮後のデータは周波数特性が変化していることから,音楽要素の認識やコンテンツベースな情報検索の結果に影響を及ぼすことが懸念される.そこで本稿では,ビットレートやサンプリングレートの異なる楽曲に関し,クロマベクトルの解析を行い,その品質について和音認識用デ …

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2013-MUS-99(46), 1-4, 2013-05-04

    IPSJ

  • ライブにおける楽曲の遷移を考慮したリアルタイム楽曲同定システム  [in Japanese]

    石倉和将 , 植村あい子 , 甲藤二郎

    従来のライブバージョン・カバーソング楽曲同定の研究は楽曲1曲全体または曲中の一部をクエリとして同定を行っている。本研究では、楽曲が複数曲連なっており、また、MCなどの非楽曲区間も含まれているようなライブ1公演全体の音声信号を1つのクエリと考え、ライブ特有の特徴や楽曲の遷移などを考慮したリアルタイム楽曲同定システムを提案する。

    第75回全国大会講演論文集 2013(1), 247-248, 2013-03-06

    IPSJ

  • 異なるビットレートの楽曲を用いたクロマベクトルの解析  [in Japanese]

    植村あい子 , 石倉和将 , 甲藤二郎

    本研究は、音楽情報処理で使用される特徴量クロマベクトルとそれを用いた和音認識について、楽曲の圧縮の影響を調査する。楽曲でビットレートが異なる場合、圧縮後のデータは周波数特性が変化していることから、音楽要素の認識やコンテンツベースな情報検索の結果に影響を及ぼすことが懸念される。そこで本稿では、ビットレートを変化させた楽曲のクロマベクトルを算出し、その品質について和音認識用データセット207曲を用いて …

    第75回全国大会講演論文集 2013(1), 49-50, 2013-03-06

    IPSJ

  • ICASSP2012 Report  [in Japanese]

    UEMURA Aiko , TAKEUCHI Masaru

    ICASSPは,IEEEのSignal Processing Societyが毎年開催する信号処理とその応用に関する世界最大の国際会議である.2012年は京都で開催され,日本開催は1986年以来2度目であり,世界中から約2,100名の研究者が参加した.本稿ではICASSP2012参加報告と題し,その模様を報告する.

    The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 66(6), 475-477, 2012-06-01

  • 音楽理論を用いた誤り区間の検出・補正による和音認識  [in Japanese]

    植村あい子 , 甲藤二郎

    本稿では,音楽理論であるDoubly Nested Circle of Fifths(DNCOF)を用いて,従来手法であるクロマベクトルとHMMによる認識で発生する誤り認識の検出・補正を行う.認識誤り時には,HMMで得られる和音候補の2,3位に正解が含まれることが多いため,我々は誤りと推定された区間において,クロマベクトルとDNCOFを併用することでの精度改善を試みる.本稿では誤り区間補正による和 …

    第74回全国大会講演論文集 2012(1), 387-388, 2012-03-06

    IPSJ

  • 音楽理論を用いた誤り区間の検出・補正による和音認識  [in Japanese]

    植村あい子 , 甲藤二郎

    本稿では,音楽理論であるDoubly Nested Circle of Fifths(DNCOF)を用いて,従来手法であるクロマベクトルとHMMによる認識で発生する誤り認識の検出・補正を行う.認識誤り時には,HMMで得られる和音候補の2,3位に正解が含まれることが多いため,我々は誤りと推定された区間において,クロマベクトルとDNCOFを併用することでの精度改善を試みる.本稿では誤り区間補正による和 …

    全国大会講演論文集 2012(1), 387-389, 2012-03-06

    IPSJ

  • A-10-15 Audio Live Version Identification in Real Environment  [in Japanese]

    Ishikura Kazumasa , Uemura Aiko , Katto Jiro

    Proceedings of the IEICE General Conference 2012年_基礎・境界, 200, 2012-03-06

  • Chord Recognition using DNCOF Vector and Chroma Vector  [in Japanese]

    植村 あい子 , 甲藤 二郎

    本稿では,DNCOF ベクトルとクロマベクトルを併用した和音認識手法を提案する.DNCOF ベクトルは楽曲の大まかな和音情報を表すものであり,クロマベクトルによる認識手法へ応用することで認識の向上が期待できる.本研究では,DNCOF ベクトルによって得られた和音情報を活用して,認識精度の向上について検討を行った.In this paper, we propose a chord recogniti …

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2011-MUS-90(5), 1-6, 2011-05-06

    IPSJ

  • 1 / 2
Page Top