中嶋 征男 NAKAJIMA Masao

ID:9000020476074

千葉大学医学部第一内科 First Department of Medicine, Chiba University Hospital (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • EFFECT OF CHRONIC ETHANOL FEEDING ON THE AMOUNT OF PHENOBARBITAL INDUCIBLE FORM OF CYTOCHROME P-450 AND ITS LOCALIZATION IN THE HEPATIC LOBULE OF THE RAT  [in Japanese]

    OHNISHI Kunihiko , KONO Kunihiko , OHTSUKI Toshio , NAKAJIMA Masao , ISHII Hiromasa , OKUDA Kunio , MISHIMA Akihiko , HATANO Hitoshi , SAITO Masayuki , NAKAYAMA Takatsune , HIYAMA Yoshiaki , TSUCHIYA Seiji , NOMURA Fumio , 岩間 章介

    フェノバルビタールで誘導されるPB-チトクロームP-450がアルコール飲用ラット肝でふえるか, また肝小葉内のどこの部位でふえるかを一元平板免疫拡散法と直接蛍光抗体法を用いて明らかにした. PB-チトクロームP-450量はコントロールラット肝に比して約4.3倍に増加した. PB-チトクロームP-450に対する特異蛍光は肝細胞の細胞質内にみられ, コントロールラット肝では弱く, 肝小葉中心部でわずか …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 80(6), 1281-1287, 1983

    J-STAGE 

Page Top