森 博雄 MORI Hiroo

ID:9000020401510

川崎医科大学内科 The Department of Internal Medicine, Kawasaki Medical School (1987年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of multiple myeloma with erythema elevatum diutinum.  [in Japanese]

    INOUE Nobumasa , OHTSUKI Takemi , MORI Hiroo , SUGIHARA Takashi , YAWATA Yoshihito , MANNOJI Masakiyo , TAKEMOTO Yoshinobu , TOGAWA Atsushi

    多発性骨髄腫(MM)に持続性隆起性紅斑(EED)を合併した1例を報告する.症例は66才の男性.皮疹を主訴とし来院, EEDと診断されるが,初診時よりみられたIgAλ型のM蛋白が増加し, MMの病態を完成させるに至った.種々の化学療法を施行したがいずれも一時的な効果のみで,全経過4年2カ月で死亡した. EEDに免疫グロブリン異常が合併することは知られているが, MMを合併した報告は現在 …

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 76(4), 588-589, 1987

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top