中積 泰人 NAKAZUMI Yasuto

ID:9000020428221

金沢大学医学部第三内科 The Third Department of Internal Medicine, School of Medicine, Kanazawa University (1989年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of congenital intercoronary communication.  [in Japanese]

    YOSHIO Hiroyuki , NAKAZUMI Yasuto , MATAUDA Tamotsu , SHIMIZU Masami , SUEMASTU Testuo , KITA Yoshito , SHIMADA Toshimi , KONISHI Kensho , NITTA Yutaka , NUNOMURA Tadahiro , TAKEDA Ryoyu

    症例は58才女性,心電図異常精査のため施行した冠動脈造影にて,左回旋枝と右冠動脈後外側枝をつなぐ径約1.2mmの交通枝が見いだされたが,両冠動脈に器質的狭窄を認めず,エルゴノビン負荷にてもspasmが誘発されなかった.正常冠動脈間の交通枝は,本邦第1例であり,またエルゴノビン負荷を施行した最初の先天性冠動脈間交通症と思われるので報告する.

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 78(5), 680-681, 1989

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top