有田 未来 Arita Miku

ID:9000018329586

医療法人同愛会博愛病院リハビリテーション科 Department of Rehabilitation,Douaikai Hakuai Hospital (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • Development of a training material using symmetrical figures of colored blocks to improve visual reasoning in a child with visuospatial cognitive impairment  [in Japanese]

    稲田 勤 , 有田 未来 , 西森 有紗

    発達障害,アスペルガー症候群,視空間認知障害の疑いのある女児について,視空間認知と視覚的推理の訓練を行った.視空間認知訓練は稲田,有田の色積木構成課題を用いた.視覚的推理訓練は,色積木見本の対称図形を構成する課題を作製した.訓練前後の変化の指標として,視空間認知はWISC-4の積木模様の評価点,視覚的推理はWISC-4の行列推理の評価点を選択した.さらに,WISC-4の知覚推理の合成得点も指標とし …

    高知リハビリテーション学院紀要 = Journal of Kochi Rehabilitation Institute (14), 13-17, 2013-03-31

    IR 

  • Development of a training material using 3-dimensional construction of colored blocks to improve visual reasoning in children with visuospatial cognitive impairment  [in Japanese]

    稲田 勤 , 有田 未来 , 西森 有紗

    視空間認知障害児に対して,色積木の立体構成による視覚的推理向上を目的とした訓練教材を開発し,2症例に対して訓練を行った.訓練効果の測定は,WISC-4の知覚推理の合成得点を用いた.また,視空間認知と視覚的推理を比較するために,視空間認知の指標としてWISC-4の積木模様の評価点,視覚的推理の指標として行列推理の評価点を選択した. 結果,症例1では,知覚推理+17,積木模様+2,行列推理+3であった …

    高知リハビリテーション学院紀要 = Journal of Kochi Rehabilitation Institute (14), 7-12, 2013-03-31

    IR 

  • Development of a training material using symmetrical figures of colored blocks to improve visual reasoning in a child with visuospatial cognitive impairment  [in Japanese]

    Inada Tsutomu , Arita Miku , Nishimori Arisa

    発達障害,アスペルガー症候群,視空間認知障害の疑いのある女児について,視空間認知と視覚的推理の訓練を行った.視空間認知訓練は稲田,有田の色積木構成課題を用いた.視覚的推理訓練は,色積木見本の対称図形を構成する課題を作製した.訓練前後の変化の指標として,視空間認知はWISC-Ⅳの積木模様の評価点,視覚的推理はWISC-Ⅳの行列推理の評価点を選択した.さらに,WISC-Ⅳの知覚推理の合成得点も指標とし …

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 14(0), 13-17, 2013

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Development of a training material using 3-dimensional construction of colored blocks to improve visual reasoning in children with visuospatial cognitive impairment  [in Japanese]

    Inada Tsutomu , Arita Miku , Nishimori Arisa

    視空間認知障害児に対して,色積木の立体構成による視覚的推理向上を目的とした訓練教材を開発し,2症例に対して訓練を行った.訓練効果の測定は,WISC-Ⅳの知覚推理の合成得点を用いた.また,視空間認知と視覚的推理を比較するために,視空間認知の指標としてWISC-Ⅳの積木模様の評価点,視覚的推理の指標として行列推理の評価点を選択した. 結果,症例1では,知覚推理+17,積木模様+2,行列推理+3であった …

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 14(0), 7-12, 2013

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Study of the mental images triggered in individuals receiving additional information from verb symbols  [in Japanese]

    Sakuragi Rie , Inada Tsutomu , Kochi Masato , Arita Miku , Yoshimura Chisako , Fukudome Risa , Shiomi Masashi , Ishikawa Yuji

    本研究では,動詞を表すシンボルについて,シンボルの受信者側が,ノーマルのシンボル,具体物を追加したシンボル,動きを表わす線(動線)を追加したシンボルから受けるイメージを比較するために,成人を対象として,動詞に相当するシンボルのイメージ測定を行った.結果,ノーマルシンボルと具体物を追加したシンボルでは,15語中13語に有意差が認められ,具体物を追加したシンボルの方が高い評定値を示した.また,ノーマル …

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 12(0), 21-24, 2011

    IR  J-STAGE 

  • Development of teaching materials for children with visuo-spatial agnosia  [in Japanese]

    Inada Tsutomu , Arita Miku

    視空間認知障害をもつ小児のための色積木を用いた訓練教材を開発し,3症例に対して訓練を行った.評価はK-ABCの処理過程尺度の同時処理,下位検査項目の絵の統合,模様の構成,位置さがしを評価基準とし,また,3項目の総合得点を空間得点として使用した.結果,3症例の各指標の平均変化は,同時処理+17.33,空間得点の絵の統合+2.00,模様の構成+3.67,位置さがし+4.33,空間得点+8.33であった …

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 12(0), 7-12, 2011

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Development of a program to assist Japanese children having difficulty learning Roman characters  [in Japanese]

    Inada Tsutomu , Arita Miku

    ローマ字学習指導プログラムのチャートおよび清音,濁音,ヘボン式の「SHI,CHI,TSU,FU」,拗音の訓練シートを作成し,2症例に対して,ローマ字学習訓練を行った.結果,症例1では,全体で平均65.0%の習得率を示した.症例2では,全体で平均72.5%の習得率を示した.2症例に共通してみられたことは,ヘボン式の「SHI,CHI,TSU,FU」の書き取りで弁別訓練を行ったことであった.2症例の相違 …

    Journal of Kochi Rehabilitation Institute 12(0), 1-5, 2011

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top