永見 慎輔 Nagami Shinsuke

ID:9000018697237

川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科 Department of Sensory Science, Faculty of Health Science and Technology, Kawasaki University of Medical Welfare (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-10 of 10

  • Efficacy of Mental Rehearsal Method for an Adult Stutterer:—Evaluation Using a Stuttering Test—  [in Japanese]

    Fukunaga Shinya , Shiomi Masashi , Tokida Haruki , Ikeno Masahiro , Yano Jitsuro , Nagami Shinsuke

    <p>成人吃音者1例に対し年表方式のメンタルリハーサルを行い,訓練前後で吃音検査法ならびに,談話場面に対する反応の自己評定,エゴグラムを実施して訓練の効果を調べた.<br>症例は3歳で発吃した21歳の男子大学生,吃音の進展段階は第4層で,自由会話時に中-重度の吃音があった成人である.吃音検査法の発話サンプルのうち,訓練前後で比較可能であった自由会話,情報聴取,単語音読,文音 …

    The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 60(2), 162-169, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Trends and practices in dysphagia rehabilitation training methods  [in Japanese]

    Nagami Shinsuke , Fukunaga Shinya , Toda Atsushi

    <p><tt>現在,誤嚥性肺炎は我が国における重要な社会問題であり,その多くの罹患者が高齢者とされている.摂食嚥下障害を発症した際には,速やかに摂食嚥下リハビリテーションを開始する必要があり,国際的に様々な方法論と手法が選択されている.しかし,その方法論は国際的に明確なコンセンサスが得られておらず,より戦略的な摂食嚥下リハビリテーションが展開される必要がある.近年,医療機器 …

    Journal of allied health sciences 9(2), 134-141, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Efficacy of the verbal fluency task in patients with Alzheimer's disease  [in Japanese]

    Toda Atsushi , Nagami Shinsuke , Fukunaga Shinya

    <p><b>言語流暢性課題は比較的簡便に実施できることから,認知症のスクリーニング検査として多くの医療・福祉現場で使用されている.また近年の神経機能画像法の進歩により,課題中の脳活動部位が明らかとなり認知機能との関連が検討されている.結果の解釈においては,想起語数だけでなく語の検索ストラテジーなど,質的側面についての研究も盛んになっている.本稿では,言語流暢性課題の特徴や軽 …

    Journal of allied health sciences 9(2), 142-148, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Influence of Cognitive Function and Vitality on Feeding and Swallowing Functions in Care Needing Elderly Patients : Using the Quantitative Analysis of Videofluoroscopic Imaging  [in Japanese]

    福永 真哉 , 池野 雅裕 , 時田 春樹 , 塩見 将志 , 永見 慎輔

    本研究では,要介護高齢者の認知機能と意欲が摂食嚥下機能に及ぼす影響を検討した.研究対象は,摂食嚥下障害の疑いで認知機能検査,意欲検査と嚥下造影検査を実施した介護老人保健施設入所の要介護高齢者20名とした.対象者の多くに脳血管障害の既往が認められた.研究方法は,認知機能検査である N式老年者用精神状態尺度,改訂長谷川式簡易知能スケール,臨床的注意評価スケールと意欲検査である Vitality ind …

    川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal 28(1), 213-219, 2018

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Evaluation of Swallowing Function by Nutrient Supplement : Relationship of Subjective Assessment, Objective Assessment and Food Texture  [in Japanese]

    池野 雅裕 , 永見 慎輔 , 福永 真哉

    摂食嚥下障害では栄養摂取が困難となり,補助栄養を摂取することが多い.しかし,補助栄養食品ごとの物性は様々であり,選定は慎重に行わなければいけない.本研究では,補助栄養で使用するゼリー(以下,嚥下ゼリー)の物性を測定し,味,飲み込みやすさ,硬さ,べたつきの主観的評価と凝集性,付着性,硬さの客観的評価の関連性を検討した.対象は摂食嚥下障害の主訴および神経学的,器質的疾患の既往のない健常成人25例あった …

    川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal 28(1), 97-103, 2018

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Relation of Cognitive Dysfunction with Feeding and Swallowing Functions in Vascular Dementia : Using the Quantitative Analysis of Videofluoroscopic Imaging  [in Japanese]

    福永 真哉 , 池野 雅裕 , 時田 春樹 , 永見 慎輔

    本研究では,嚥下造影(以下 VF)画像の定量的指標と機能的自立度評価表(以下 FIM)の認知項 目ならびに全般的な認知機能検査である改訂版長谷川式認知機能スケール(以下 HDS-R)の三つの 評価を用いて,脳血管性認知症患者の認知機能障害と摂食嚥下機能障害の関連を検討した.対象は, 摂食嚥下障害を主訴としてリハビリテーション病院に入院し,VF 検査,FIM の認知項目と HDS-R が同時期に実施 …

    川崎医療福祉学会誌 = Kawasaki medical welfare journal 27(1), 139-146, 2017

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Pathophysiology of impaired swallow in respiratory diseases  [in Japanese]

    越久 仁敬 , 永見 慎輔

    呼吸器内科 = Respiratory medicine 29(2), 155-159, 2016-02

    Ichushi Web 

  • Changes in swallowing dynamics associated with different food properties  [in Japanese]

    永見 慎輔 , 八木 直美 , 魚住 龍史 , 山懸 誉志江 , 田中 信吾 , 伊藤 圭子 , 平位 知久 , 延原 浩 , 森田 智視 , 高橋 良輔 , 栢下 淳 , 越久 仁敬

    嚥下医学 : 日本嚥下医学会学会誌 = Deglutition : the official journal of the Society of Swallowing and Dysphagia of Japan 5(2), 206-213, 2016

    Ichushi Web 

  • Noninvasive Acoustic Monitoring System for Swallowing Aspiration  [in Japanese]

    Yagi Naomi , Nagami Shinsuke , Ueno Hiroshi , Yabe Toru , Oke Yoshihiko , Oku Yoshitaka

    Dysphagia is a common symptom in many neurological disorders of the swallowing function. In the current clinical practice, diagnosis of dysphagia is based on video fluorographic images of the bolus mo …

    Proceedings of the Japan Joint Automatic Control Conference 57(0), 2002-2005, 2014

    J-STAGE 

  • 新生児聴覚スクリーニング検査を pass した両側難聴児11例の検討  [in Japanese]

    井口 郁雄 , 江草 憲太郎 , 花川 浩之 , 永見 慎輔 , 佐藤 朋子 , 柳井 真由美 , 天地 真顕

    AUDIOLOGY JAPAN 53(5), 499-500, 2010-10-15

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

Page Top