杉山 高秀 Sugiyama Takahide

Articles:  1-1 of 1

  • REVIEW OF A 14-YEAR EXPERIENCE OF AUGMENTATION ENTEROCYSTOPLASTY:Observations on Bowel Dynamics

    Esa Atsunobu , Uchida Akihiko , Kiwamoto Hiro , Ohnishi Norio , Sugiyama Takahide , Park Young-Choi , Akiyama Takahiro , Kurita Takashi

    各種萎縮膀胱, 神経因性膀胱に対する腸管利用による膀胱拡大術は, 腎機能保持・尿失禁治療における有用性, また長期成績の向上から積極的に行なわれるようになってきた.<br>今回, 我々は当教室において経験した膀胱拡大術の臨床成績について追跡調査した. 1975年5月近畿大学医学部泌尿器科学教室開設以来, 現在までに膀胱形成術を施行した15例(男:2例, 女:13例, 年齢4~65歳) …

    The Japanese Journal of Urology 81(5), 713-718, 1990

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top