宇田川 晃一 UDAGAWA Akikazu

ID:9000020429155

千葉県こども病院形成外科 Department of Plastic and Reconstructive Surgery, Chiba Children's Hospital (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • RELATION BETWEEN THE WIDTH OF THE ALVEOLAR CLEFT AND GROWTH CHANGES IN THE MAXILLARY DENTAL ARCH IN CHILDREN WITH BILATERAL CLEFT LIP AND PALATE  [in Japanese]

    NODA Maki , HOSAKA Yoshiaki , UDAGAWA Akikazu , SUZUKI Hiroyuki , KURABAYASHI Hitomi

    口蓋裂手術の予後を決定するものとして多くの因子が関与しており,元々の顎裂の重症度もその一因子と考えられる.そこで今回われわれは,上顎歯槽模型による両側唇顎口蓋裂児の顎裂幅の程度と上顎歯槽弓形態の成長変化の関連性についてに比較検討を行った.対象は当院で治療を行った両側唇顎口蓋裂患者のうち,口蓋形成術前,乳歯列期に適切な上顎歯槽模型を採取し得た患者10例とした.左右の顎裂幅の合計が,10mm以下の群( …

    Journal of The Showa Medical Association 70(1), 82-89, 2010

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top