宮尾 則臣 Miyao Noriomi

Articles:  1-1 of 1

  • CLINICAL STUDY OF PENILE CANCER

    Miyao Noriomi , Kumamoto Yoshiaki , Tsukamoto Taiji , Ohmura Kiyotaka , Yamazaki Kiyohito , Iwasawa Masahiko

    1968年以降に当科において経験した陰茎癌症例のうち, 一定の治療を完了した14例を対象に原発巣に対する治療効果およびリンパ節転移を有する症例に対する治療効果を検討した.<br>その結果原発巣に対する治療として peplomycin あるいは bleomycin と放射線併用療法を施行した10例のうち9例において原発巣における癌細胞の消失を認めた. また, 最終的に陰茎の保存を行なった …

    The Japanese Journal of Urology 81(10), 1550-1554, 1990

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (3)

Page Top