植田 昌敏 UEDA Masatoshi

ID:9000020500703

岡山大学医学部第一内科 First Department of Internal Medicine, Okayama University Medical School (1976年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Undifferentiated Adenocarcinoma Associated with 'S' Type Hyperamylasemia

    UEDA Masatoshi , OHASHI Yoshito , KOBAYASHI Michio , FUJII Noboru , TAKETA Kazuhisa

    症例は60歳男, 嘔吐, 体重減少を主訴として入院, 入院中腸閉塞を併発して開腹術をうけ, 術後診断は結腸癌, 組織診断は未分化腺癌であつた. 血清, 尿中アミラーゼは全経過を通じて異常高活性を持続し, 手術時採取した大網上の転移癌組織中アミラーゼ活性は血清, 腹水中のそれに比して10倍以上の高活性を認め, さらにイオン交換カラム法によるアミラーゼ•アイソザイムは唾液アミラーゼに一致して …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 73(5), 561-567, 1976

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top