田口 勝久 TAGUCHI Katsuhisa

ID:9000020570850

麻布大学環境保健学部 Department of Environmental Health, Azabu University (1987年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Removal of indicator bacteria in the process of the conventional treatment procedures for wastes and sewage  [in Japanese]

    HIRATA Tsuyoshi , EZASHI Masahiko , HARADA Kaoru , TAGUCHI Makoto , KAWAMURA Kiyoshi , TAGUCHI Katsuhisa

    通常の好気的処理における下水, 屎尿, 浄化槽汚泥中の指標細菌の除去性を実施設で調査した。その結果, 除去性は処理プロセスの種類, 指標細菌の種類, 処理対象によって異なったが, 従属栄養細菌では増殖することもあった。最も有効な単位プロセスは下水処理系では活性汚泥プロセス, 浄化槽汚泥処理系では遠心分離プロセスであり, 細菌種による差異は認められなかった。屎尿処理系では大腸菌群および糞便性大腸菌群 …

    Japan journal of water pollution research 10(4), 243-250,235, 1987

    J-STAGE 

Page Top