大木 篤 OHKI Atsushi

ID:9000020402934

神戸大学医学部内科学第二講座 The Second Department of Internal Medicine, Kobe University School of Medicine (1978年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • SERUM AMYLASE ACTIVITY, AMYLASE TO CREATININE CLEARANCE RATIOS AND SERUM AMYLASE ISOENZYME IN PATIENTS WITH CHRONIC RENAL INSUFFICIENCY  [in Japanese]

    OKANO Kuniyasu , BABA Shigeaki , OTSUKI Makoto , MAEDA Mitsuo , YAMASAKI Tomio , SAKAMOTO Choitsu , OHKI Atsushi , SAEKI Susumu , YUU Hosai , KANDA Tsutomu

    腎不全患者に発現する高アミラーゼ血症に関してアミラーゼクリアスラン/クレアチニンクリアランス比 (Cam/Ccr) およびアミラーゼアイソザイムの面より検討をおこなつた. 腎不全患者および血液透析患者において高頻度に高アミラーゼ血症が認められたが, アミラーゼアイソザイムの解析でこれらはすべて正常パターンであることが明らかにされ, 膵炎の合併は否定された. 急性膵炎で上昇する Cam/Ccr は …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 75(11), 1825-1831, 1978

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top