中西 省太 NAKANISHI Shota

ID:9000019183700

大阪大学接合科学研究所 (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-6 of 6

  • Observations of arc plasma behavior in MIG Welding Aluminum  [in Japanese]

    NAKANISHI Shota , TSUJIMURA Yoshihiro , TANAKA Manabu

    GMA溶接において、ワイヤ及び母材から発生する金属蒸気がアークプラズマ中へ混入することで、プラズマ状態に大きな変化が生じることが知られている。そこで本研究ではアルミニウムのMIG溶接におけるプラズマ中の金属蒸気の挙動を明らかにする為に実験を行い,温度分布及び濃度分布を解析した。

    Preprints of the National Meeting of JWS 93, 130-131, 2013-08-12

    J-STAGE  References (3)

  • Basic study on reuse of arc radiation  [in Japanese]

    IKEDA Takahiro , SAKAI Daisuke , NAKANISHI Shota , MATUI Sho , TANAKA Manabu

    アーク溶接中非常に強い光が発生しており、数値シミュレーションによりエネルギー損失の内のほぼすべてが放射損失であることが判明している。そこで本研究では、輻射のエネルギー損失に着目し、エネルギー損失を改善することで高品質、かつ能率の良い新しい溶接法を開発することを目的としている。

    Preprints of the National Meeting of JWS 93, 122-123, 2013-08-12

    J-STAGE  References (1)

  • Effect on thermal efficiency of MAG welding caused by difference in base metal shapes  [in Japanese]

    FUJIYAMA Shoji , ABE Shinya , NAKANISHI Shota , TANAKA Manabu

    本研究では母材形状がマグ溶接の熱効率に与える影響を考察した.マグ溶接で平板およびT継手の鋼材を溶接したときの熱効率を実験的に測定,比較した.その結果,T継手では,平板と比較してアークと母材が接触する面積が増加し,熱効率が向上すると結論付けた.

    Preprints of the National Meeting of JWS 93, 120-121, 2013-08-12

    J-STAGE  References (3)

  • Effects of Shielding Gas on Plasma Temperature in TIG Arc  [in Japanese]

    SAKAI Daisuke , NAKANISHI Shota , TANAKA Manabu

    TIG溶接においてシールドガスを変化させたときプラズマ温度が変化する.本研究では,シールドガス組成がプラズマ温度に与える影響についての基礎的な理解を目的に,非接触式温度測定法として代表的な分光分析法を用いて実験観察を行ったので報告する.

    Preprints of the National Meeting of JWS 93, 60-61, 2013-08-12

    J-STAGE  References (2)

  • A Study of Heat Transfer Phenomena in Gas Tungsten Arc Welding  [in Japanese]

    KODAMA S. , SUGIURAI K. , TSUJIMURA Y. , TANAKA M. , KASUYA T.

    アルゴンアークに対しヘリウムアークは、溶融池近傍のプラズマ温度が低下し、溶融池表層の温度が増加することが知られている。そこで、金属蒸気の発生を考慮した数値解析により、母材熱輸送現象に及ぼす電流密度及び熱伝導率の影響を考察した。

    Preprints of the National Meeting of JWS 91, 332-333, 2012-09-03

    J-STAGE  References (3)

  • Influence of metal vapor on plasma behavior in Gas Tungsten Arc Welding  [in Japanese]

    NAKANISHI Shota , SUGIURA Kazuki , TSUJIMURA Yoshihiro , TANAKA Manabu , KODAMA Shinji

    本研究では,分光分析法を用いてGTAの二次元的な温度分布測定を行い、同時に電子密度の測定を行うことで絶対的な濃度分布の時間変化の観察を行った。これを通じて金属蒸気がプラズマに与える影響を検討すること,およびプラズマ中において金属蒸気が輸送されるメカニズムの解明を行った。

    Preprints of the National Meeting of JWS 91, 328-329, 2012-09-03

    J-STAGE  References (3)

Page Top