金子 栄蔵 KANEKO Eizo

ID:9000020411942

浜松医科大学第1内科 The First Department of Internal Medicine, School of Medicine, Hamamatsu University (1985年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The effect of gastric ulcer produced by topical procedure on gastric secretion in conscious fistula dogs, with special reference to the role of adrenoceptor.  [in Japanese]

    KUMAGAI Junichi , KANEKO Eizo

    胃瘻犬に覚醒下で局所操作により胃潰瘍を作成し, それの胃液分泌に及ぼす影響を検討した. 胃潰瘍の作成は胃瘻よりファイバースコープを挿入し注射針で酢酸を粘膜下層に注入する, あるいは胃瘻より電気メスを挿入し焼灼し作成した. 胃液分泌はテトラガストリン持続静脈内投与刺激下で検討した. 胃潰瘍作成後酸分泌量は10分後より, また液量は20分後より有意の減少がみられ, いずれも60分後の実験終了時まで持続 …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 82(1), 9-17, 1985

    J-STAGE 

Page Top