石井 宏昭 ISHII Hiroaki

ID:9000020487710

First Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Tsurumi University, School of Dental Medecine (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-13 of 13

  • Emergency resuscitation training program in Tsurumi University Dental Hospital

    Ishii Hiroaki , Sasao Mami , Suzuki Mami , Saitou Tomoyuki , Sonoyama Tomoo , Iida Naoki , Shimada Rikako , Takano Kouji , Seto Kanichi

    鶴見大学歯学部附属病院に勤務する歯科医師に5時間30分の一次救命処置講習会を計画し平成17年7月~平成18年7月までに, 12回 (144名) 行った. 講習会終了後にアンケート調査を行ったところ今までに救急蘇生が必要な状況に遭遇した受講者は全体の25%であった. その内訳は, 歯科診療中が43%, 家庭内が22%, 駅や電車の車内, 海水浴場, レストラン等が35%とさまざまであった. 今後, …

    Journal of Japanese Society of Dentistry for Medically Compromised Patient 16(2), 69-75, 2007

    J-STAGE 

  • Metastatic hepatocellular carcinoma to the maxillary gingiva: Report of a case  [in Japanese]

    Suzuki Mami , Hamada Akiko , Hamada Yoshiki , Ishii Hiroaki , Sekiya Hideki , Seto Kanichi

    両側上顎歯肉に発生した転移性肝細胞癌の1例を経験したので, その臨床経過の概要について報告した。<BR>患者は, 右上顎歯肉からの出血を主訴に, 博慈会記念総合病院を受診した91歳男性で, 末期の肝癌患者であった。同院耳鼻科にて, 歯肉からの出血に対し, 電気メスで止血を試みるも止血できず, 歯科口腔外科に紹介となった。右上顎臼歯部口蓋側の部分床義歯床縁相当部歯肉に, 暗赤色, 弾性軟 …

    Journal of Japanese Society of Oral Oncology 18(1), 33-38, 2006

    J-STAGE 

  • The clinical evaluation of erythropoietin for the treatment of preoperative autologous blood donation in patients with oral malignant tumor.  [in Japanese]

    IWAKI Hiroshi , ISHII Hiroaki , ISHIBASHI Katsunori , KIKUTI Kentarou , SHINDOU Junichi , SASAKURA Yuuichi , KUBOTA Eiro , KINOSHITA Yukihiko , FUJITA Kiyohide , KAWABE Ryouichi , FUJIBAYASHI Takashi , AMAGASA Teruo , ASANO Kazuhiro , OKABE Sadao , YAMANE Masashi , HASEGAWA Kazuki , ENOMOTO Shouji , HARADA Kiyoshi , MICHI Ken-ichi , TAKAHASHI Kouji , NAGUMO Masao , IWASE Masayasu , SETO Kan-ichi

    The efficacy and safety of autologous blood trans fusionwith the support of r Hu EPO in 47 patients with oral malignant tumors were evaluated by a multicenter study.<BR>The patients consisted of …

    Journal of The Japanese Stomatological Society 52(3), 124-133, 2003

    J-STAGE 

  • The development of dentalalarmsystem for the multiple institution joint research

    Iida Naoki , Matsumoto Koichi , Akasaka Yoko , Amemiya Yoshihiro , Wada Tomoo , Takeda Sunao , Sugiura Keiichi , Ishii Hiroaki , Sekiya Hideki , Seto Kanichi , Yamazaki Hirotsugu , Watanabe Yutaka , Yamane Gen-yuki , Takita Tsuneyasu , Yamamoto Yoshiro

    近年, 有病歯科患者の歯科外来受診機会が増え, 歯科診療において何らかの偶発症を発症する可能性が増大傾向にある. しかし, 実際の歯科診療現場において偶発症の発症を予測できる症例は極めて少ない. また, 軽微なバイタルサインの変化を見逃したために偶発症が発症した症例も少なくないものと考えられる. そこで, 偶発症を起こした患者のバイタルサインをみてみると, 症状の発現に先行して血圧や脈拍数などのバ …

    Journal of Japanese Society of Dentistry for Medically Compromised Patient 11(2), 63-72, 2002

    J-STAGE 

  • Clinicostatistical Analysis of Secondary Bone Grafting to the Alveolar Cleft  [in Japanese]

    HAMADA Yoshiki , WATANABE Hidetsugu , KURODA Yuko , NAKAMURA Momoko , SETO Kanichi , IINO Mitsuyoshi , KONDOH Toshirou , ISHII Hiroaki , TAKADA Norihiko , SATO Junichi , NAKAJIMA Toshifumi , MURAKAMI Kaho , SHIMIZU Hajime

    1994年~1999年の6年間に,鶴見大学歯学部付属病院第一口腔外科ならびに関連施設で施行された顎裂部骨移植に関して臨床統計的観察を行った。その結果,以下のような結論が得られた。<BR>1)総患者数は86例で,11歳以下の症例が22例25.6%,12~17歳が32例37.2%,18歳以上の成人症例が32例37.2%を占めていた。<BR>2)生着率は97.7%で,早期経過不良 …

    Journal of Japanese Cleft Palate Association 25(3), 286-291, 2000

    J-STAGE 

  • 第164回 (社) 日本口腔外科学会関東地方会講演抄録  [in Japanese]

    半田 亜津志 , 山 満 , 本橋 雪子 , 関 泰子 , 酒向 誠 , 竹田 奈津子 , 河奈 裕正 , 朝波 惣一郎 , 田中 陽一 , 北島 晴比古 , 蔵本 千夏 , 千葉 和成 , 横山 葉子 , 渡邊 裕 , 外木 守雄 , 山根 源之 , 渡部 隆夫 , 岡部 貞夫 , 出雲 俊之 , 有馬 健夫 , 横江 秀隆 , 渡辺 俊秀 , 宮内 健晋 , 井上 孝 , 永嶋 昌之 , 宮 恒男 , 成川 芳明 , 丹沢 秀樹 , 高田 広嗣 , 原口 浩見 , 高橋 義明 , 小川 隆 , 平田 雅嗣 , 増田 元三郎 , 村松 敬 , 山屋 乃里子 , 園山 智生 , 高田 典彦 , 今村 栄作 , 飯田 尚紀 , 堀江 彰久 , 上村 真咲子 , 渋谷 智明 , 儀武 啓幸 , 青山 繁 , 杉田 美加 , 木野 孔司 , 吉増 秀實 , 天笠 光雄 , 森田 伸 , 依田 哲也 , 田口 則子 , 保 博之 , 今井 英樹 , 尾澤 真理子 , 本間 慶信 , 永長 周一郎 , 井出 和美 , 永石 宏幸 , 阿部 正人 , 依田 泰 , 宮村 寿一 , 坂本 一郎 , 塚原 宏泰 , 三井 妹美 , 小野 富昭 , 榎本 昭二 , 植木 輝一 , 滝川 幸生 , 岩本 昌平 , 江口 淳 , 重松 司朗 , 羽田 裕二 , 福本 裕 , 高橋 庄二郎 , 高野 伸夫 , 松野 智宣 , 亀田 久里子 , 吉田 美昭 , 藤村 光俊 , 横沢 茂 , 松尾 朗 , 勝山 直彦 , 三代 冬彦 , 熊澤 康雄 , 内田 稔 , 野中 博子 , 藤田 裕紀 , 小山 典子 , 笹原 義和 , 重松 久夫 , 橋本 孝 , 岩上 幸生 , 宇和山 純也 , 鈴木 正二 , 藤田 訓也 , 山本 麗子 , 大野 康亮 , 小沢 素子 , 道 健一 , 大山 賢司 , 山口 朗 , 笹岡 邦典 , 茂木 健司 , 中曽根 良樹 , 家崎 朋子 , 大竹 克也 , 土屋 政敬 , 飯森 典子 , 寳田 博 , 宮澤 利明 , 千葉 博茂 , 山田 勉 , 津山 泰彦 , 飯沼 英人 , 岸 廣彦 , 児野 喜穂 , 関口 裕子 , 菊地 白 , 林 常敏 , 高田 実 , 熊谷 康司 , 新美 直哉 , 加納 浩之 , 重富 俊雄 , 藤内 祝 , 上田 実 , 中野 佳央 , 大月 佳代子 , 福田 敏博 , 林 昭宏 , 大西 正俊 , 増井 康典 , 山田 容三 , 横林 敏夫 , 井上 雄 , 本田 一文 , 高森 基史 , 草間 博 , 野口 忠秀 , 山口 和郎 , 池田 敦 , 神部 芳則 , 草間 幹夫 , 赤坂 庸子 , 清水 武 , 酒井 修 , 岡本 俊宏 , 横尾 恵美子 , 山村 崇之 , 三宮 慶邦 , 扇内 秀樹 , 松川 聡 , 沼田 隆雄 , 小池 軍平 , 林 優亘 , 五島 秀樹 , 湯川 善弘 , 小川 祐司 , 鎌田 仁 , 新藤 潤一 , 今出 健 , 長谷川 秀行 , 宮崎 千佳 , 吉田 和市 , 佐藤 泰則 , 太田 修司 , 黒川 英人 , 高橋 雅幸 , 安藤 俊史 , 南雲 祐一 , 長谷川 幸利 , 地原 克樹 , 染田 英利 , 三浦 貴澄 , 高安 晃 , 埜口 五十雄 , 古谷 泰延 , 宮島 洋二郎 , 生井 友農 , 萩原 敏之 , 渡辺 正人 , 吉田 廣 , 鈴木 敦 , 米原 啓之 , 森 良之 , 坂本 泰宏 , 中津留 誠 , 川那部 岳志 , 高戸 毅 , 嘉藤 麻弓 , 伊東 大典 , 強瀬 弘昌 , 上條 竜太郎 , 桜田 重世 , 倉地 洋一 , 南雲 正男 , 大和田 友浩 , 岩渕 博史 , 角田 和之 , 内山 公男 , 根間 隆 , 酒巻 裕之 , 金子 忠良 , 関 睦弘 , 鯨岡 裕晃 , 鶴見 徹 , 當山 徹 , 青木 秀史 , 秋葉 正一 , 金村 弘成 , 佐藤 淳一 , 佐々木 真一 , 亀井 和利 , 山口 一朗 , 関谷 秀樹 , 林 和喜 , 石井 宏昭 , 瀬戸 皖一 , 篠沢 京子 , 浅田 洸一 , 渡部 亮夫 , 徳富 威彦 , 石橋 克禮 , 花上 健一 , 柿澤 卓 , 藤川 真紀 , 山田 真英 , 石川 維範 , 井出 愛周 , 野間 弘康 , 橋本 貞充 , 下野 正基 , 大村 進 , 佐藤 直之 , 川辺 良一 , 高野 正行 , 藤田 浄秀 , 羅 一天 , 本橋 佳子 , 野沢 健司 , 須賀 賢一郎 , 内山 健志 , 落合 聡 , 井上 考 , 郷土 菜穂子 , 村瀬 博文

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 44(7), 646-663, 1998

    J-STAGE 

  • Post Operative Evaluation of Sagittal Split Osteotomy of the Ascending Ramus and Screw Fixation by the Repositioning Technique for External Bone Fragment

    ISHII HIROAKI

    Forty-One cases of mandibular protrusion undergoing sagittal-split osteotomy of the ascending ramus and screw fixation by the repositioning technique for external bone fragments of Matsuura et al. wer …

    The Japanese Journal of Jaw Deformities 2(2), 97-116, 1992

    J-STAGE 

  • A case of a multiple facial fracture patient with mandibular prognathism simulaneously performed open reduction and mandibular set-back operations.  [in Japanese]

    MATSUURA Masaroh , SETO Kanichi , KONDOH Toshiro , TOJIMA Seiji , ISHII Hiroaki , SHIBATA Yutaka , KOBAYAKAWA Motohiro

    A twenty-year-old woman was admitted to our hospital after being involved in a traffic accident. She sustained multiple mandibular fractures on the right condyle, the right coronoid process and the le …

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 37(1), 240-246, 1991

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Clinical results of rigid osseous fixation in sagittal split ramus osteotomy using a three dimensional simulation method for locating the mandibular canal after movement of the distal fragment.  [in Japanese]

    MATSUURA Masaroh , SETO Kanichi , ISHII Hiroaki , SHIBATA Yutaka , KOBAYAKAWA Motohiro , SASAOKA Kuninori , TOJIMA Seiji

    A few disadvantages of the rigid osseous fixation method of osteomized fragments in sagittal split ramus osteotomy are still being pointed out by some surgeons. One of the major problems is a disturba …

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 35(6), 1538-1547, 1989

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A three dimensional supposition method to locate the mandibular canal after movement of the distal fragment on sagittal split osteotomy of the mandibular ramus using ceramic screw fixation.  [in Japanese]

    MATSUURA Masaroh , SETO Kanichi , KOBAYAKAWA Motohiro , SASAOKA Kuninori , SHIBATA Yutaka , ISHII Hiroaki , KONDO Toshiro , OKADA Toshie

    In sagittal split osteotomy of the mandibular ramus using ceramic screw fixation, contact with or insertion of screws into the mandibular canal is regarded to cause for functional disturbance of the i …

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 32(3), 489-496, 1986

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Psychological study using MMPI on personality in mandibular prognathism patients seeking surgical correction.  [in Japanese]

    NAKAMURA Hirokazu , YAMADA Eriko , OGUCHI Hitoshi , SHIBATA Yutaka , ISHII Hiroaki , SETO Kanichi

    Fifty-four mandibular prognathism patients seeking surgical correction underwent psychological evaluation using MMPI before the operation.<BR>The results are as follows:<BR>1. There was no …

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 31(12), 2685-2693, 1985

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (8)

  • A new repositioning technique of external fragment of the ascending ramus for ceramic screw fixation in sagittal split osteotomy.  [in Japanese]

    MATSUURA Masaroh , SETO Kanichi , KONDOU Toshirou , OHTA Yoshitaka , SATO Junichi , ISHII Hiroaki

    Sagittal split osteotomy of ascending ramus is a well-founded method to correct mandibular protrusion. But it requires intramaxillary fixation for 6-8 weeks as in other operation methods. The use of c …

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 30(5), 615-621, 1984

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (5)

  • Ceramic Screw Fixation in Sagittal Splitting Osteotomy of the Ascending Ramus  [in Japanese]

    SETO Kanichi , OKADA Toshie , KONDOU Toshirou , OHTA Yoshitaka , ISHII Hiroaki , MATSUURA Masarou

    Japanese Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 29(9), 1671-1679, 1983

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (7)

Page Top