栗山 健 KURIYAMA Ken

ID:9000017730470

学研教育総合研究所 Gakken Educational Research Institute (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • Toward the Visualization of Emergence by Discourse Analysis : Emergent Process as Chain of Micro Abductions  [in Japanese]

    SAKAI Kazuo , KURIYAMA Ken

    談話から創発プロセスを可視化する4つの方法を提案する.まず,キーワードとモダリティ表現を抽出し,自己の卵モデルを参考に語句を出現順に配置した表によって,自己組織化臨界現象に似た2種類の創発プロセスを見出した.次に,リバーサル理論における覚醒度を相対累積頻度に対応させて覚醒度の推移を示し,不安状態から快状態への反転図を描いた.さらに,談話を演繹・帰納・アブダクションの3つの推論に分類し,創発ダイアグ …

    Technical report of IEICE. Thought and language 111(320), 71-76, 2011-11-19

    References (10)

  • The Function and Learning of 'Ba' to Give Full Scope to Intellectual Abilities : The Creativity of 'Ba' Induced by Affordance  [in Japanese]

    SAKAI Kazuo , KURIYAMA Ken

    知的能カを発揮する方法としてPDCAサイクルを取り上げて,これを創造的なイノべーションへと導く方法を提案する.はじめに場の概念を導入し,アフォーダンス理論における行為の「曲がり角」での多様性の出現を場の機能として取り入れる.PDCAサイクルを構成する行為の基本プロセスをダイアグラムで表すことによって,場からアフォードされる3つの推論能力を多様な行為を生む要素として表す.これによってやわらかな改善サ …

    IEICE technical report 110(313), 51-56, 2010-11-20

    References (14)

Page Top