猪 健志 INO Takeshi

ID:9000018770232

北里大学大学院医療系研究科 Doctoral Program of Medical Science, Kitasato University Graduate School (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • Efficacy of Takushato on Patients with Dizziness and Vertigo in Relation to Signs and Symptoms of Fluid Retention  [in Japanese]

    OIKAWA Tetsuro , YONETA Yoshitaka , HYUN Sea-Bong , ODAGUCHI Hiroshi , WAKASUGI Akino , INO Takeshi , HASHIGUCHI Kazuhiro , TAKIGUCHI Yoichiro , HANAWA Toshihiko

    沢瀉湯は,水毒徴候を目標としてめまいに用いられる。しかし,水毒徴候の改善が沢瀉湯の臨床効果に繋がっているか,未だ明確ではない。そこで,沢瀉湯投与症例における症状などの改善度と,水毒徴候の改善度との関連について検討した。沢瀉湯を4週間投与しためまい患者20名に対し,自覚症状に関するアンケート調査や水滞スコア判定,各種平衡機能検査を施行,これらをスコア化したのち,投与前後における各項目間の関連につき統 …

    Kampo Medicine 62(5), 615-620, 2011-09-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (7)

  • Three Cases of Dizziness and Vertigo Successfully Treated with Takushato  [in Japanese]

    OIKAWA Tetsuro , YONETA Yoshitaka , HYUN Sea-Bong , INO Takeshi , YASHIRO Shinobu , TAKAHASHI Yuko , HASHIGUCHI Kazuhiro , TAKIGUCHI Yoichiro , HANAWA Toshihiko

    日常診療でめまいを訴える患者は多いが,標準的治療は確立されていない。今回,沢瀉湯の投与でめまいが改善した症例を提示する。症例1は38歳,女性。2年前から船酔いのようなめまいが出現,最近になり悪化した。沢瀉湯を処方,1カ月後めまいは改善した。咽中炙臠を訴えたため半夏厚朴湯加蒼朮沢瀉に転方,約2カ月後めまいはほぼ消失した。症例2は61歳,女性。4カ月前にもめまいがあった。MRIで異常なく症状も軽快して …

    Kampo Medicine 61(3), 331-336, 2010-05-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (15) Cited by (2)

Page Top