佐藤 誠 SATO Makoto

ID:9000020483484

徳島大学歯学部予防歯科学教室 Department of Preventive Dentistry, School of Dentistry, The University of Tokushima (1985年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-3 of 3

  • Properties of Streptococcus mutans from fissures of rat molars.  [in Japanese]

    OZAKI Fumiko , TAKEI Keiichi , OKADA Shogoro , SATO Makoto , NAKAMURA Ryo , NAKAGAWA Noboru , DOI Makito , TSURUMIZU Takashi

    <I>Streptoceccus mutans</I> (以後<I>S. mutans</I>と略す) の裂溝深部への侵入, 定着の様態を調べるため, 臼歯の萌出直後から経時的にラットの口腔内及び摘出臼歯裂溝深部細菌叢の検索を行なったところ, 裂溝深部から非常に特異的な集落形態を示す<I>S. mutans</I>が分離された …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 35(5), 704-712, 1985

    J-STAGE 

  • Effective immunity to dental caries by local immunization with cell surface substance extracted from Streptococcus mutans.

    SATO Makoto , TSURUMIZU Takashi , NAKAGAWA Noboru , DOI Makito , HASHIMOTO Takashi , OZAKI Fumiko , NAKAMURA Ryo

    <I>Streptcoccus mutans</I> NCTC 10449株より抽出した菌体表層成分を免疫原として用い, そのう蝕予防効果についてハムスターを用いて実験を行なった。免疫には水酸化アルミニウムをアジュバントとして, 離乳前に2回頬嚢部の皮下に接種を行なった。免疫を受けたハムスターには, <I>S. mutans</I> NCTC 104 …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 35(1), 2-7, 1985

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Evaluation of a school dental health program in the Horie district of Tokushima prefecture.  [in Japanese]

    SATO Makoto , OTSUKA Makoto , TOMOBE Yoshiaki , WADA Akito , MATSUSHIMA Hiroshi , TAKASE Keisuke , NAKAMURA Ryo

    昭和56年7月から2年間, 徳島県鳴門市堀江幼稚園児および小学1年生を対像として学校歯科保健活動を実施し, 幼若永久歯である第1大臼歯ならびに永久切歯群に対するう蝕予防効果について調査を行ない, 堀江北地区の同年齢児の状態と比較検討を行なった。<BR>活動開始時には, 南の小学1年生のう蝕罹患者率や1人平均う歯数は北に比べて極めて悪い状態にあったが, 2年後には, う蝕罹患状態に南北間 …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 34(3), 157-166, 1984

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top