参沢 匡将 MISAWA Tadanobu

ID:9000018159227

東京理科大学 Tokyo University of Sience (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 24

  • 1 / 2
  • Analysis of Bid History in Internet Auction and Its Application  [in Japanese]

    MISAWA Tadanobu , KAIFUCHI Bunsei , TAJIMA Takuya , KIMURA Haruhiko

    インターネットオークションはインターネット技術を応用したサービスの1つである.その多くのユーザは商品をより安く入手することを望んでいる.しかしながら入札価格が高騰する状況が多々見られる.特に入札終了時間が近づくにつれて顕著に現れ,突然入札価格が高騰する.そのため,近年インターネットオークションの落札価格の相場などが提供されている.しかし,新しい商品や珍しい商品に関してはデータが存在しない.そこで, …

    Journal of Japan Industrial Management Association 60(1), 19-27, 2009

    J-STAGE References (16) Cited by (1)

  • A Traffic Signal Control Using Self Vicarious Reinforcement Learning  [in Japanese]

    MISAWA TADANOBU , ABE KOJI , SHIMOKAWA TETSUYA , KIMURA HARUHIKO

    現代社会において,交通流の増大による渋滞の発生や事故が増大している.この改善策として信号機による制御が行われている.さらに,近年ではITS(高度道路交通システム)やハイテク信号機の導入などが行われている.また,大規模で複雑なシステムを構築する手法としてマルチエージェントシステムが用いられることが多く,交通信号制御への応用も行われている.しかし,マルチエージェントシステムを適用する場合には,学習に多 …

    IPSJ journal 49(1), 445-456, 2008-01-15

    IPSJ IR References (21)

  • A Study on Environment Recognition Using Change of Several Items  [in Japanese]

    MISAWA Tadanobu , TAKEI Yoshinori , NANTO Hidehito , KIMURA Haruhiko

    電気学会研究会資料. CHS, ケミカルセンサ研究会 2006(1), 35-38, 2006-05-15

    References (6)

  • Emotion Recognition System Using a Pet Robot  [in Japanese]

    TACHI Yoshinobu , TSUJISAWA Narihisa , MISAWA Tadanobu , ABE Koji , KIMURA Haruhiko , NAMBO Hidetaka

    発話者の感情を認識することは,臨場感ある対話システムの開発やケアシステムの作成に役立つ.感情認識の研究には,単語や会話の意味解釈から判別するものや,発話者の音声から判別するものがある.後者は,発話者が特定話者の場合には認識率を向上させることができるが,不特定話者の場合には実用に耐え得ることができなかった.本論文では,ペットロボットをなでながら音声入力をしてもらうことにより,不特定話者の感情認識を行 …

    The IEICE transactions on information and systems 89(3), 447-456, 2006-03-01

    References (10) Cited by (1)

  • A Study on Environmental Recognitions by Odor Sensors Considered on the Concept of Human Senses  [in Japanese]

    MISAWA Tadanobu , TAKEI Yoshinori , NANTO Hidehito , ABE Koji , KIMURA Haruhiko

    Many kinds of chemical sensors have been developed to detect various air-pollutants. Generally sensor systems are composed of plural chemical sensors and a computer, and the systems can derive kinds o …

    IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines 126(3), 107-113, 2006-03-01

    J-STAGE References (7) Cited by (2)

  • Odor sensor agents which infer directions of air pollution in a room  [in Japanese]

    YAMANOKUCHI Takashi , MISAWA Tadanobu , TAKEI Yoshinori , NANTO Hidehito , KIMURA Haruhiko

    The Japanese journal of taste and smell research 12(3), 295-298, 2005-12-01

    References (1) Cited by (1)

  • センサエージェントによる空気汚染方向の推定の改善 (特集 福祉と設備管理)  [in Japanese]

    参沢 匡将 , 竹井 義法 , 南戸 秀仁 [他]

    Journal of the Society of Plant Engineers Japan 17(3), 138-143, 2005-11

  • A Hypothetical Reasoning System Which Considers Failures in Reasonings  [in Japanese]

    YAMANOKUCHI Takashi , MISAWA Tadanobu , KIMURA Haruhiko , OGOSHI Yasuhiro , HIROSE Sadaki

    仮説推論は不完全な知識を扱うことができるので, 設計や診断等の問題解決に有効であるが, 仮説推論を含む非単調推論はNP-完全であることが知られており, 低い推論速度が問題になっている. 本研究では, 推論木のANDノードの解を推論する際に, 左の子と右の子のいずれを先に推論した方が効率がよいかを考察した. 従来の1階述語論理を対象とした全数解を求める仮説推論システムでは, 常に左の子の解を先に推論 …

    The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-I J88-D-I(8), 1247-1256, 2005-08-01

    IR References (28)

  • A Study on Global Environmental Recognition Using Sensor Agent  [in Japanese]

    MISAWA Tadanobu , TAKEI Yoshinori , NANTO Hidehito , KIMURA Haruhiko , OYABU Takashi

    電気学会研究会資料. CHS, ケミカルセンサ研究会 2005(1), 29-32, 2005-06-23

    References (3)

  • Detection of Early Stage of Fire Using A Gas Sensor Array  [in Japanese]

    ISHIGURE Daisuke , TASHIRO Tetsuro , TAKEI Yoshinori , MISAWA Tadanobu , NANTO Hidehito , OYABU Takashi , KASAHARA Hiroshi , IWASAKI Yukiyo

    電気学会研究会資料. CHS, ケミカルセンサ研究会 2005(1), 25-28, 2005-06-23

    References (3)

  • Odor Sensig System for Early Fire Detection and Its Application to Utility Mobile Robot  [in Japanese]

    TASHIRO Tetsuro , TAKEI Yoshinori , MISAWA Tadanobu , KASAHARA Hiroshi , IWASAKI Yukiyo , OYABU Takashi , NANTO Hidehito

    従来からある火災検知器よりも早期に火災を発見するために、留守番用のユーティリティーロボットヘの搭載を視野に入れた半導体式ガスセンサを用い、初期火災検知を目指した。検知方法として、火災の初期段に起こると言われている不完全燃焼時やくん焼時に発生するガスを検知することを考慮し、特性の異なる5種類の半導体式ガスセンサを用い火災検知を行った。その結果得られた燃焼により発生したガスと火災検知の上で外乱となりう …

    Technical report of IEICE. OME 104(483), 5-10, 2004-12-03

    References (4)

  • A Study on Recognition of Environment by Sensor Agent  [in Japanese]

    MISAWA Tadanobu , TAKEI Yoshinori , NANTO Hidehito , KIMURA Haruhiko , OYABU Takashi

    現在,数十万を超える化学物質が製造され,これら化学物質の中には汚染物質も含まれており,環境汚染が注目されている.そこで,これら汚染物質を検知する目的で各種化学センサが開発され,実用に供されている.また,観測結果に対する解析を行うなど,知的処理を行うシステムも開発されている.しかし,さらに高度な処理を行うためには,センサが自律的に動作する必要がある.そこで,本研究ではセンサをエージェントとするが,自 …

    Technical report of IEICE. OME 104(300), 5-9, 2004-09-09

    References (6)

  • Gas discrimination using the Quartz Crystal Microbalance gas sensors  [in Japanese]

    HIGASHI Takatoshi , MIYATAKE Tomoki , NAKA Shintaro , KITADE Yasuto , MISAWA Tadamasa , TAKEI Yoshinori , NANTO Hidehito

    水晶振動子に分子認識膜を塗布させた水晶振動子式ガスセンサを用いた匂いの研究を行っている。分子認識膜を用いることによって様々な匂いが検知できることを見い出し、その中でも膜材料を変えることにより応答が異なることが分かった。そこで膜材料の官能基の違いに着目して分子認識膜を選定したところ、官能基の違いによってガス応答特性が影響されていることが分かった。そこでアクリル酸、スチレン、アリルアミン、メタクロレイ …

    Technical report of IEICE. OME 104(300), 1-4, 2004-09-09

  • A Method of Determining the Number of ATMs by an Agent Model  [in Japanese]

    ABE Takehiko , TAJIMA Takuya , MISAWA Tadanobu , ISHII Kazuyoshi , KIMURA Haruhiko

    Journal of the Japan Society for Management Information 13(2), 37-53, 2004-09

    NDL Digital Collections

  • A Study on Owner Distinction Method for Healing-Type Pet Robots : Introduction of Zero Data  [in Japanese]

    MISAWA Tadanobu , NOZAWA Toyoichi , KIMURA Haruhiko , NAKANO Yasuhide

    近年,ペットロボットのようなコミュニケーションロボットに関する研究が行われ,その一つの機能として,飼い主判別が挙げられる.現在提案されている飼い主判別手法では,圧力型触覚センサの反応パターンから飼い主判別を行っているが,反応していない部分にも飼い主に関する情報が含まれている可能性がある.そこで,本研究ではゼロデータの概念を導入し,この可能性の確認を行う.また,これにより飼い主判別の認知度が向上する …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 87(3), 429-435, 2004-03-01

    References (8) Cited by (2)

  • Owner Distinction Method for Healing-Type Pet Robots  [in Japanese]

    KAMIMIYA Takashi , KIMURA Haruhiko , MISAWA Tadanobu , NAMBO Hidetaka , NAKANO Yasuhide

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 86(6), 412-420, 2003-06-01

    References (7) Cited by (6)

  • High Speed Optimization Method on Cost-Based Abduction Using Improved Hill Climbing Algorithm  [in Japanese]

    KOSHINO Makoto , MISAWA Tadanobu , KIMURA Haruhiko , HIROSE Sadaki

    本論文では,コストに基づく仮説推論における最適解法の手法として,山登り法を改良した手法を提案する.また,回路の故障診断問題に適用し,従来の高速化を実現したA^*アルゴリズムによるコストに基づく仮説推論システムとの比較実験を行い大幅な速度向上を実現できることを示す.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 86(1), 39-43, 2003-01-01

    IR References (16)

  • センサエージェントによる空気汚染方向の推定 (特集 知的センシング技術と設備管理)  [in Japanese]

    参沢 匡将 , 木村 春彦 , 大薮 多可志

    Journal of the Society of Plant Engineers Japan 14(2), 108-115, 2002-08

    Cited by (2)

  • The Owner Distinction Method for Pet Robots  [in Japanese]

    KAMIMIYA Takashi , MISAWA Tadanobu , NAMBO Hidetaka , KIMURA Haruhiko , NAKANO Yasuhide

    ペットロボットと呼ばれる家庭用ロボットの開発が進み, 一般家庭向けにも販売されるようになってきた.ペットロボットとは犬や猫などの愛玩動物を真似て作られたもので, その容姿やしぐさを真似ることであたかも実際の動物であるかのように振る舞うロボットのことである.ペットロボットは現実の動物よりも衛生・安全性の面で優れているため, 入院患者や独居老人の心を癒すことができる癒しロボットとしても注目されている. …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 101(419), 21-26, 2001-11-08

    References (6)

  • Multi Agent-based Traffic Signal Control for the Decrease of Stop Conditions  [in Japanese]

    MISAWA Tadanobu , KODAKE Tsuyoshi , KIMURA Haruhiko

    現代社会において, 交通流の増大による渋滞の発生や事故の増大が顕著となっている.この改善策として信号機群による制御が行われている.しかし, 地理的に分散する信号機群を制御するためには, 大規模で複雑なシステムが必要となる.このような大規模で複雑なシステムを構築する手法としてマルチエージェントシステムがあり, 交通信号制御問題に応用した多くの研究がなされている.しかし, すべての研究において評価の対 …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 101(419), 1-6, 2001-11-08

    References (14)

  • 1 / 2
Page Top