奥村 俊子 Okumura Toshiko

Articles:  1-6 of 6

  • INFECTIOUS DISEASES IN KIDNEY TRANSPLANT RECIPIENTS TREATED WITH CICLOSPORIN

    Takahashi Kota , Ooba Shinobu , Nakajima Ichiro , Nakamura Rinnosuke , Nakazawa Hayakazu , Okumura Toshiko , Agishi Tetsuzo , Ota Kazuo , Yagisawa Takashi , Toma Hiroshi , Teraoka Satoshi , Fuchinoue Shohei , Honda Hiroshi , Goya Nobuyuki , Tanabe Kazunari , Ebihara Kazumasa

    新しい免疫抑制剤 ciclosporin (CYA) を主に使用した400例の腎移植患者に発生した感染症に検討を加えたので報告する. 移植後106例に129回の感染症がみられた. そのうちわけの主なものは尿路感染28.7%, 帯状疱疹24.0%, 肺感染症23.2%, 敗血症7.0%, 口唇疱疹7.0%であり, 感染症死は5例であった. これらの感染症のうち76%が移植後4ヵ月目までに集中していた …

    The Japanese Journal of Urology 80(2), 175-184, 1989

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (5)

  • Normothermic whole body rinse-out using (pyridoxylated hemoglobin-polyoxyethylene) conjugate solution as rinsing fluid.  [in Japanese]

    FUNAKOSHI Y. , AGISHI T. , HONDA H. , YAMAGATA K. , TERAOKA S. , OTA K.

    安定化ヘモグロビン溶液を用いて全身血を置換するnormothermic whole body rinse outをdigoxin大量静注後の実験犬に施行し, そのdigoxin除去効果, 安定性について検討した。ヘマトクリット値が5%以下となるまで安定化ヘモグロビン溶液による全身血置換を行った結果,循環血液量の91.5%が交換されたと推定された。この処置によるdigoxinの血中からの除去率は92 …

    Jinko Zoki 17(2), 725-728, 1988

    J-STAGE 

  • Filtration system for continuous thoracic duct drainage.  [in Japanese]

    FUNAKOSHI Y. , AGISHI T. , NAKAZAWA H. , HONDA H. , YOSHIOKA H. , FUKUI K. , OTA K.

    われわれは, 雑種犬を用いた胸管ドレナージ法において, 新たに作製したシリコン製ダブル・ルーメンカテーテルを胸管に挿入し, リンパ球除去にCPC-11FCフィルター, リンパ液静脈内返還にキャリカポンプCP-136, ヘパリン加生食持続注入には自動輸液ポンプSP-10-Tを用いるという新しいシステムを考案し, リンパ液流出量, フィルター前後でのリンパ球数論よび総蛋白量の測定を行った。この結果, …

    Jinko Zoki 16(2), 1007-1010, 1987

    J-STAGE 

  • Access devices.  [in Japanese]

    AGISHI T. , HONDA H. , FUCHINOUE S. , NAKAZAWA H. , TERAOKA S.

    Jinko Zoki 15(5), 1819-1825, 1986

    J-STAGE 

  • Extracorporeal liver perfusion for acute liver failure. ELP-1 (new perfusion box):-ELP-1 (New perfusion box)-  [in Japanese]

    HONDA H. , AGISHI T. , OTA K. , SATO H. , OGIWARA H. , OIKE K. , TANAKA Y. , MATSUMOTO K. , ERA K. , FUKUI K. , MASUDA T. , ITO F. , FUNAKOSHI Y. , RYOJI O. , TOJINBARA T. , KAWAI T. , FUCHINOUE S. , MITSUNO K. , TERAOKA S.

    血液流量(QB), 温度調節が容易で操作性にすぐれた体外肝灌流装置を試作し, 黄疸犬に対する灌流実験で評価を行った。本装置は肝保温器ELP-1, 血液加温器BEW-II, 熱交換器NEX-3, 体外回路FH-I, 血液ポンプから構成される。5匹の黄疸犬に対する体外肝灌流実験では, QB (0.7ml/g・liver/min)および肝温(38.0℃)の調節性は良好で, 黄疸犬の血圧コントロールも容易 …

    Jinko Zoki 14(1), 210-214, 1985

    J-STAGE 

  • Beneficial effects of continuous peritoneal dialysis in the treatment of severe acute pancreatitis.  [in Japanese]

    SANAKA T. , YAGISAWA T. , TAKAHASHI K. , OTA K. , TERAOKA S. , SATOH H. , HIGUCHI C. , OMATA M. , ARAI J. , TAKUMA T. , SUGINO N. , HONDA H.

    持続的腹膜灌流法を3名の重症型急性膵炎患者の治療に応用した。<br>これらの症例は、いずれも救命しえた。このうち、第1例は後腹膜腔、膵偽嚢胞、胆嚢それぞれへのドレナージの併用を必要とし、第3例も胆嚢ドレナージを造設しているが、第2例は、腹膜灌流法のみで、膵偽嚢胞の消失をはかることができた。<br>急性膵炎活動期の腹膜のアミラーゼ・クリアランスは、3.9±1.0ml/min( …

    Jinko Zoki 14(1), 119-122, 1985

    J-STAGE 

Page Top