矢野 雅彦 YANO Masahiko

ID:9000019062235

徳島赤十字病院眼科 Department of Ophthalmology, Tokushima Red Cross Hospital (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • A case of metastatic choroidal tumor originated from primary testicular cancer  [in Japanese]

    MINATO Mana , MIYAMOTO Tatsuro , YANO Masahiko , KASAI Toshinori , NARODA Takushi , UEMA Kenzo , ISHIKURA Hisashi , KIMURA Suguru , YAMASHITA Michiko , FUJII Yoshiyuki

    Folia japonica de ophthalmologica clinica 3(4), 358-361, 2010-04-15

    Ichushi Web  References (12)

  • Outcome of scleral buckling for rhegmatogenous retinal detachment  [in Japanese]

    湊 真奈 , 櫻山 ゆう子 , 矢野 雅彦

    目的:裂孔原性網膜剥離に対する強膜内陥術の手術成績の報告.対象および方法:2006年1月から2008年12月までの3年間に,徳島赤十字病院眼科で強膜内陥術を施行した裂孔原性網膜剥離98例103眼について手術成績を検討した.患者は男性61例65眼,女性37例38眼,年齢は14~78歳であった.術式は,全例に対し強膜半層切開,強膜ジアテルミー凝固,シリコンタイヤのインプラントを行った.87眼に網膜下液 …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 15(1), 5-8, 2010-03-25

    IR  Ichushi Web 

  • Outcome of scleral buckling for rhegmatogenous retinal detachment  [in Japanese]

    大木 弥栄子 , 宮本 龍郎 , 矢野 雅彦

    臨床眼科 61(4), 631-633, 2007-04

    Ichushi Web 

  • Conjunctival Sac Bacterial Flora and Sensitivity to Drugs in Patients Scheduled for Ophthalmic Surgery at Our Hospital  [in Japanese]

    宮本 龍郎 , 大木 弥栄子 , 香留 崇 , 矢野 雅彦

    眼表面には多くの常在菌が存在し,これらは角結膜感染症や眼内手術後の感染症の原因と考えられており,結膜嚢内細菌叢の検索はきわめて重要である.今回徳島赤十字病院眼科で2005年4月から2006年9月までの18ヶ月間に施行された眼科手術497例669眼を対象に結膜嚢内細菌叢を検索した.498眼(74.4)に菌が検出され,総株数は536株であった.表皮ぶどう球菌を代表とするCoagulase negati …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 12(1), 25-30, 2007-03-01

    IR  Ichushi Web  Cited by (2)

  • Operative Results for Rhegmatogenous Retinal Detachment  [in Japanese]

    大木 弥栄子 , 宮本 龍郎 , 香留 崇 , 矢野 雅彦

    2004年1月から12月までの1年間に,徳島赤十字病院眼科で強膜内陥術を施行した裂孔原性網膜剥離47例47眼(男性28眼・女性19眼,年齢14~76歳)について,手術成績を検討した.初回復位率は93.6%(44眼),最終復位率は100%(47眼)と良好であった.当院では,裂孔原性網膜剥離に対して,強膜ジアテルミー,シリコンインプラント,輪状締結術を行っている.本術式は完成された術式であり,習熟した …

    徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 11(1), 33-36, 2006-03-01

    IR  Ichushi Web 

Page Top