竹原 直道 TAKEHARA Tadamichi

ID:9000020488098

九州歯科大学口腔衛生学教室 Department of Preventive Dentistry, Kyushu Dental College (1987年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Speech disorders and articulation training in patients after cleft palate surgery.

    KOBAYASHI Hisako , HANADA Nobuhiro , GOTO Keiko , OGOH Kiyoko , YAMASHITA Yoshihisa , MIYAZAKI Hideo , TAKEHARA Tadamichi

    福岡市立心身障害福祉センターを訪れた器質的構音障害例58例のうち, 口蓋裂の一次手術の術後例42例を調査した結果, 十分な鼻咽腔閉鎖機能を得ていたものが21例 (50%) 認められた。また, 42例中一次手術を行った病院に専門の言語治療士がいたのは15例 (36%) であった。42例中, 系統的構音訓練を行った13例について, 正しく構音できる段階に達した症例は3例 (23%) にすぎなかった。な …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 37(3), 298-303, 1987

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top