植田 昌敏 UEDA Masatoshi

ID:9000020501136

岡山大学第1内科 First Department of Internal Medicine, Okayama University Medical School (1975年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Hyperamylasemia of Unknown Origin

    UEDA Masatoshi , FUJII Makoto , NAKASHIMA Yukimasa , HIRATA Hiroaki , ITO Jishu

    著明な高アミラーゼ血症が持続した2症例につき検討を加えた. 第1例は18才女, 腹痛と最高1,143 Somogyi 単位の高アミラーゼ血症により4年間に5回の入退院をくりかえし, Sephadex G-100小カラムによる screening test による marcoamylasemia と診断された. 第2例は79才女, 原発性肺癌の全身転移により死亡した例で, 入院約4カ月の最高7,54 …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 72(4), 407-413, 1975

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top